吸引力の変わらないただ一つの掃除機コーナー

家には掃除機というものがありません。

基本的日常家電ではありますが、家にはないのです。

基本がなっていないと言われようとも、ないものはないのです。

 

まあ、あれですよ。

そんな文明の利器に頼らずとも掃除はできますからね。

私には、ホウキとチリトリがありますからね。

 

古来より伝わりし、伝統と格式の掃除用具一式。

これに勝るものなし。いろいろありそうだけど無しの方向で。

 

 

そんな掃除道具ゆえ、我が家の掃除は安心と信頼の手動です。

質実剛健な手作業による清掃です。

まったりとホウキで室内を掃いていきます。

 

手動はいいぞ。

なんといっても煩くないからな。

電気代もかからないからな。

 

吸引力だって変わりませんよ。

最初から最後まで一定です。

もともと吸引とかしてないから変わりようがありません。

 

これはもう、明らかにダイソンの上をいってますね(?

 

 

掃除機の存在

今現在、アパート暮らしなわけですが。

引っ越してくる前の家には、ちゃんとありましたよ。掃除機。

 

だが、おいてきた。

なぜかというとですね。

 

邪魔だから!

 

という理由でね。

 

前持っていた掃除機って、割とタイプの古いやつでしてね。

まあ、これが結構でかいのですわ。場所とるのですわ。

でかいから取り回しもメンドクサイんですわ。

 

 

そんなん持ってきても扱いに困りそうだったからね。

思い切って置いてきたというわけですよ。

それゆえのホウキとチリトリというわけですよ。

 

新しい掃除機を買う気なんてないのさ。

どうせ、大した範囲の掃除ではないからね。

そんなちょっとした事のために、あんな嵩張るもの置いておけないよ。

 

ハンドクリーナーっていうコンパクトなものもあるけどさ。

そんな中途半端なもの買うくらいなら、ホウキとチリトリで十分じゃないかね。

 

なんて思うわけでありました。

 

 

最近のはスゴイね

私の掃除機に対する認識は、おおむねそんな感じなのだけど。

 

この間、ちょっと電気屋さんによることがありましてね。

そこで、掃除機コーナーを通過したわけですが。

 

最近の掃除機は小型化がすごいのな。

 

コンパクトサイズだったり。

スタイリッシュなスリムデザインだったり。

 

収納場所に困らなそうなものばっかり。

でかいままのも依然としてあったけどw

 

 

こういうおしゃれな掃除機なら一台持っててもいいかもなー。

 

なんて、気持ちが揺らいだりなんかしてね。

意味もなく、掃除機コーナーうろついていましたよ。

ついついカッコよさに惹かれてしまったようです。

 

掃除機になのにカッコいいとは!!

今は掃除機までがカッコいい時代だったとは!!

 

時代はいったいどこにむかっているのだろうか。

そのうち扇風機とかもカッコよく進化しそう。

 

人型に変形するとか。

ビームが出るとか。

発生するカマイタチですべてを切り裂くとか。

 

そんな扇風機の登場も近い。

 

 

何もかもが懐かしい

まあ、買わなかったけどね。カッコよくても掃除機だからね。

この先もたぶん買わないけどね。ホウキで全然賄える状態だからね。

私はホウキとチリトリがあれば十分ですからね。

 

それでも。

 

なぜか、カッコいいものは無意味に欲しくなるこの気持ち。

メカニカルでシステマチックでシャープなフォルムに魅せられるよね。

掃除機なのに。奴は掃除機なのに何でこんなにカッコいいのだ。

 

なんか、子供の頃、おもちゃ屋さんに入った時のワクワク感を思い出したよ。

懐かしの感覚。あの当時は、陳列された玩具の何もかもが極上の宝物に見えてたよね。

 

それを掃除機に垣間見たw

 

童心に帰ったということなのか。

でもそれって、つまり。

 

精神的になんの成長もしていない

 

ってことだよな。

掃除機見てはしゃぐおっさんってお前w

コメント