腰痛は暖めて治すべきなのか?

昨日の下手なプランク実行のせいでクラッシュした腰。

 

腰が!腰がぁぁ!

 

あの後、悪化の一途を辿ったようです。

想像以上に悪くなりました。

 

別にそこまでやる必要ねぇだろう!

俺に一体なんの恨みがあるっていうんだ!!

や、やめろ!こっちにくるなぁ!うわぁぁぁぁ!!!

 

とかね。

そのくらいに激しく痛みが巻き起こることとなっちゃったのです。

くしゃみするとビクンビクンくるレベル。こいつぁひでぇぜ。

 

どこまでも容赦なしです。

果てしなく非情です。冷酷です。陰険です。

この鬼!悪魔!!腰痛!!!

 

そんな状態なため、今日から回復するまでの間は安静にしなといけません。

プランクチャレンジも急遽お休みです。

口惜しや。なんたる無念か。

 

 

まあ、どっかでぶっ壊れるんじゃないかとは思ってたけど。

こんなに初期段階でそうなるとはw

 

 

回復しろー!

腰痛回復のコツは適度にほぐしてやることだそうです。

じっとしているよりも、痛くない範疇で動かすのが効果的。

 

痛くない程度にね

 

凝り固まりすぎるのが宜しくないらしいですね。

じっとしてるのはそれを助長させるのでしょう。

どっちにしろ、ある程度動けるようになるまでは安静ですがね。それ一択です。

 

後は暖めるといいとか。

なんか、そんな理屈もあるようです。

よく聞くよね。聞くかな?まあ、聞くってことで。

 

暖める→血流上昇→患部スッキリ!!

 

ということなのでしょう。

腰痛には血流の悪化が原因してたりしますからね。

 

よし、じゃあ風呂だな。

風呂に入って急激に血行促進を図ろう。

鼻血吹きだ出すくらいにまでぎゅんぎゅん血流アップさせよう。

 

が、しかし。

 

短絡的に暖めればいいというわけでもなさそうなのであります。

 

 

ホントに暖めていいの?

腰痛の種類には急性とそうでないものがあるらしいですよ。

慢性的な「あ~あ、今日も腰がいてぇなぁ」というタイプと。

突然来る「ぎゃああああああああああああああ!?」っていうタイプ。

 

んで、暖めるといいって云われているのは慢性的なタイプ。

これは血流悪化なんか大きく関係してることが多いらしいのです。

ゆえに、暖めて血流アップががっちりハマるというわけですね。

 

逆にダメなのが急激にきた腰痛。

なにかしらの原因で「痛めた」というタイプですね。

ぎっくり腰とかこのジャンルですね。爆弾炸裂系。

 

急性タイプの痛みの原因は腰回りの筋肉の炎症です。

まあ、要するに怪我みたいなもんですよ。

 

これを暖めてしまうと、炎症部分に余計な刺激を与えるだけ。

火に薪をくべるがごとく、炎症を助長してしまうそうです。

悪化一直線。誰にも止められないぜ。

 

私の場合は、「運動中の急な傷み」というヤツですね。

つまり「急性」の方です。

やらかした側の腰痛です。

 

風呂ダメじゃん!!!w

 

 

フォームを守って正しく運動!!

今回の教訓は、「フォームをしっかり維持しましょう」ってことですね。

 

断じて、適当なフォームでやるべきではない。

フォームを崩しやすい場所でやるべきでもない。

ましてや、滑りやすい格好でやるなんて言語道断です。

 

畳の上で靴下とかな!!!w

 

おかしな格好で無理するとマッハでどっかに異常が出るからね。

気をつけましょう。

 

あー、早く治らないかな。

なんか、2、3日じゃ無理そうな感じです。

せっかくのチャレンジが台無しだ。

 

回復したらまた最初からやり直そう。

コメント