いいや!限界だ!切るね!!

伸び放題大爆発中の髪の毛が異様なほどに邪魔な今日この頃。

その状態に我慢の限界を迎えたので床屋に行くことにしました。

 

邪魔だと認識するまでは放置したままだったのだけど。

ちょっと邪魔になって来てからも、まあまだいいか、とか思ってたのだけど。

 

もう無理。もうだめだ。もう邪魔で仕方がない。

邪魔くささが極まってしまいました。

極まるまで放置するなよって話ですがねw

 

 

我ながらよくぞここまで無駄に伸ばしたものですよ。

そのくらいにもっさもさですよ。

 

伸ばしたいから伸ばしたのではない。

勝手に許可も無しに伸びてきたんだ。

そして、これから伸び続ける気満々なんだ。

 

これ以上ストレスを感じる前に、さっさと処理してしまわねばなりません。

髪の毛のせいでハゲてしまいます。

邪魔な毛を無くしてすっきりしたいけど、そういう方向のすっきりは嫌ですw

 

 

カット!

そんなわけで近くの床屋へやってきたのだ。

うー、散髪散髪。

 

いつもは結構人がいるのだけど、なんか空いてました。

これは、天も髪を切ることを望んでいるからじゃないのか。

きっとそうに違いない。約束された勝利の散髪。

 

まあ、なんでもいいです。

はやくこの邪魔な髪の毛を切り落としてもらいましょう。

ハリー!ハリー!ハリー!

 

 

髪を切るときには、どのくらいの長さに、的なことを聞かれますよね。

あたりまえですがね。

何も聞かないでいきりなり切り始めたら怖いですからね。

 

私はだいたいの場合、

 

「○○センチに揃えるくらいに」

「こっちはこのくらいの長さで」

「で、ここはこんな感じに」

 

なんて言うんですがね。3行くらいで。

しかし、毎回そういう指定するのも、なんか面倒になってきたりしてましてね。

 

もっと、簡単に要件を伝えられる言い方は無いかな、なんて思って

 

「短めで」

 

とだけ伝えてみました。

すごいざっくりと。

投げやりもいいところですね。

 

 

ていうか、いろいろめんどくさがり過ぎだろ俺w

 

 

バリバリー!

この言い方は、さすがに、ざっくり過ぎたみたいでした。

 

「耳は出すくらいでいいですか?」

「刈り上げはしない程度に短くですか?」

「もみあげは普通でいいですか?」

 

なんていうことを床屋さんの方から追加で聞いてこられましたよ。

そりゃそうか。

さすがに「短めで」だけでは何も伝わらないかw

 

 

で。

 

その方向で切ってもらうことにしたのはいいんですが。

取り出されたのが、ハサミではなくて電動バリカン。

アイエエ!?バリカン!?バリカンナンデ!?

 

あれ?いやいや、刈り上げとかしないんだよね?

それなのにバリカンなの?

あまつさえ電動なの?しかるのち刈りこむの?

 

 

もしかして、こっちの適当過ぎる注文にイラッと来たのでしょうか。

それで、

 

めんどくせぇ客だな!望み通りに短めにしてやるぜ!

ただし、丸刈りという名の短めだがなぁぁぁ!!!ゲハハハハハ!!

 

なんて思われてしまったのでしょうか。

ざっくりした注文をしたお返しに、ざっくりカットしてやろうということでしょうか。

 

や、やめろー!ハゲはいやだー!w

 

 

バリカン=ジツ!!

もちろんそんなわけはない。

たぶんそれやっちゃうと傷害罪で逮捕だからねw

 

実際には、櫛を使って毛の長さを調整しつつ、バリカンを器用に使ってのカットでした。

まるでハサミみたいな使い方。

おお、なんというワザマエか。これがトコヤ=サンのバリカン=ジツ!

 

バリカン=根こそぎ、という固定観念を持つ私の考えは古すぎたのでしたw

 

 

ていうか、こんなやり方もあるんだねぇ。

いつもは、最初から最後までハサミだったからなー。

いやー、すげぇびっくりしたわ。ホントに刈られるかと思ったわw

 

でも、なんで急にバリカン使いだしたんだろうか。

前はちゃんとハサミだったじゃないのさ。

「短め」なんて言ったから?やっぱそれでイラッと来ちゃったのか?w

 

 

そして、速いね。電動バリカン。

ズバズバ髪の毛が切り飛ばされていくのな。

最後にハサミで前の方を調整して終了。

 

んー、あっという間でした。

これが、電動バリカンの力か。ワザマエ。

 

 

パージ

そして、邪魔な髪の毛が無くなった後の開放感よ。

この気分を味わうために床屋に来てるからね。

しかも、今回は最速で終わったからね。気分いいよね。

 

ああ、頭が軽い。

こんな気持ちで散髪されるのは初めて。

もう、何も怖くない。

 

そんな気分にもなろうというものですよ。

 

ありがとう床屋さん。

また限界まで放置して我慢できなくなったら来ますね。

んで、また「短めで」っていいますねw

コメント