たっぷりたらこ

たらこが半額でした。

でも、生モノって半額品だと不安だよね。

味の劣化とかさ。とても気になる。

 

たらことかは、生のまま食べることが多い食品であるからね。

まあ、焼きたらことかもあるけどさ。

私は生のままが好きなのさ。そのままのたらこが好きなのさ。

 

しかし、そこは半額品です。

新鮮さはかなり失われていると想像されます。

下手したら、相当に生臭いのではなかろうか。

 

そんな危険性も考慮して購入の可否を決定せねばなりません。

さて、これを買うべきかどうか。

私はいったいどうしyヒャア!我慢できねぇ買いだあああ!!

 

というわけで買ってきました。

たらこ。半額品。品質劣化とかそんなの気にしない。

不味かったら不味かった時なのさ。なんでも試してみるものさ。

 

 

本?つ?いいえ、腹です。

1腹入りのたらこ。

せっかくなので、別々の食べ方をするといたしましょうか。

 

 

ちなみに、袋が2つで1腹というんだぜ。

つまり、たらこ2袋で1腹。セットで1腹。

昔は1袋で1腹だと思っていました。浅はか!

 

そういや、でかいのが1本でーんと入ってるのもあるけど。

あれは何と言って数えるのかな。半腹?2分の1腹?片腹?

いや、半分でも1腹くらいのサイズなんだよな。もうわけわかんねーなw

 

まあ、なんでもいいです。

美味しく食べられればいいです。

数え方なんて食べるときにはなんの関係もないのです。

 

 

熱々ご飯とたらこ

とりあえず、最初は生のままでいただきました。

熱々の白米と一緒です。

レンジでチンしたてのホカホカごはんです。

 

そこは炊き立てじゃないのかよw

 

 

半額品とはいえ、美味しく食べることができましたよ。

たらこのぷちぷち感もしっかり健在でしたよ。あの食感たまらん。

 

鮮度が落ちすぎたたらこって、水っぽくてべちゃってしちゃうからね。

ああなると本当に美味しくないよね。

味もスカスカになっちゃうし。臭いし。なんか違う味がしたりもするし。

 

 

半額品といっても、生で食べること前提の商品だからですかね。

そんな劣化したものは、さすがに売らないようですね。

良心的なお店でよかったですよ。ええ。

 

以前、鮭で痛い目に合ったことがあるからちょっと疑ってましたよ。

 

ねとねと鮭

 

やっぱり火を通さないものは、そんなギリギリになるまで陳列しないのだね。

当然と言えば当然だけどさw

 

 

熱々茶漬けと焼きたらこ

さて、片腹をそのまま食べたので、残りは別の食べ方をいたしましょうか。

 

というわけで、焼きました。焼きたらこです。

私は焦げ目をしっかり付けたやつが好きです。

レアではなくて、中央まで完全に火が通ったやつが好きです。

 

焼いて、味が凝縮されたたらこの美味さよ。

さらに、水分が散ったおかげで出てくるザクザクした歯ごたえよ。

生とはまったく違った美味しさがありますよね。

 

生のまま食べるのが一番好きではありますが、焼きたらこも大好きです。

 

さらに、このまま白米と食べるのではなくだな。

お茶漬けに入れて食べるのだ!

なんという贅沢な食べ方だ。テンション上がってきた。

 

 

私が、鮭茶漬けと並んで好きなのが、この焼きたらこ茶漬けです。

 

お茶をかけるとホロホロ崩れる焼きたらこを、飯と一緒にざかざかと一気にかき込む。

これが美味しくないはずがないのですよ。

焦がした部分のたらこの風味もいい感じのアクセントとなります。

 

お茶漬け一杯があっという間に消えますね。

 

 

白米とたらこマヨ・・・はちょっと・・・w

しかし、たらこと白米って合うよね。

そりゃあ、おにぎりの具材として定着するわけですよ。

キングオブおにぎり具材の地位を鮭と争うわけですよ。自分の脳内でw

 

おにぎりといえば。

 

昔はゲテモノ系だという認識があった「たらこマヨ」。

今ではもう常識的なおにぎりの具材として定着しきってますよね。

世の中は変わったぜ。

 

まあ、昔は私もやってたけどね。たらこマヨ。

しかし、ある日突然にマヨネーズが美味しく感じなくなってしまってね。

油っこさと酸っぱい風味を身体受け付けなくなってね。

 

いまではもうマヨネーズは完全にアウトです。

吐瀉物モドキだよあれwくさいくさいw

ああ、卵サラダに入ってるのだけはなぜか美味しく食べれるけどね。

 

だもんでね。

それ以来、たらこマヨは封印です。この封印が解かれることはないでしょう。

ていうか、マヨネーズが封印です。完全完璧厳重に封印処理を施しています。危険物だしなw

 

 

ていうかさ。

 

白米にマヨネーズっていう理論がやっぱおかしいって。

たらこっていうクッションがあってもおかしいって。狂ってるって。

あわねーよ。絶対あわねぇよ。同理由でツナマヨも理解不能だよ。

 

冷静に考えてくれ。

「米」と「マヨネーズ」だぞ。

米がマヨネーズにまみれるんだぞ。

 

純白清楚な美味しい美味しいお米。清く正しい日本人のソウルフード。

油ぎって酸っぱい臭さをまき散らすマヨネーズ。ジャンクの廃調味料。

 

合うわけがない。合うわけがないのだよ。

だって、どう考えてもおかしいだろう。

マヨネーズだぞ。マヨネーズ。米とマヨだぞ。

 

なんでそんな組み合わせが流通してるんだ。

合わせて出来あがるのは酢っぱ臭い油ぎった飯だぞ。

お米の良さを完全につぶすような食い方だぞ。

 

世の中のマヨラーと呼ばれる種族は、それをセルフでやるそうだからね。

白米にマヨネーズかけるとかやるそうだからね。

信じらんねぇ。どんな味覚してるの。狂ってるよ。狂人だよw

 

・・・。

 

しまった、たらこの話のつもりが、マヨの話ですっかり熱くなってしまったw

 

自分が苦手なものには過剰に反応しちゃうんだ。

マヨ好きの人は許してね。

嫌いなのはマヨであって、マヨ好きの人ではないんだ。

 

不快に思ってしまったのならゴメンナサイ。

 

 

そのままが一番

たらこはプレーンなやつが一番ですよ。うん。

調理するにしても、焼くだけとかシンプルな方法が安定ですよ。うん。

マヨとかねぇ。昔の私はよくあんなもん食ってましたなw

 

シンプルが一番おいしいです。

 

 

半額のたらこ。

実にいい買い物でした。

美味しいたらこを堪能できました。

 

今度はお刺身半額でお願いします。

タコとかブリとかがいいな。マグロでもいいけどな。

なんならイカ刺しとかでも許してやるぞ。

 

何様だよw

 

まあ、食べたくなったら半額じゃなくても買ってしまうんだけどね。

鮮度のいいお刺身を提供してくれるのならば、それだけでも十分です。

コメント