Q冬と言えば? Aしもやけ(即答

冬の風物詩といえばなんでしょうかね。

ちょっと考えるだけでも、いろいろありますよね。

 

寒い日のキムチ鍋とか。

凍える日のもやし鍋とか。

寒気が強い日の鶏団子鍋とか。

 

鍋ばっかりか。それ以外はないのか。鍋脳か。

 

まあ、熱々の食べ物を一番おいしく感じる時期ですからね。

過剰な鍋プッシュもしかたないですよね。

これはこれで、冬ならではのお楽しみですからね。娯楽ですからね。

 

もちろん、そんなお楽しみばっかりでも無いんですがね。

むしろ、めんどくさいことの方が多いんじゃないですかね。冬。

 

 

凍傷ダイモス

たとえば、雪の相手するだけでも、相当に労力を費やしますからね。

天然の障害物ですからね。何もないところにも平気で出現しますからね。

くっそ邪魔臭いですからね。冷気までまき散らす悪質さですからね。

 

さらに、雪の冷たさで加速された冬の寒さは、厄介な症状までもたらしますからね。

 

しもやけとかな!

 

というわけで、現在、私の足は絶賛しもやけ中です。

左足の中指と小指がしもやけに侵食されている状況です。

あと、右の膝も。膝もしもやけになるんだな。でも、おまえ、膝って。

 

ちなみに、室内に設置したストーブは体の左方向にあるんですが。

今回のしもやけが出来た個所は、全てが身体の右方向というね。

 

見事に、一番冷気にさらされた部分がやられてますねw

 

左のつま先がやられたのは、胡坐かいて座ってるからだね。

つま先だけ暖房と逆方向だからね。

これは実に面白い現象ですね。くそがw

 

 

痒いより痛いほうがマシとか思っちゃうよね

にしても、膝のしもやけか。

ここも、つま先のように血の流れが良くない部分なのですかね。

血液循環の恩恵からハブられている箇所なのか。なんという差別。

 

そういや、膝の皮膚のすぐ下って骨だもんね。

間にお肉のクッションが少ないものね。保温関係脆そうだもんね。

そりゃあちょっとの寒気であっても、容易くしもやけを誘発してしまうか。

 

 

そして、膝が痒いのは、かなりめんどくさいというのが分かりました。

 

つま先が痒い時は、床にぐりぐりやってごまかしたりできるけどね。

膝ではそれが出来ないからね。

急に床に膝ついてぐりぐりやるとか不審者すぎますからね。

 

なんだそれ。どこの部族の儀式だよ。しもやけ神にでも祈ってるのかw

 

 

そんなことはできないから、当然手でがりがりごしごしするんだけどさ。

そのたびに、キーボード打つ作業が妨害されてね。

ああ、もうめんどくさいわ。メンドクサイ・オブ・メンドクサイだわ。

 

無視したい!

でも掻かずにはいられない!

びくんびくん!

 

そんな感じです。

集中も、痒さのせいでぶっちんぶっちん切られるしな。

おのれ、しもやけ。なにゆえに私の邪魔をするのか。

 

 

なってからではもう遅いのよね

まあ、身体を不用意に冷やしすぎた私がいかんのですがね。

寒さ対策が甘かったですよね。暖冬と思って油断してましたよね。

もっと、あったかくしてないとだめですね。

 

一度しもやけになると、後からあっためても無駄ですからね。簡単には治りませんからね。

もう、しもやけとして完成してしまってますからね。しもやけの完全体ですからね。

レタス丸かじりし終わった後に、ドレッシング一気飲みするようなもんですよ。全て手遅れ。

 

しかし確かに膝はしもやけに対してノーマークな部分ではあったけどさ。

つま先は割と何してても、絶対にしもやけになっちゃうんだよなー。

常にカイロ仕込んだ靴下でも履いてれば別だろうけどさ。そんなん歩き辛過ぎる。

 

ただの靴下くらいでは、つま先の冷えはどうにもならんよね。

靴下を2重にしようが3重にしようがさ。もう基本的に冷えてるんだよね。

冷え性の人はこの感覚をわかってくれるはず。

 

だから基本あきらめてる。

冬はしもやけの季節なんです。

そういうもんなんですw

 

 

ていうか、膝ってどう寒さから保護すればいいのさ。

 

も、ももひきか!?私にももひきを穿けというのか!?

 

むぅ、たしかに温かそうではあるけどね。ももひき。

でも、その上からさらにズボンでしょ?

なんかガサガサして動き辛そうなんだよね。不快感に堪えれなさそう。

 

・・・。

 

うん、まあいいや。

冬は膝もしもやけになる季節なんです。

そういうもんなんですw

コメント