頑固な汚れが相手ならば!!!

超きったねータオルケットを洗濯した結果ものすごい参事を招きました。

 

お洗濯

 

いやあ、汚れた水があんなに醜悪なものだとはなー。

目も当てられない程のドス焦げ茶。腐って淀んだコーヒー色。

触れたら最後、そこから腐り落ちるかもしれないと思わせるまでの凶悪色。

 

水が「汚れる」ではなくて「汚染される」という方がしっくりくるレベルです。

どぶ川ですよ。どぶ川。どぶ川色。しかもいろいろやばいものが混ざったどぶ川。

洗濯機どぶ川化計画とかあったらマッハで任務完了してますよ。

 

そのくらいのことを叫び散らしたくなるくらいの汚れっぷり。

その汚れ具合は見たものの心をずたずたに引き裂くことでしょう。

極度の汚れは精神に対する凶器。いや兵器。触るものみな傷つけますよ。

 

 

第一次洗濯作戦

とりあえずね、一度洗濯機を回したわけですからね。

一回回しきって、どれだけ綺麗になるか見てみる事にしました。

意外と綺麗になるやもしれんからね。最近の洗剤は優秀というからね。

 

で。

 

なんということでしょう。

ドス黒い色だったタオルケットが、焦げ茶色になるまで洗浄されたではありませんか。

完全に汚れを落としきらないあたりに匠の遊び心が伺えますね。

 

うーん、全然落ちねぇw

一回洗ったとは思えないくらいにキタネェw

汚染レベルが高すぎるよコレwww

 

一応ね。ある程度は落ちたようだけどね。

黒から茶色にまでトーンが明るくなってるからね。

でも、「だからなんだよ」ってレベルだけどなw

 

分かってはいたけどさ。

これで実感しましたわ。

 

普通に洗っただけじゃ絶対に綺麗にならないw

 

 

第二次洗濯作戦

そこでGoogle先生。

どうにか綺麗になる洗濯方法は無いか教えていただきました。

で、それで得た知識によると。

 

浸け置き洗い

 

が効果的のようです。

私も存在は知っていましたよ。浸け置き。

頑固な汚れにはコレであると。

 

というわけで試してみました。

なんでも実践あるのみですからね。

 

浸けるには水よりもお湯のほうがいいということらしいです。

生地に染みついた脂が溶けだしやすくなるとかなんとか。

うん、言われてみればなんかそんな感じもするよね。

 

さっそくその通りにやってみましょう。

ただ、熱湯ではなくてぬるま湯です。

熱湯つかうと熱で洗濯機変形しそうで怖いw

 

まずは、その状態で2時間ほど浸け込んでみました。

浅漬けですね。固く絞ってから食べやすいサイズに切って小皿に並べたくなりますね。

んなもん絶対に食わないけど。

 

さて、これでどれ程の効果があることやら。

 

 

大参事洗濯作戦

浸け込むこと2時間。

程よく洗剤が染み込んだであろうと思われます。

では、ここから再洗濯といきましょう。

 

水足して、洗剤をさらに追加して。

運命の洗濯機回転。

ぐるんぐるんぐるん。

 

お。

おお。

汚染河川のようなドス焦げ茶だった水の色が・・・!

 

普通の焦げ茶色に!!

 

いやいやいや、まだこんなにキッタネェのかよw

一回完全に洗った後ですよ。

それでもここまで水が汚染されるのですか。

 

どぶ川とは言わないけど。

それでもドロ水です。完全にドロ水。

身体に悪いカフェオレみたいな色をしています。

 

これは浸け置き効果現れているのかな?

汚れが染み出た結果ってことなのかな?

だとしたらとりあえずは成功なのかな?

 

で。

 

なんということでしょう。

焦げ茶色だった生地が、薄い茶色にまで洗浄されているではありませんか。

あくまで真っ白にまでしないあたりに匠の遊び心が伺えますね。

 

くそ匠がwww

 

 

ファイナル洗濯作戦

もう一度同じ手順を試して洗ってみたりもしました。

しましたがね。これ以上はなかなか落ちてくれんようであります。

もう染色レベルで色素が染みついているじゃないかな。自然着色(汚)。

 

まあ、度重なる連続選択で雑菌とかは洗い流せたんじゃなかろうかね。

アタックNEO抗菌EX。ですからね。抗菌なうえにEXですからね。

3回もしつこく洗えば雑菌は死滅させられたでしょう。

 

そして、これ以上は無駄に物資を消耗するだけと判断。

我が軍は以上をもって作戦から撤退することとなったのでした。

 

□戦果

  • 「超汚染タオルケット」を「ちょっと汚いタオルケット」にまで再生
  • 技能「浸け置き洗い」を習得、お湯の使用が効果的
  • 洗濯中に精製した泥水の量 計測不能
  • 汚すぎて削れたSAN値 プライスレス

 

失ったものがあまりにも多い戦いでありました。

主に精神的にw

 

 

本来の目的

さて、すっかり洗うことだけに夢中になっていましたが。

この選択の本来の目的は、

 

夏場の暑さを利用して大きな洗濯物を乾かす

 

ということです。

途中から完全忘れていましたがね。

ドロ水のインパクトが全ての記憶をさらって行ったからw

 

なので。

 

洗い終わったタオルケットを、バーーーーーン!!!と干しました。

んんんんん!!爽快感!!デカい物を干すってなんて気持ちがいいのだろうか。

加えてこの超晴れた気候。この気温。完璧すぎるシチュエーション。

 

これでスッキリ感を感じないわけがない。

晴れた日の洗濯って本当に素晴らしい。

アクシデントはいっぱいあったけど、最終的には満足満足。

 

またいつの日にか豪快に洗濯したいものです。

今度はドロ水作る前になw

コメント