しもやけに囚われた人間の狂気

私は昔から結構しもやけになりやすい性質でしてね。

これって、冷え性なのも影響しているのでしょうか。

つま先とか手の指とか、この時期はすごい冷え冷えになりますからね。

 

そのせいなのか、違う原因なのか。

どっちにしても、冬になると安定してしもやけが発生します。

もしかして、しもやけ菌にでも感染しているのでしょうか。

 

しもやけ最盛期の一番酷い時には、両足の指すべてがしもやけになってたりしたもんです。

オールしもやけ。ロイヤルストレートフラッシュですよ。それがダブルですよ。

ポーカーならイカサマを疑われるレベルですよ。疑い濃厚ゆえに以後出禁にされますよ。

 

全部の指が赤くぱんぱんに腫れあがった状態は見てて異常です。

始終つま先から耐えがたい痒さを訴えられ続ける状態も狂ってます。

 

そうなるともうアレですよ。アレ。

なんかよくわからんけどアレですよ。

すごい理不尽でやりようのない怒りに襲われますよw

 

いわゆる狂気です。狂気に襲われます。

実際は襲われてないけど、襲われた気分になります。そのくらいの痒さです。

そして、狂気モドキに陥ったあまり、平常心を無くし阿呆な行動に出たりもします。

 

 

ここに鋭利な針があるじゃろ?

過度にしもやけになった指は、赤くなって、ぱっつんぱっつんに腫れあがります。

腫れるというか、膨れ上がるといった方がしっくりくるような状態になります。

像の指みたいになります。像に指はねぇだろう。

 

凶悪に痒いその状態に延々と晒されていると、おかしな考えをするようになってきます。

 

 

この、ぱっつんぱっつんに腫れあがった指を何とかすれば治るんじゃね?

中に停滞している血を外に出してしまえばOKじゃね?

外部から強制的に手を下してやれば全部すっきり元通りになるんじゃね?

 

で、眼についたのが裁縫用の針。

 

おお、丁度いいモノが手元にあるじゃないか。

これはナイスだ(狂気

 

 

・・・うん、まあ、何を考えたのかは推して知るべしというか。

針で穴をあけたら、血がぴゅーっと抜けていかないかな、とか阿呆なことをさw

 

もちろん、そんなことになるわけがない。ていうか、なってたまるか。

つま先だけとはいえ、毛細血管が何本あると思ってるんだ。

お前の指は水風船かなにかなのかw

 

 

ここから先は痛いお話

でも、やった。やってやったよ。やってやりましたとも。

しもやけに対する憎しみと怒りもあったからね。

積もりに積もった憤りが内心に怒涛の如く渦巻いていたからね。

 

「お前さえいなくなればぁぁぁ!!死ねぇェェェ!!!!」

 

って感じで針を突き刺してやりましたよ。

しもやけの野郎のどてっぱらに風穴あけてやりましたよ。

そりゃあもう深々と突き刺してやりましたよ。

 

ふはははは!泣け!叫べ!

しもやけの性能を生かせぬまま死んでゆけ!!

 

しもやけ「ぎゃあああああああああ!!」

 

あっはっはっはっ!!!

こいつは爽快爽快!!

 

俺   「ぎゃあああああああああ!!」

 

うおおお!こっちも痛ぇ!w

もんのすげぇ痛ぇ!!!www

 

でも、痛ぇけどザマァ!!(自爆行為

しもやけザマァ!!思い知ったか!!(自傷行為

あはははは!!あっはっはっはっ!!はーっはっはっはっ!!!(すでに発狂

 

 

しもやけに追い詰められた人間の狂気w

 

 

ここからも絶対にやってはいけないお話

針って、刺さずとも先端でつんつんしただけで痛いからね。

 

しかしですね。確かに痛いことは痛いんですがね。

突き刺そうものなら、そりゃあもう、とんでもない激痛が走るんですがね。

それでも、しもやけに対する恨みつらみの方が勝ったのだよ。

 

その突き刺しっぷりは、自分で思い出しても鳥肌が立つくらいです。

 

特に一か所、念入りに深々と突き刺さした部分があったんだけど。

そこには、ぐりっ・・・ぐりっ・・・と、ゆっくりと針をねじ込んでいってね。

しまいには、

 

ゴリッ・・・

 

っていう手ごたえが帰ってくるほどに深くまで突き刺したからね。

そこからさらにぐりぐり針を回転させたりしましたからね。

激痛にびくんびくんしながらも、ぐいぐいねじ込んでましたからね。

 

あれは、もしかしたら骨の感触だったのかなー?

ちょっと二度と味わいたくない感触ではありました。

いや、もう、針自体刺さないけどさw

 

 

ふくしう

ていうか、馬鹿じゃねーの自分。

なにやってんのさ。しっかりしろ。目を覚ませw

 

うん。その時の私は、やっぱ頭おかしくなってたんじゃないかなw

 

最初に刺してみて、血が噴水のようには噴き出さないのは確認してたはずなんだけどね。

予想してたよりも、遥かに出血量は少なかったんだよね。

なのに、そのあとも2か所3か所と、ぷすぷすざくざく。ひたすらに自傷行為。

 

これはね。もうね。復讐心ですよね。復讐心。

散々こっちを苦しめてきやがった、しもやけに対する復讐心。

にっくきしもやけのヤツを攻撃せずにはいられない。

 

何の解決にもならない上に、自分自身にダメージ与えてるだけだけどなw

 

それでも針を突き立てずにはいられない程の恨みの顕現がこの行動ですよ。

一度始めてしまったら、しもやけの息の根を止めるまでやめられません。

止まるとしたら、自分の息の根なんですがね。ていうか、私は何と戦ってたんだろうなw

 

人間は痒すぎると発狂する。

古事記にも書いてある。

 

 

しもやけの時は冷静に

さて、当然のことではありますが。

 

針を刺しても、しもやけは治りません

 

いかに骨まで針を突き立てようとも、水風船のように萎んだりはしません。

痛いだけです。めちゃくちゃ痛いだけです。後で後悔するレベルで痛いです。

何の解決にもなりません。なりませんったらなりません。

 

まあ、いうまでもない注意点だけどさw

 

ていうか、絶対に針で突き刺すとかやっちゃだめだからね?

アホみたいに深々と突き刺すとかもってのほかだからね?狂気の沙汰だからね?

私は大丈夫だったけど、最悪バイキンが入っての感染症とかもあるからね?

 

くれぐれも、私みたいに冷静さを失ったりしないようにしましょう。

 

そんな人は私以外にそうそういないかもしれんがねw

コメント