爪もみ健康法実践中

最近やっているのが「爪もみ」です。

いわゆる健康療法の一つですね。

爪をもむだけの簡単な健康方法。

 

朝と寝る前にこれをやっています。

 

この方法も、汗疱の改善方法を探していてみつけたものです。

手あたり次第っすよ。汗疱が治せるならいろいろ手を出すよ。

お金かからないしな!

 

なんでも自律神経を整えるのにいいとかなんとか。

自分の場合の汗疱スイッチはその辺だと思うんだよね。

なので、爪もみを続けることできっと改善される。かもしれない。

 

まあ、なんでも試してみることさ。

ってな具合で、毎日の生活のひとつとして爪もみを取り入れたわけですよ。

 

朝にもみもみ。

夜にもみもみ。

 

そんな感じで揉み続ける毎日を送っています。

 

 

爪もみのやり方

爪もみといっても、実際に爪をもむわけではないんだよね。

もむのは、爪の生え際の下あたり。

そこを、親指と人差し指でつまむようにしてマッサージするのです。

 

ちょっと痛いくらい強めにやるのがポイント。

痛くないとツボに響かないそうですよ。

 

一本の指をだいたい10秒~20秒もみもみ。

両手の指をマッサージ。

手だけではなくて、両足の指にもやると効果がさらに上がるそうだね。

 

注意するべきことは、すべての指に行うということです。

人差し指だけ、とかは無し。それだと効果が無い。

手抜きはだめってことですね。

 

以前は、薬指はNGとか言われていたそうです。

しかし、ここ最近では、

 

「薬指もまとめて爪もみしたほうがよくね?」

 

ってことになってるみたいね。

つまり、指先を5本とももみもみするのがジャスティス。

 

 

これ、結構・・・

私も毎日やってはいるんだけどね。

これ、思ってるよりも大変ですね。

 

痛いと思うくらいの強さで10秒以上もみ続ける。

 

これが結構な労力なのよね。

 

私は念入りに20秒かけてやってるわけですが。

そうすると片手で100秒。1分40秒かかります。

 

それを両手足やるからね。

本気で真面目に頑張ってやろうとすると、もむ側の指の疲労度はかなりのものです。

言う程にお手軽な方法ではないよね。

 

だからといって、痛みを感じない程度の力でもんでも意味ないしね。

だから足の最後の指を爪もみするときには、握力超低下してますよw

 

爪もみは手の筋トレでもあるようだw

 

 

筋肉がないのならアイテムを使えばいいじゃない

爪もみ、でネット検索すると爪もみ用のアイテムが出てきます。

 

爪もみ用リングとか。

ペンチみたいなやつとか。

電子鍼とか。

 

これがあれば、最小の労力で爪もみができるかもしれんね。

ペンチ型の爪もみ太郎とか良さ気です。

少なくとも握力が低下するほどの疲労はなくなるはずw

 

私も電子鍼持ってたんだけどね。

ハリボーイというやつ。

刺激が弱くなったから処分してしまったのよね。

 

また買おうかな。

でも、電気のビリっってくる刺激が苦手でなー。

 

そうなると、やっぱ爪もみ太郎が候補よね。

まあ、そこそこのお値段するけど。

でも、ちょっと欲しいです。

 

うーん、ペンチは家にあるんだよなー。

これを改造して代用品にならないかな。

ならんか。指をひねりつぶすだけの結果が待ってるかw

コメント