寿司のゴールインを阻止するんだ!!

好きなゲームのジャンル。

まあ、いろいろとあるにはあるんですが。

 

中でも好きなのがタワーディフェンスというジャンルです。

ower efenseの頭文字をとって、

 

TD系

 

なんて略し方をしたりもする。

 

侵入してきた敵を倒していく

 

拠点防衛ゲーム

 

といった感じのゲームシステム。

いかに、敵を拠点に近づく前に撃破するか。

大まかにいうとそんな感じ。

 

私はTD系が大好きなので、ちょっと紹介しようと思います。

 

 

スシを食べている

一つタワーディフェンスをご紹介。

さっくり遊べるタワーディフェンスにこんなのがあります。

 

寿司タワーディフェンス

 

モゲラさんとこのゲーム。

回転寿司のTDという異色作。

 

敵が寿司。

迎え撃つのが客。

 

というちょっと変わった設定のTDですね。

TDにはモンスターvs兵士みたいなのが多いからね。

他はエイリアンvs兵器とかね。

そこであえての寿司。

 

素晴らしいセンスだ。

 

そしてこれが面白い。

ホントに良くできている。

 

 

お寿司のゴールを阻止するのです!

TD系の基本は、敵のゴール阻止

そのためには、流れてくる敵をいかに効率よく処理するかにかかっています。

 

寿司タワーディフェンスの場合は、いかに素早く寿司を食べきるか。

食べ逃した寿司はゴールへ流れて行ってしまいます。

一定以上流してしまうと耐久力なくなってゲームオーバー。

 

大体の手順

  1. お客を配置
  2. 寿司撃破してコストを貯める
  3. お客の性能アップ
  4. 上位ユニット配置

 

こんな感じでゲームをまわしていきます。

 

 

1.お客を配置

他のTD系で兵士にあたるユニットが「お客さん」です。

寿司タワーディフェンス攻略には、各種お客の性能を使いこなすことが必須。

強いお客ほど配置するためのコストも高いです。

 

お客さんの特徴を理解して計画的に運用しましょう。

初期ユニットとしてはこんなのがあります。

 

 

「少年」

コストが安く大量に配置可能。

攻撃速度も速め。

しかし、ダメージが低い

 

「少女」

攻撃速度が遅め。

しかし、攻撃射程が長い。

後ろ側から離れた寿司をスナイプできたりする。

 

「娘」

攻撃は遅め。

パワーもそれほどない。

しかし、流れてくる寿司の動きをゆっくりにする

 

「太った男」

攻撃速度激遅。

しかし、攻撃範囲内の寿司すべてに攻撃可能

 

 

こんな感じで、特徴のあるお客さんが10人います。

誰をどの位置にどう配置するか。

それで、ゲーム難易度は大きく変わってきます。

 

 

2.寿司撃破してコストを貯める

目の前の寿司を食べると手持ちのコストが増えます。

お寿司を食べるだけでお金がもらえる夢のようなお店w

 

貯めたコストの使い道は、

  • ユニットの強化
  • より強いユニットの配置

 

といったことに使用されます。

貯めたコストをどこで使うかがカギ。

 

 

3、お客の性能アップ

TD系の敵はウェーブと呼ばれる構成で現れます。

まあ、一回のグループですね。

10ウェーブなら、合計10回のグループが来ます。

 

そして、だいたい後半に近づくほど敵も強くなります。

ユニットの配置だけでは処理が追いつかなくなってくるわけですね。

 

そこで必須なのが、配置済みユニットのパワーアップ

コストを消費して、能力を強化させることが可能になっています。

 

寿司タワーディフェンスでは、レベル5までの強化が可能。

パワーアップさせることで、

 

  • 与えるダメージ
  • 攻撃速度
  • 攻撃範囲

 

といったパラメータが上昇します。

レベル1とレベル5では、能力に圧倒的差が生まれます。

 

後半に流れてくる寿司は、

 

めちゃくちゃ固かったり

とんでもない速度で流れて行ったり

 

かなり上級者向けの寿司がでてくるので強化無しでは対応が難しい。

コストを上手く使って、お客さんの強化をしていきましょう。

 

 

4、上位ユニットを配置

コストのもう一つの使い道が、ユニットの増員。

ようするに、手数の増加ですね。

 

コストさえあれば、より強いユニットを配置できるようになります。

だいたい、初期ユニットの上位互換だったりしますね。

 

たとえば、「やせの大食い」

 

速くて攻撃力が高い

 

という「少年」の完全上位互換。

ただ、「少年」の20倍のコストが必要ですw

 

強力ユニットは、コストの乏しい序盤ではちょっと運用は難しい。

序盤の緩い攻撃のうちにコストを稼いで、後半に向けて強力ユニットの配置。

 

いざ、強いユニットを配置できた時の爽快感は素晴らしいです。

寿司がガンガン消えていきますw

 

 

さあ!タワーディフェンスやろうぜ!

実は、3と4は一概にこの順番ではないんですよね。

状況によっては、強化よりも手数が必要だったり。

初期ユニットのパワーアップにコストを回すより、早く上位ユニット使うべきだったり。

 

すべては状況と残りコストとの相談になりますね。

このあたりの駆け引きがTD系の面白さであり魅力でしょう。

 

計画通りに事が運んだ時は本当に気持ちがいいです。

いいぞ!もっとやれ!!

って感じになりますw

 

 

面白いタワーディフェンスは沢山あるので、興味を持った人は遊んでみてはどうでしょうか。

 

もちろん、寿司タワーディフェンスも面白いよ!!

 

コメント