こっ・・・このラーメンの味は・・・まさかっ!?

袋入りのインスタントラーメンは、低コストなのが売りだと思う。

そもまま食べてももちろん美味しい。

しかし、カップラーメンと比べると、

 

具がない

 

という弱点があります。

これはちょっと物足りないと感じる人もいるんじゃあないでしょうか。

 

しかし、それは違うぞ。

具がないのではない。

アレンジし放題なのだ。

 

そして、いかにアレンジして美味しくするか。

そのへんの工夫も、インスタントラーメンの面白いところではないでしょうか。

 

袋入りインスタントラーメンには無限の可能性が・・・あったりなかったり

 

 

まあ、アレンジするといっても、基本は簡単なものだけどね。

ほんとに「ちょっと一手間」くらいの感じ。

あくまでインスタントですからね。

お手軽さを打ち消すほどの大作業はしたくない。

 

 

じっくり仕込んだ自家製△△△。

秘伝のタレで炒めた、〇〇〇。

こだわりの製法で丁寧に作られた■■■。

 

 

とまあ、そんなことするくらいならインスタントでやる必要ないよね。

普通にラーメン屋さん行こうよw

 

 

より簡単に美味しくする方法はないのものか

私のマイフェイバリットはモヤシなわけですが。

中には、もっと美味しく出来る方法はないのかと思う人もいるはず。

具材の追加もいいけど、根本的にさらに美味しくならないものかと。

 

ただ、めんどくさい手順は嫌だ。

複雑な手順工程を踏むなど、インスタントラーメンの尊厳にかかわる。

そんな侮辱的なことをせずに美味しくならないものか。

たとえば・・・

 

振り掛けるだけで美味くなる

 

的な感じで。

「一手間」すらもインスタントに。

人は簡単に作れて美味しいものを求めているんだw

 

贅沢だよなww

 

 

ラーメンの命はスープ

ラーメンの根源的な味になっているのは、やはりスープ。

美味しさを求めるならば、まずはラーメンスープを責めるのがいいんじゃないでしょうか。

 

ちょっと調べてみた結果。

既存のスープに出汁を入れるという意見が多くありました。

スープを改造する方法ではこれが一番簡単そう。

まさに入れるだけ。

インスタントの範疇を超えない奥ゆかしさ。

素晴らしい。

こういうのでいいだ。

いや、こういうのがいいんだ。

 

塩系には鶏ガラがいいとか。

醤油系には鰹出汁がいいとか。

味覇(ウェイパー)って意見も多かったね。

味噌醤油をちょっとだけ入れる、というのもきっと範疇。

 

みんないろいろ試してるんだなーww

 

 

こ、この組み合わせから出る味は・・・!!

私もさっそくいろいろ試してみた。

で。

その中で面白いと感じたものがありました。

 

煮干し+鰹

 

このダブル出汁です。

最初は、煮干しオンリー。

鰹オンリーでやったりしてましたよ。

どっちも風味が変わって美味しかった。

 

これはこれでありなんだけど、

 

二つを足すと美味しくなるよ

 

というさらなる書き込みを発見。

これは試すしかない。

さっそく、味噌系のインスタントラーメンに入れてみました。

 

お?なんか馴染み深いかほりが・・・?

 

煮干しと鰹が合わさったこの風味は、確かにどこかで嗅いだことのある・・・?

んんん?

なんだっけな?

知ってる匂いだぞこれ。

 

で。

食べてみた結果なんだけど、何かが足りない。

美味しくないわけじゃないけどね。

心の奥から湧き上がる謎の渇望があるんですよ。

なんだこれ。

 

この風味に対応するべき何かが足りない・・・。

 

 

赤い・・・

何が足りないんだろう?

そんな風に思いつつ食べ進めていくうちに思い出しましたよ。

なぜこんなにお馴染みな味だったのか。

これは、

 

赤いきつね味なんだ!!!

 

マルちゃんのあれ。緑のたぬきの姉妹品。

あの味がする。

 

魚介系ラーメンスープを通り越して、いつの間にかうどんスープになっていたw

 

まあ、煮干しも鰹も、超和風出汁だもんね。

そっち系の味になっちゃうよねw

 

味噌系ベース

ラーメン

 

という2重のフィルターのせいで、答えが出るまで時間を要したw

 

 

物足りなさの正体も分かった。

本来、この味と共にあるべき

 

「お揚げ」

 

が入ってないんである。

「在るべき物が無い」という違和感はこれである。

赤いきつねのスープには、あの甘くてコッテリした揚げが必須なんである。

 

そりゃあ物足りないわけだわ。

最大のメイン食材がないのだからww

 

 

どん兵衛も好きだぞ

散々ラーメンラーメン言ってきたけど、カップうどんも好きです。

中でも、赤いきつねは、カップヌードルと同じくらいに好きなうどん。

スープを吸ったお揚げの美味さは異常だw

 

いや、しかし。

自分でも相当好きなんだと自覚はあった。

あったけどさ。

 

風味察知しただけで、無意識のうちにお揚げを求める程とは思わなかったww

 

そんな潜在意識の奥まで赤いきつねに浸食されていたのか。

んー、面白い体験でした。

コメント