塩引き鮭を作ろう!(成功するとは言っていない

私はお肉よりもお魚の方が好きです。

どっちも美味しいけれども、どっちを選ぶと聞かれたら、やはり魚。

いつでも食べたいと思うのは肉よりも魚なのですよ。

 

お刺身とか最高に美味しいですよね。

わさび醤油とのベストマッチ具合とかやばいですよね。

ほんのり感じる魚の甘みと、キリッとした醤油&わさびの風味がこれ以上なく合う。

 

焼き魚も引けを取らない美味しさですからね。

香ばしく焼いたサンマとかね。もう、これで白米がどれだけ進むか。もりもりいけるね。

脂分と苦みが絡み合った、サンマのはらわたも美味いんだよなー。

 

うーん、想像するだけでお腹がすきますね。

 

お肉の肉汁溢れるタイレクトな美味さもいいけれどね。

私は、魚をかみしめたときに広がる旨味も好きなんだよね。

 

あれは魚特有の美味さですよね。

肉では味わえない美味しさですよね。

出汁か!?出汁の旨味なのか!?そうか、桑の実だ!そうだろう!?(違

 

 

なら作ってみようか

 

そして、自分の中で最強のポジションにあるのが焼き鮭です。

さらに、最強の中の最強が、焼いた塩引き鮭です。

これ以上に美味しい食べ方など存在しない!と思っているくらいに好きです。

 

魚ーッ!

 

あまりにも好きすぎて、自分で作ってみようと思ったことがありましたよ。

自作塩引き鮭です。手作りチャレンジです。チャレンジ1年生です。

 

まあ、手作り塩引き鮭とはいっても、鮭一本をまるまる買ってくるとかはしなかったけどね。

そこまでダイナミックな挑戦はしません。

お値段的にも、分量的にも、場所的にも、どれもちょっと厳しいですからね。

 

というわけで、使ったのは鮭の切り身。よくある甘塩の鮭。

それに、大量の塩をまぶして冷蔵庫で寝かせて置くという、非常にコンパクトな挑戦でした。

 

いいんです、せせこましくても。

これで美味しくなるんなら、それですべて許されるんですw

 

 

塩をまぶせばいいというものではない

さて、塩引き鮭というのは、ただ塩に漬ければいいというものではありません。

塩に漬けたあとに、乾燥と熟成を行う必要があるのです。

そうすることで、ひたすらに後を引く塩引き鮭の旨味が生まれるのです。

 

が、しかし。

その当時、私はそんな知識をもっていませんでねw

 

塩に漬けこめば塩引き鮭になる

 

と、安直に考えていましたw

救いようがないくらいに単純な発想ですね。原始人か。

海原雄山先生が相手だったら、美食倶楽部追放されるレベルですよ。

 

でね、そんなことを全然知らずにひたすら塩漬けにしただけの鮭。

一週間ほど冷蔵庫で放置して、とりあえずの完成を迎えたわけです。

本人は「塩引き鮭」と思い込んでいる物体が完成したわけですよ。

 

実際は、ただの「鮭の塩漬け」なんですがねw

 

 

この味は・・・塩だ!!そうだろう!?

完成してしまった「鮭の塩漬け」。

なにもわかっていない私は、わくわくしながら、早速それをいただくことにしました。

 

水分が抜けて身が引き締まった塩鮭。

さすが塩引き鮭だぜ。この身の引き締まり加減こそ塩引き鮭だよな。

これは相当な旨味が濃縮されているに違いないぞ。

 

まあ、ね。あれなんですよ。

パッと見、そこそこいい感じなんですよw

見た目だけは、結構それっぽく出来上がっていたんですよw

 

で、食べてみた感想ですが。

 

塩でした。

ものすごい塩でした。

塩味として完成されているくらい塩でした。

 

ていうか、塩の味しかしねぇよw

 

旨味は?あの塩引き鮭特有の後引く旨味はどこにあるの?

「こんな塩分高い物、これ以上食べたらいけない!」と思いつつも、箸が止まらないあれ。

そんな危機意識とは別に、鮭を食べる手が止められなくなる魔性の依存性はどこにっ!?

 

うん、あるわけがないよね、そんな深い旨味。

だって、ただの塩に浸かりすぎただけのしょっぱい鮭だものw

 

 

人は失敗から学ぶ可能性がなきにしもあらず

この凄惨な事件を経験しておかげで、「これはなにかが違う」と現実を理解しました。

そして、そこでようやく塩引き鮭の作り方を調べるに至りました。

なにもかもが遅すぎたけどもなw

 

なるほど!乾燥させないとだめだったのか!

なんてこった!寒気にさらすことで旨味が生まれる仕組みだったのか!

低温乾燥熟成!俺に足りなかったものはこれだったのか!!

 

と、まあね。

 

塩引き鮭の作り方を調べるほどに、自分のやったことが、いかに穴だらけだったかが判明。

素人の安直な発想だけでは、歴史ある塩引き鮭の旨味を模倣することなど不可能だったのさ。

「塩引き鮭もどき」にすらならなかったからね。出来たのは、塩分過剰な塩鮭だからね。

 

真相を知った私は、こう思いました。

全てを理解したからこそ、改めて思いました。

 

「原理はわかった・・・今度こそ失敗はしないぞ」

 

とね。

再チャレンジに向けて、新たな決意を固めるに至ったのです。

次こそは・・・次こそは・・・!!

 

 

・・・もうやめておけw

コメント