居るっ・・・!!!

屋根の完全改修が終了して心が軽い今日この頃。

 

サヨナラ雨漏り

 

こんな気持ちで雨を迎えるのは初めて!

もう何も怖くない!!

 

そんな気分であります。

雨漏りしないって素晴らしい。

室内に雨水が侵入しないって最高だ。

 

今までは気になりすぎて気になりすぎて。

睡眠中であっても雨音を聞くと「ふぁっ!?」って感じで目がさめてました。

超反応です。どれだけ睡眠時間が少なかろうとマッハです。

 

そのくらいに雨漏りは嫌だったわけです。

心労が減ってよかったよかった。

修理後の耐久性も問題な意味だしね。雨水は完全にシャットアウト。

 

もう完全に大丈夫。

 

と思うとあれです。

睡眠も快適です。

たとえ雨が降って来ても

 

「はいはい、雨雨」

 

で済ませることができますからね。

好きなだけ降ればいいさ。

もう私には関係ないさ。ざまぁww

 

これでいつでもしっかり眠れる、

 

そう思っていたら、ある現象が発生しました。

 

 

き、聞こえるぞ・・・

それは日曜日のことでした。

雨漏り問題が無事解決した私は悠々と睡眠をとっておりました。

時間帯はどのくらいだったか、ちょっとした異音で目が覚めたのです。

 

私の部屋から壁を挟んですぐ向こう側の外。

なにか、踏みしめるような音がしてくるじゃないですか。

確実に何かが移動しているような音。

 

さて、その壁の向こう側ですが。

すぐ隣に建物が建ってまして、ものすごく狭い状態になっています。

幅は1メートルもないです。

 

そこを、ざっかざっかと地面を移動する音が。

それに加えてさらに、声がしてくるじゃないですか。

何かを唱えながら移動してる模様です。

 

え?なにこれ?お経?

壁の向こうからお経?

 

普段人が通らないような場所を移動しながら念仏を唱える謎の誰か。

これは・・・えっと・・・?

 

・・・心霊さんですか?

 

もしかして、雨漏り封印されてしまった以前の屋根の悪霊ですか?w

 

 

・・・ということだったんだよ!!!

まあ、そんな不可思議なことがあってから数時間後。

昼過ぎになったころでしょうか。

我が家に誰かが訪ねてきました。

 

「隣で建物の解体やるので、ちょっと騒がしくなります」

 

とのことでした。

・・・なんか最近私にも似たようなことがあったばっかりだぞ。

家の屋根的なw

 

で、察した。

全ての謎は解けた。

あの謎の声の正体。

 

工事の前の地鎮的なやつだ、あれ。

 

うん、前に家の真裏の御宅でもやってたわ。

なんだそうかそうか。なんてことはなかったじゃないか。

心霊さんじゃなくてよかったよかったw

 

ちくしょうちょっとビビって損したぜw

でもやっぱ、普段絶対に誰もいないような場所から声がしたらビビる。

経めいたものならなおさらビビるw

 

 

明るい!

ところで、わたしの住処は日当たりが最悪です。

まともに陽の光が入るのは早朝の台所と風呂場くらい。

後は建築物に囲まれて、室内は昼なお薄暗いです。本当に最悪です。

 

それが。

 

今回のお隣さんの解体工事で若干の光が見えてきました。

文字通りの意味で、室内から十分な光が見えるのですw

片側の建物撤去で、光の通り道が完全開放されたわけですからね。

 

うーん、自然光ってやっぱいいね。

ずっとこのままならいいんだけどなー。

そうもいかんでしょうな。

 

だって、絶対にナニカ別のものを建て直すよ。絶対だよ。絶対にやるw

 

つかの間の明るさを少しでも満喫しておこう。

 

コメント