お湯が先!ソースは後!

私はカップ焼きそば好きです。

事あるごとにいってますがね。

独特の美味さがあるからね。

 

あれは、「焼きそば」ではない。

「カップ焼きそば」という別の食べ物。

そういう別ベクトルの物体。

 

だからこそ、通常の焼きそばとは違う美味しさがあるんだろうね。

焼きそばらしからぬプリプリの麺が意外と美味いのよね。

 

このカップ焼きそば。

数十回、数百回と食べている人ならば、失敗した経験があるんじゃないかな。

カップ焼きそば名物の失敗をさ。

 

お湯を入れる前に、ソースを入れてしまう

 

という経験がさ。

「たばぁ!」も多そうだけど。

先行ソースやっちゃった人も、それに負けないくらいに多いはず。

 

 

ソースラーメン

カップラーメンとか食べなれていると余計に仕出かす可能性高いかもしれんね。

ついつい、カップラーメン作るときのそのノリでカップ焼きそばも作っちゃうのな。

 

スープの素→お湯、の流れ。

 

もうこれは脊椎反射といってもいい。

本能が「カップ麺」というジャンルに反応するんだろう。

出来上がるものはまったくの別物だけどw

 

これをやっちゃったときに出来上がるのは、「ソース味のラーメンもどき」という謎物体。

これは不味い。不味すぎはしないけど。普通に不味い。

一見ソースの良い匂いがして美味しそうに思えるけど、食べてみるとやっぱり普通に不味いw

 

もう手順を間違えたと思った時には絶望しか残らないのさ。

 

 

復活するの?

そんな残念な結果になった場合のカップ焼きそば。

ていうか、ソースラーメンモドキ。

 

Google先生に聞いてみたら、復帰する方法あるそうじゃないですか。

マジデスカ。本当に再生が可能ナンデスカ。

あの不定形物体が不死鳥のように蘇るとでもいうのデスカ。

 

ろ過してソースだけを抽出するとか。

お湯とソースの比重差を利用して分離するとか。

そういった難しいことメンドクサイ手間は一切なし。

 

方法は簡単。

 

ひたすらに煮詰める

 

これでOKなんだそうですよ。

鍋なりフライパンなりがあれば簡単にできますね。

 

 

美味しいの?

とにかくガンガン加熱して水分を吹っ飛ばす。

これにより、煮詰まったソース成分が残り焼きそばとして復活するんだってさ。

まあ、発想としてはわかるよね。

 

けど、これって麺がぶよんぶよんになりそう。

 

私はもともと堅めの麺が好きなタイプですからね。

お湯を捨てるのも規定より30秒は早いくらいですからね。

堅めの歯ごたえ十分な麺が美味しいと思う人種ですからね。

 

だから、ひたすら煮込んだ麺って美味しくなさそうと思ってしまうのです。

麺のコシとか歯ごたえとか全滅してんじゃないの?

それは本当に復活したと言えるのだろうかw

 

インスタント麺になにそこまで拘ってんの?

なんて言われればそれまでですがね。

でも、やわやわな麺は美味しくないんだよ!!!

 

いや、もしかしたら、水分を飛ばした後にさらに過熱し続けるのか?

もっともっと水分を飛ばすのか?

 

それはそれで美味しくないと思うな。

前にインスタントの焼きそばで似たようなことやったからわかる。

 

焼きそば・・・だけど

 

煮詰めたインスタント麺は美味しくない!w

 

 

注意一秒ソースラーメン一食

試してみようかな、とも思うけどね。

なんか面白そうな手法ではあるからね。

 

でも、焼きそばで遊ぶなんてとんでもないぜ。

あれは神聖な食べ物だ。神聖(ジャンクフード)。

やはり食べるなら美味しく食べたいよ。

 

変わり果てた姿のペヤングとか想像するだけで悲しくなりますわ。

 

幸いここ数十年にわたり、そんな失敗は無いけどね。

 

カップ焼きそばを作るときは、一瞬でいいから立ち止まって考える時間を作るべきです。

それが美味しいカップ焼きそばを安全に作るための第一歩です。

 

そこまでの物でもないかw

コメント