腸だけに超活発になった腸

最近、お腹の具合が悪い。

なんというか、弱体化してるというか。すごく脆いというか。

事あるごとにゆるくなってしまうのです。

 

ホントちょっとしたことで、すぐに急降下。

急斜面の直滑降です。

パラシュート無しでダイビングです。

 

今日ももれなく下り気味。

お腹のみならず、尻へのダメージも容赦ないぜ。

おぅ・・・なんてこったい・・・。

 

これは何がいけないんだろうか。

なんか悪いことでもしたかな。

 

ひっそり祭られていたお社を破壊してしまったとか。

道端に供えられていた花束を踏みつぶしてしまったとか。

知らず知らずのうちに「そういうスポット」の近くを通りかかったとか。

 

そんな覚えは一切ないはずなんだがな。

 

 

食べ物?

霊障ではないとすると、原因はなんだろうね。

ちなみに、「霊障」が一発変換できなかった。

IMEもまだそこまでは範囲に収めていないのか。もしくはそれ自体が霊障。

 

まあ、それはどうでもいいだけどさ。

いま急を要するのは、私の内臓具合なわけですよ。

火急的速やかに原因を究明する必要があるわけですよ。

 

まず、考えられるのは、食べ物ですかね。

昨日食べた何かが影響しているのではないか、ということですね。

 

しかし、昨日はとくに変なもの食べてないしな。

ていうか、「ご飯」と「魚肉ソーセージ巻き卵焼き」しか食べてないよ。

いつも通りの食生活。

 

これが原因なら、私は一年中お腹がやられいることになる。

そんなわけがない。

そんなんだったら死んでしまうw

 

 

もしかして・・・

そして、見つけた。

原因らしきものを。

もしかしてとは思ったけどな。

 

最近やっている「爪もみ」です。

 

某掲示板の過去ログとか見ると、爪もみで下痢気味になったという報告の多いこと。

もちろん、全員が爪もみの影響ではないだろうけどさ。

でも、爪もみが引き金にはなっている事象も少なくはなさそう。

 

 

これは、爪もみによる自律神経系への刺激が原因になってるという説があるようでね。

普段、低体温で血流の悪い人ほど影響を受けやすいとか。

副交感神経がなんやかんやするそうです。

 

ええ、なんやかんやはなんやかんやです。

 

 

私の場合も、弱りまくっていた腸にいきなり活が入ったせいかもしれないね。

急激に消化器系の血流が活発になったから、びびってしまっているのかもしれないね。

腸内細菌とか、きっとドン引きしてるかもしれないね。

 

最初の方は、「お通じがスムーズになった!」なんて喜んでいたけどさ。

でも、ここまでスムーズになりすぎるとは思わなかったよw

 

むむむ、何気ない健康方法にこんな落とし穴があったとは・・・。

 

 

何事もほどほどに

そうはいっても、このお腹具合は一時的なものでもあるようです。

 

急激な運動をしたら筋肉痛になる。

 

的な感じなのでしょう。きっと。

いかに腸の働きが弱まっていたかってことなのでしょう。たぶん。

突然の整腸効果に驚き戸惑っているのでしょう。おそらく。

 

健康な状態に慣れていないんだろうね。

ずっと不健康なのが正常だったから。

 

ちょっと刺激するだけなら、「一時的なお通じアップ効果」だけで済むんだろうけど。

そのまま続けて、健康な状態を強要してるからね。

淀んだものを吐き出してるいる最中なのかもしれんね。

 

俺の内臓そうとう歪み切ってるw

 

 

そもそも、爪もみをやりすぎていることも考えられるんだよなー。

なんといっても、ペンチで思いっきりやってますからね。

一日に3、4回、指をギリギリやってますからね。押しつぶす勢いですよ。

 

落ち着くまで回数と強度を控えてみようかな。

このままでは尻が破裂してしまう可能性があるからなw

コメント