そして私は考えるのをやめた

繰り返し繰り返し詰将棋の本をやっています。

まだまだ3手詰めです。

思うように読み進めんのです。

 

これは、もしかして。

もしかしなくても。

でも、もしかしてそういうことなのか。

 

私には将棋のセンスがない!

 

というw

うーん、まさかそんな落とし穴があろうとはな。

このリハクの目を(ry

 

相変わらず一問一問に引っかかる状態。

これでは一日で一周することすら困難。

その前に疲れ切ってしまうw

 

そろそろ飛ばし読みしちゃおうかな。

そうすれば一気に読めるし。

あれですよ。

 

問題を見る

直感だけで一手目を考える

マッハで答えを見て答え合わせ

 

このコンビネーション。

これなら早い。

そらもう、一日で2周くらいできちゃうんではないか。

 

問題はそれで詰将棋の力がやしなわれるのかということだね。

 

 

碁だってできたんだから

ちなみに、この答え見つつ作戦は詰碁の時によくやってました。

答えをみて、「ああ、なるほど」と思うだけでも力がつくそうです。

10回も繰り返せば、だいたい一冊の問題は覚えれるもんです。

 

これをやると形を覚えるってことが自然と身につく。

身につくように感じた。

きっと身につくんでしょう。だってそれで碁は上達したもの。

 

さて、それが将棋に当てはまるのかどうか。

そこが問題。

碁と同じ考えで果たして吸収しつつ力になるものか。

 

今のままでは「一気に数をこなす」どころではないからな。

ちまちまとしか進めない。

よちよち歩きか。いや、実力的には、まったくもってよちよち歩きなんだけどw

 

 

質と数

で、ちょっと調べてみた。

「答えをマッハで見ていいのか」。

という感じでさ。

 

そしたら、まあ、それもありだよね的な情報もちらほらありました。

悩んで悩んで先に進めないくらいなら最初から答え見ちゃえよ、と。

頭を使う訓練にはなるけど、それじゃあ効率悪すぎるよ、と。

 

質よりも数作戦ですね。

わんこそばの如く次々と問題を放り込んでいった方がいいと。

量。ひたすらに量。数の暴力で押しつぶす。戦いは数だよ兄貴。

 

いや、それが一番ってことはないんだそうですがね。

けど、最終的には辿り靴場所は同じ、なんてことのようで。

だからわからないのならば量をこなすべしってことですかね。

 

たどりつく場所が同じなら、うんうん悩んでいくのも別にかまわないのか。

でも、できないことが無駄な焦りを生んじゃうんだよなーw

 

 

連続試行

ぱっぱと答え見ながらやるメリットはあれでしょうね。

 

同じ問題を短期間で繰り返せる

これ。これに尽きる。

これが秒速読みの強みでしょうか。

 

あ、これ前にやったぞ。

たしかこれこれこうしてここをこうで。

ほらできた。覚えてた。

 

という感じでね。

巡ってくるスパンが短いから、キオクにも残ってるのね。

だから非常に覚えやすい。

 

まさしく物量戦術。

忘れてしまう前にさっさと再思考(強制)。

いや、この場合は果たして「思考している」と言っていいのかw

 

「形で覚える」を強制的にやるシステムですね。

 

 

考えるな感じるんだ!

まあ、試しにやってみるかな。

はやく5手詰め問題にランクアップしたいし。

 

しかし、将棋の駒の並びは複雑なんだよなー。

覚えれるかな。

おっさんの記憶力では苦しいかもしれんねw

コメント