鶏肉が大好きだ

基本的な3大お肉といったら、

 

豚、牛、鶏

 

ではないでしょうか。

スーパーの精肉コーナーで良く見かけます。

良く見かけるんだから、基本なんです。

 

ポケモンで例えるなら、最初に選択できる3匹。

あれと同ランクの基本っぷり。

 

誰でも知ってる。

手軽に買える。

常にそこにある。

 

普段の食生活に密接しているお肉たち。

 

この中では、鶏肉が一番好きです。

 

 

チキンカレーとか好き過ぎて困る

鶏肉って美味しいのさ。

手羽先、手羽元、ささみ、もも肉、胸肉、軟骨。

よく見かけるのはこの辺の部位ですかね。

 

どこも美味しい。

 

 

私はよくカレーを作ります。

そして、だいたいがチキンカレーです。

手羽元ボンボン放り込んでガッツリ煮込むのが好きだ。

 

鶏の旨味が十分に広がったカレーは最高です。

もちろん、メインの手羽元も最高。

煮込みたおして柔らかくなった手羽元は、ぬるっと身がほぐれる。

これが味が染み込んでて実に美味しい。

 

いまいち、美味しそうな表現ではないかw

するっと?ほろっと?

まあ、そんな感じ。美味いことには変わりなし。

 

後、軟骨ね。

軟骨のコリコリの食感はたまらんよね。

 

でも、手羽元の軟骨ってちょっとしかついてないのよね。

手羽元の骨が全部軟骨だったらいいのに。

 

うん、軟骨だけを買えば解決なんだけどねw

 

 

鶏で一番好きな部分は

もも肉とかは、味染み込ませてから揚げ。

ささみは茹でたのをほぐしてスープ。

手羽先は照り焼きにしてもいい。

 

パサつくイメージの胸肉も、下ごしらえちゃんとするとしっとりする。

鶏ハムとか作るとホントに美味い。

あれはいいものだ。

 

さて、どこも美味しい鶏さんですが。

私が特に好きな部分は、「皮」です。

 

鶏皮

 

これほど美味い部位がほかにあろうか?

 

 

鶏皮せんべい!!

美味しい鶏皮ですが、そのままだとちょっと脂が気になります。

デフォルトのままの鶏皮はコッテリ感が強いからね。

まあ、脂が美味しいんだけどね。

 

ので。

 

フライパンで焼きましょう。

弱火でじっくり。

時間をかけて念入りに。

 

すると、鶏皮からは脂がダラダラ流れ出します。

ものすごい大量に出ます。

 

直接食べてたら、これが全部体内に入るのか・・・

 

って、ちょっと引くくらいの量の脂が抽出されますw

 

この、脂で鶏皮を揚げ焼きにしましょう。

カリッカリになるまで焼いたら完成。

鶏皮せんべいの出来上がり。

 

余計な脂が抜けて、パリッパリの鶏皮。

程よい焦げ目と、最高の食感。

調味料とか無しでも美味しくいただけます。

 

実に濃厚な美味さ。

こんなうめぇもんはねぇぞ!!w

 

 

チー油

鶏皮せんべいを作る際に出てきた大量の脂。

これにも鶏の美味しさが詰まっています。

捨てるのはもったいない。

 

この油にもちょっと一工夫。

ネギとニンニクを入れて、1分くらい炒めて風味をつけるのさ。

そしたら、少し冷まして密閉できる瓶に詰めて保管。

 

これで鶏油(チー油)の完成です。

手軽に鶏の旨味を引き出せる有能な調味料。

 

おすすめはチー油を使ったチャーハン

本当に美味しくなるよ!

サラダ油とは全然違うね。

 

ラーメンにちょっと入れてもいい。

炒め物するときに使ってもいい。

だいたい美味しくなるw

 

 

注意点としては、脂を抽出するときに、鶏皮を焦がしすぎないこと。

焦げた風味が付いちゃったチー油は美味しさ半減だからね。

 

 

ルールを守って楽しく鶏肉!

あっちもこっちも美味しい鶏さん。

美味しくいただけるように、調理法にはこだわりたいですね。

 

鶏ハムとか、作り方知ったときは感動したもんです。

 

 

しかし、最終的に行き着くのはチキンカレーなんだがなw

 

コメント