ワッショーーーーイ!!

毎年恒例行事である、町内のお祭りがありました。

町内住民から一方的に金銭を搾取しt・・・げふんげふん!!

住民の好意がはちきれんばかりに込められた寄付金により行われるお祭りです。

 

別に寄付金出した人だけが加われるなんてことはありません。

来る人拒まずのオープンな内容です。

金むしり取られたこっちだけ大損s・・・げふんげふん!!

 

とにかく、そんな感じの恒例行事です。

まあ、なんというか。

もう好きにやってくれよってところでしょうかw

 

しかし、毎年毎年やってるってことは、それなりに需要があるってことか。

まさか、誰も参加しないのにやってはいないよね。

そんなん、なんの儀式だよ!、感じになっちゃうからね。邪神でも呼び出すんかw

 

 

わーっしょい!!!

お祭りといえば、御神輿ですよ。

これなくしては語れません。

いや、物によってはなくてもいいけどさ。

 

それでも、町内会というベタなお祭りでは必須でありましょう。たぶん。

 

多分に漏れず、我が町のお祭りでもこいつが、街中を練り歩きます。

練り練りしてます。ねりねり。ねりねり。ねりちゃぎ。練りウメ。

ねるねるねるねは・・・ふぇーっへっへっへっへ!!

 

そして、神輿といえば掛け声ですよ。掛け声。

「ワッショイ!!!」ですよ。

wasshoi!ゴウランガ!!ワザマエ!!サツバツ!!インガオホー!!

 

室内にいても余裕で聞こえるくらいの音量で威勢よく響き渡るのです。

そらもうみんな元気です。テンションどーんです。マキシマムです。

・・・たぶん義務的に参加せざるを得ない人もいるんだろうけどw

 

それでも、みんなしてワッショイしてます。

先導してる人の声に続いて、みんながワッショイしてます。

 

ワッショイ!!

 ワッショイ!!

 

ワーッショイ!!

 ワーッショイ!!

 

 

ワッ(ため)・・・ショイ!!

 ワッ(ため)・・・ショイ!!

 

ワッショイだけでも結構なバリエーションです。

ていうか、参加者みんなノリノリです。ノータイムワッショイです。

ワッショイマジワッショイです。ステキにワッショイです。

 

はい、ワッショイ!

 

・・・そういや、「ワッショイ」ってなんだろうな?w

 

 

ワッショイとはいったい・・・うごごごごご

なんかね、この「ワッショイ」については諸説あるようですよ。

こういうのは、調べてみるとわりと深いから面白いよね。

 

・和を背負う

・和と一緒

・そんなことよりサメの話しようぜ

 

なんてのが有力らしいです。

和を背負う、つまり「日本を背負ってやるぜ」説。

ここから今の状態にまで派生した可能性。

 

 

「わ」を「しょう」

わしょう

わしょーい

ワッショイ

wasshoi!!

タツジン!!

ニンジャ殺すべし!!

 

 

そんな感じなのでしょうか。

最初期のころには、

 

 

和を背負う!

 和を背負う!!

 

和ーを背負う!

 和ーを背負う!!

 

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

 ( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

 

 

という掛け声だったのかもしれんね。

・・・いや、別に叫んでなかったかもしれんね。

こういうのが派手になっていくのって、内容が進化&変化してからってのが多いし。

 

どっちにしても面白い。

 

 

考えるな!感じるんだ!

しかし、それなりに明確でわかりやすい語源があったのだね。

確定ではないらしいけどもさ。

少なくとも「ひょんな事」の「ひょん」よりは、遥かに明瞭な回答を得られたよw

 

これからは気軽にワッショイするんじゃなくて、

 

日本を背負う!!

 

という古来よりの意味を言葉に込めて、完成された言霊として叫ぶようにすべきでしょう。

魂を込めることにより、さらなる熱いお祭りを堪能できるでしょう。

 

・・・そこまでのことでもないでしょうwww

 

コメント