白色の悪魔

私は白湯をよく飲みます。

パイタンではない。白湯である。

って、これ前にも言ったなw

 

白湯習慣

 

とりあえず、なんやかんやで飲み続けています。

寝起きとはこれがないとすっきりしません。

身体の中がじんわりと温まるのはなんとも言えない感覚です。

 

すっかり習慣化してしまったな。

決して白湯に汚染されているわけではない。

白湯に中毒性はない。はず。たぶん。

 

白湯に限らず、寒い時期には、あったかい飲み物がありがたいですよね。

ガンガンに暖房入れた部屋で冷たい飲み物を堪能するのもいいけどさ。

それでも、飲んだ時にほっとするのはあったかい飲み物なわけですよ。

 

基本、冬には暖かい飲み物です。

これにつきます。きっとそうなんです。ええ。

 

 

緑茶はストレートに限るよな・・・なのに

私は緑茶とかも結構好きです。

そんなときに見つけたのが、粉末タイプの緑茶

 

ほうほう。これはいいかもしれないね。

いちいち茶葉を取り換えずに飲めますよ。

なんか、見た感じ容量もたっぷりだし。その割に安いし。

 

よし、試しに買ってみよう。

これで美味しかったら家に常備しましょう。そうしましょう。

 

まあ、さすがに茶葉での淹れたて緑茶には及ばないだろうけどさ。

インスタントのアドバンテージは大きいですよ。簡単なのが一番よね。

 

ていうことで、さっそく家に持ち帰って試飲してみますかね。

 

粉末どーん!

お湯じゃばー!!

出来上がり!!

 

急須いらず。

面倒な茶葉の後始末もありません。

なんて簡単。

 

じゃあ、いただきます。

 

・・・。

 

あれ?

なんか。あれ?

 

・・・。

 

甘めぇ!!?

くっそ甘めぇ!?

 

なんだこれ、どういうことなの。

緑茶が甘いとかなんなの。なにがおきてるの。

私は異次元に迷い込んでしまったの?

 

というか、くっそ不味いwww

 

 

美味しい緑茶かと思った?ぷーくすくすww

よくよくパッケージの成分表を見てみたら、

 

「砂糖」

 

の文字が書いてあるじゃないですか。

しかも、緑茶粉末よりも上に書いてあります。

この成分表の表記って、量が多いものほど上なんですよね。

 

つまり。

 

ほぼ砂糖じゃねーか!w

 

ああ、そりゃあなんか安いわけだわ。

だってほぼ砂糖なんだもん。かさ増しだもん。増し増しだもん。

 

成分表を確認しなかった私が悪いことは認める。

しかし。

 

緑茶に砂糖が混入されてるとか思わないよ!

 

緑茶フレーバーの甘いものは確かに存在してますがね。

シェイクとかアイスとかお饅頭とか。緑茶ベースのスイーツ。

しかし、だがしかし。

 

アツアツの緑茶が甘いなんてものは初めてですわ。

 

ペットボトルのお茶で砂糖が混入されたものなんて見たことないし。

なんで入れちゃったかな。混ぜるな危険って言葉を知らないのかw

いや、それよりもなによりも。

 

異物混入されて不味いお茶を消費しきらないといけない、という残酷な事実w

 

 

海外向け!海外向けだからいける!

どうやら、中国とかでは、緑茶に砂糖というのは普通のことのようですね。

ペットボトルのタイプにも砂糖が入ってるとかなんとか。まじかよ。

つまり、この異物(砂糖)混入緑茶は海外向けの商品だったのかw

 

うん。私の知識と経験が浅いだけだから思うってしまうんだろうけど。

それでも、こう思わざるを得ないよ。

 

甘い緑茶なんてありえねぇ!!ww

 

緑茶のさっぱり感台無しだよ。

なんですっきりさっぱりした最高の飲み物を砂糖でべったべたに汚すの。

甘けりゃなんでもいいのかよ。味覚オカシイよ。

 

・・・申し訳ありません。

暴言吐きました。カッとなってやった。今では反省している。

 

まあ、そのくらい衝撃的な経験でしたw

こんなもん二度と買わないww

コメント