美味しい辛口鮭が食べたいです!

塩辛い鮭が急に食べたくなるときがあります。

焼くと表面に塩が噴き出しまくるやつです。

それが焼けることでバリッバリの食感になるやつです。

 

もう、これ塩じゃん!

魚じゃなくて塩だけ直接食ってるじゃん!

塩鮭じゃなくて塩じゃん!!

 

っていうのが猛烈に恋しい。

身体に悪かろうがなんだろうがそういうのが好き。

来いよ塩分。

 

そういう大辛タイプの鮭ってスーパーでは全然見ないね。

どこもかしこも甘塩鮭ばかり。

私の周辺では、時々開催される市場のお魚屋さんに出回るくらいかな。

 

もう絶滅種なのかね。

うーん納得がいかん。

 

もっと手軽に美味しい大辛塩鮭が食べれるようにならんのか。

 

 

無いなら作るしかない

インターネッツをあさるとヒットはするんですけどね。

大辛鮭。

でもお値段がやばい。送料もかかるからさらに高い。

 

手軽に

 

とはなかなかいかないものです。

手ごろなお値段で、常に食卓に。

なんて思うとハードルは一気に跳ね上がりますね。

 

自作を試みたこともありました。

それでうまくいくならリーズナブルですからね。

 

塩!

 

うん、結果は酷い物だったわけなんだがねw

難しい物ですわ。

塩辛いだけでは美味しさが出ないのだもの。

 

しかし、ロマンが溢れる行為であることも事実。

好みの塩加減の美味しい鮭が食べ放題になるわけですからね。

 

・・・そろそろ再チャレンジしてみようかな。

 

 

アラって値段の割に美味しいよね

そこで買ってきました。鮭。

安い安いアラの部分です。

安い割に美味しい部分です。コスパ神。

 

これを塩辛い旨味たっぷりの塩鮭にしてみましょうかね。

 

さて、実験するのはいいのですが、前回は手ひどい失敗をしているのも事実。

塩気はともかく、大事なのは熟成です。

そこを抑えないと本当にただの塩になってしまいますw

 

しかし、時期は夏。

干物は作れそうですが、食べたいのは鮭トバではないのです。

焼き塩鮭なのです。辛口なのです。そこに旨味なのです。

 

じゃあ、この時期にやるなって感じもしますがねw

 

 

低温か

さて、少し調べてみたら鮭には、

 

雪中熟成

 

という熟成方法があるらしい。

その名の通り雪の中で1か月ほど寝かせて熟成させる方法。

自然を利用したダイナミックな手法ですね。

 

ちなみに、イメージ程ダイナミックではなくて。

小まめに雪の量を調整して温度を保つ作業があったりするそうです。

とても繊細な熟成。

 

・・・これ、冷凍庫でなんとかならんかなw

 

うん、浅はかな素人考えというのは分かっているけどさ。

同じ低温だし。そこはホラ。意外と上手くいったりするかもしれんし。

 

塩漬けで下処理を済ませた鮭を放り込んでおけば熟成されないものかな。

もちろん、細かな調整をした本物とは別物になるだろうけどさ。

 

しかし、それで少しでも旨味がでるならば。

 

 

やってみよう

冷凍の際に注意するべき点は劣化です。

適当に冷凍するとマッハで美味しさが無くなりますからね。

これを避けるためには下処理が大事。

 

まあ、そう難しいことではないです。

お酒と塩をまぶして、1、2時間馴染ませておくだけです。

これだけで解凍時の旨味が違ってきます。

 

・・・ってGoogle先生が言っていたw

 

今回はそこまでがっつり塩漬けにはしません。

そんなことしなくても、辛口鮭にはなるみたいですからね。

なので、ちょっと多めの塩とお酒をまぶして放置。

 

適当に時間が経過したら、ラップにくるんで冷凍庫へポーンです。

冷凍焼けしないように、なるべく丁寧に梱包しましょう。

 

さて、こうなったら後は熟成させるだけ。

とりあえず2週間ほど寝かせてみましょうかね。

 

 

結果はどうなるかな

果たして雪中熟成理論は冷凍庫でも通用するのでしょうか。

こんな適当では目に見えてる気もするけどな。

雪中熟成なめんなw

 

まあ、失敗しても超塩味な鮭になるだけだからね。

ほぐして鮭茶漬けにしてしまえば美味しく食べれるからね。

ほぐしたのを炒って鮭フレークにしてもいいしね。

 

大丈夫だ。そう考えれば失敗しても失敗じゃないw

 

でも、低温すぎると熟成されないとかどっかで見たような記憶もあるんだよな。

冷凍庫だと超凍結するわけだけど。

 

・・・。

 

まあ、いいか。なんとかなるだろうw

 

コメント