チャーハン作るよ!!!

チャーハン美味しいよね。

しっかり強火で炒めたやつ。

ぱらぱらのご飯の美味さは格別。

 

そして、今の私には鉄製のフライパンがあります。

強火OKな優れものです。熱伝導率も完璧です。

圧倒的な熱量を確約されているわけです。

 

これは美味しいチャーハンが作れそう。

 

テフロンフライパンでは、たとえ禁じ手の強火でやったとしても、なんかこうね。

あれでチャーハン作っても、微妙に湿ったチャーハンになっちゃうのよね。

パラパラ感がイマイチの状態。どこかべとっとする。

 

もうあんな悲しいチャーハンを作ることはないはずだ。

これからの私には鉄のフライパンがついてるからね。

 

さて、さっそくとりかかるとしますかね。

 

 

強火で炒めるよ!

とりあえず、フライパンを徹底的に加熱してみたよ。

テフロンじゃ絶対にやっちゃいけない過剰加熱。

焼けまくった鉄がスゴイ熱量を発していますことよ。

 

で、油。多めに。

卵。多めに。

ご飯。暖かいやつを。

 

完全に熱せられたフライパンで手早く一気に調理です。

もたつくと焦げるからね。

さっと作るのがポイントだよね。

 

そして、さすがの高熱ですよ。

あっという間にパラパラしてきましたよ。

 

すげぇ気持ちいいw

やっぱ火力だよな、火力。

 

 

パラッとさせるよ!

チャーハンって「パラパラ加減」を誤解してる人が結構いるよね。

とにかくひたすら炒めればいい、って思ってる人。

少なからずいると思う。

 

昔の私とかな!(ドヤァ・・・

 

うん、なんて愚かだったのだろうか。

 

炒めすぎたチャーハンは、水分飛びまくって確かに飯粒もパラパラになるけどね。

でも、食感が最悪になるんだよね。

ゴムですよゴム。刻んだゴム食ってるみたいになる。

 

パラっとさせつつも、米のしっとり感を奪いすぎない。

ジャガイモで例えるならば、「天ぷら」と「ポテチ」の差ですよ。

水分量でそのくらい違う。まあ、ポテチは美味いけどw

 

十分に加熱した鉄のフライパンなら、それが簡単にできちゃうんだろうね。

もたもたこねくり回すこともなく、あっという間にパラパラになるからね。

米の表面の水分だけが即座に飛ぶんでしょう。焼きそばと一緒だね。

 

 

上手に焼けました

最後にネギを入れて軽く炒めたら完成です。

シンプルなネギチャーハン。

味付けは、焦がし醤油と鶏ガラスープの素。あとコショウ。

 

美味しそうです。

 

油と卵でコーティングされた飯粒をさ。

こう、ぐびぐび飲む込むように食べるのさ。

うめぇわ。やっぱチャーハンはうめぇわ。

 

炒め具合もいい感じ。

 

パラパラであり、それでいてふわっとした食感。

完璧だ。さすが鉄鍋。

 

満足いくチャーハンが作れたのは久しぶりです。

チャーハンが美味しい生活っていいよね。

これは、毎日生きていくのが楽しくなってきましたw

 

火力は正義!!!

 

 

コメント