茹でるだけと思っていた時期が私にもありました

唐突にゆで卵が食べたくなりました。

そういや食べてないなと。

そう思ったらなおさらです。

 

ということで早速作りました。ゆで卵。

お湯の中にぽぽーんと投入。

後は待つだけ。いやあ簡単でいいですね。

 

なんて油断してたからなのか。

 

お湯の中で卵の殻が完全崩壊。

溢れ出る生のままの卵液。湯の中に広がる望んでないカキタマ。

巻き起こる大参事。それはもう阿鼻叫喚の地獄絵図。

 

確かに卵は茹であがった。

茹であがったけど。望んでいた形とまるで違うものが出来上がってしまった。

拡散しすぎw

 

もっとこう、集中的に凝固したゆで卵が食べたかったのだよ。

誰だよ、ゆで卵が簡単とかいった奴。俺だよ。

 

まあ、そんな惨憺たる結果だった故に、ゆで卵欲はまるで満たされませんでした。

 

リベンジだ。

これはリベンジしかねぇ。

 

 

ていうか、前までどうやって作ってたっけな。ゆで卵。

こんな大爆発させてしまったことなかったんだけどな。

あれか、最近の卵はカルシウム不足なのか。骨がもろいのかw

 

どうやら、失敗の原因は冷蔵庫から出した卵を、そのまま熱湯に入れたことだった模様。

白身が凝固する前に殻が割れてしまったのがいけない。

その結果の悲しい事故だったのです。誰も悪くない。事故だったんです。

 

後、茹でるときに酢を入れると万が一白身が漏れ出してもマッハで固まるそうですね。

塩入れるとかもあった。

なんだよ、結構奥が深いじゃないかゆで卵。簡単とか言ったの誰だよ。俺だよ。

 

で。

 

そんななんやかんやを踏まえてリベンジ。

今度は水の中に卵入れてゆっくり加熱。ついでに酢少々。

これで爆発せずに茹であがることでしょう。

 

今度こそ完璧なゆで卵を食べましょう。

 

 

脱皮

リベンジしたゆで卵。

あれこれ気を使ったのが功を奏したのか破裂することはありませんでした。

ケンシロウに秘孔を突かれたモヒカン状態は無事回避。

 

さあ、美味しく食べましょう。

失敗を乗り越えて完全なるゆで卵を満喫しましょう。

 

で、殻をむき始めたのですがね。

なんか、こう。上手くいかんのですよ。

白身がごっそりと殻に付着してくるのですよ。

 

なんだこれは。全然綺麗に剥けないぞ。

面白いように白身が剥がれる剥がれる。

剥き終わった卵はそれはもうボッコボコ。月のクレーターのような姿。

 

ゆで卵の殻むきってこんなに難易度高かったっけ?

私が歳とって不器用になったのか?w

 

 

ゆで卵クレーター化事件。

どうやら原因は冷却不足にあったようです。

 

茹であがった熱々の卵を一気に冷却することで、白身はきゅっと締まるのだそうで。

そこを中途半端にしてしまうと、私のようにむき辛いゆで卵になってしまうのね。

早く食べたいという欲求に呑まれすぎたかw

 

3個ほど茹でて1個食べたのだけど、残りはちゃんと冷やしてから食べるとするか。

つるんと剥けないゆで卵なんてゆで卵じゃないからね。

誰だよ簡単とかいった奴。俺だよ。

 

が、しかし。

時すでに遅しというかなんというか。

 

冷蔵庫に放り込んでキンキンに冷やしたゆで卵。

これで殻もすいすいむけるとかと思いきや、さにあらず。

あいかわらずボッコボコ状態。

 

うん。あれだね。

茹でた直後に急速冷却しなきゃなんの意味もないんだねw

 

 

それでも茹でる

連続してゆで卵に失敗。

茹でるだけもまともにできないよ。

なんという屈辱w

 

昔はキチンとゆで卵できてたのにな。

つるんと綺麗にむけるやつが出来てたのにな。

おでんとかに入れまくってたのにな。

 

何事もやらないと忘れるもんだね。いやほんとに。

 

しかし、このままではスッキリしない。

全然ゆで卵を満喫できてない。

 

さらなるリベンジをするしかあるまい。

1パック全部ゆで卵になってしまうなw

コメント