眼の力を抜くのです

私は視力が悪いです。

本当に悪い。最悪レベル。

眼鏡無しでは生活に支障きたしまくりです。

 

眼が悪いからこそ気になるのが視力回復方法ですよね。

書籍とかも沢山出版されています。

ネットとかでも情報が転がっています。

 

とはいえ、本当に視力効果のある方法ってあるんですかね?

 

 

軸性近視の症例は無いんですか?

書籍とかには、

 

この視力がここまで回復した!

 

的な回復例が載っていたりしますよね。

そりゃあもうドヤ顔で紹介してますよね。

ただ、そういう症例って、

 

0.3が0.7に!

0.5が1.2に!!

 

とか、仮性近視レベルの話ばっかりだったりします。

その対象者の回復前の視力がすでに私よりいいっていうね。

0.1を下回る人の症例はどこですか?軸性近視の人は除外ですか?

 

そんな程度のくせにドヤ顔で、

 

どうだよ?視力回復させてやったぜぇぇ?(ニヤニヤ)

 

とか言われてもね。片腹痛いですよね。

その程度で「視力は回復する!」なんて煽られても誇張表現に思えてしまいます。

 

0.01の軸性近視を回復させたとかならすごいんですけどね。

試したけど効果ありませんでした、とすら書いてない。都合が悪いのか。

そんなに本を売りたいかねw

 

 

嘘、大げさ、紛らわしい

いや、実際に回復はしてるんだけどさ。

強度近視の人の結果を一切載せずに、都合のいい回復例だけ載せるのは卑怯ですよね。

強度近視治せてないじゃん。ってなるわけですよ。

 

「視力回復方法」ではなく「仮性近視回復方法」とタイトルに書くべき。

私には逆立ちしても強度近視は治せません。ということをアピールしておくべき。

 

そのタイトルで行きたかったら、強度の軸性近視治した症例載せてみろよw

 

とか意地悪なことを思ってしまう捻くれ物の私。

 

 

助けてベイツ!

ただ、著者に都合のいい事だけが書かれているものだけではありません。

中には、ほう・・・と思うようなものもありました。

0.01の視力でも希望が持てるような視力回復方法ですね。

 

ベイツメソッド、と呼ばれるのがその方法の一つです。

この方法の考え方は、

 

  • 眼を酷使すると周囲の筋肉が凝り固まって慢性的な緊張状態になんのよね
  • 軸性近視になるのは緊張した筋肉が眼球をしめつけるからなんよね
  • てことは、緊張した筋肉をほぐしてやれば視力は回復するんよね

 

というものです。

 

眼の周囲には外眼筋という筋肉があります。

その筋肉がカチカチになってるからいかんのだそうです。

 

つまりね。

 

考えるな!ほぐせ!!

 

ということですね。

 

 

風呂で視力回復トレーニング

私は、風呂場で眼の筋肉をほぐすためのマッサージをしています。

温めると血流良くなって筋肉のコリもほぐれますからね。

おそらく眼の筋肉も効果があるでしょう。あるはずです。たぶん。

 

まあ、ホントにほぐれるかは確証ないんですがね。

ほぐれるかもしれないトレーニング、が正しい名称かw

 

叩いてみたり、揉んみたり、押してみたり、押しながらスライドしてみたり。

ほぐす、リラックスさせる。そういう感じのマッサージです。

 

最近はそれを、風呂に漬かりながら毎日やってます。

あとは、お湯につけたタオルを目の上に乗せたりね。蒸しタオル療法。

他にもベイツメソッドに則ったトレーニングいくつか。

 

トレーニング効果なのかどうか、ぼやけて消し飛んでいた文字が、

 

「何か書いてある」

 

くらいに認識できる時があります。

まあ、すぐに雲散霧消してしまうんですがね。

 

とりあえず、なんの効果もない、なんてことはなさそうです。ないはずです。

それじゃあ夢も希望もありませんw

 

 

ゆっくり回復していってね!

一度凝り固まった筋肉はそうそう簡単にはほぐれないようですね。

慢性化ってそういうもんです。粘着質なんです。

 

だから、視力回復トレーニングも時間がかかるんでしょう。

ある日突然、視力が良くなっていたことに気が付くんでしょう。楽しみですね。

あせらず、のんびりやっていこうかと思います。

 

もしかしたら、明日あたり、2.0になってるかもしれません。ありません。

コメント