アニメの新京都編なんぞとは違うのだよ!

るろうに剣心の映画、その2。

京都大火編。

一作目がよかったからね。二作目も手を出してみました。

 

京都大火編好きなんですよ。

原作で一番の盛り上がりがあったと思っています。

 

もうこれで終わりでいいんじゃね?

 

ってくらいに濃密でしたよね。

最強のライバル。折れる逆刃刀。師匠の登場。奥義の習得。キワミ。

もう、これ以上ないほどの盛りだくさん。

 

読み終わった後に、かなりの満足感を感じた記憶があります。

雪代縁編もそこそこ盛り上がりはしたけどさ。

でも、やっぱ京都大火編が最高よな。

 

京都大火編といえばあの人ですよ。

志々雄。おそらく、るろ剣最強のライバル。まあ、縁もそこそこ強かったけどさ。

でも、やっぱ志々雄様最強よな。

 

実写版の志々雄役は藤原達也さんです。

演技力の素晴らしい実力派ですね。

これは観るのが楽しみだ。

 

 

藤原君が楽しそうで何よりです

いやあ、藤原君、素晴らしい役づくりでした。

いい志々雄様でしたよ。

 

よく、「役者さんは悪役を演じるときほど楽しんでいる」なんていうけどもさ。

まさしく。ほんとに。まごうことなく。どこから見てもそんな感じでしたね。

これ以上ないほどにすっげー楽しそうな演技っぷりw

 

ただ、楽しそうとはいっても悪乗りとかそういうんじゃないですよ。

ちゃんとカッコいい志々雄真実を演出しています。

強者感。王者感。そんなオーラがプンプンです。いい。すごく。

 

にしても、やはり演技上手ですわ。ぐいぐい来るものがあるよ。

アニメでの志々雄の演技はがっかりしたもんだけどさ。

それにくらべると魅力が違うよ。実写の方がよっぽど志々雄様っぽいっていうね。

 

藤原志々雄というキャスティングだけでも評価できる作品だね。

 

自分が志々雄好きってだけだけどなw

 

 

十本もあったかな?

さて、志々雄様の配下といえば、原作ファンにはお馴染みの十本刀です。

佐渡島方治、瀬田宗次郎といった実力者が10人集まった実行部隊。

もちろん映画にも登場するんですが。ですが・・・。

 

・・・えーと・・・だれがどれなんだw

 

確かに画面には映る。映るんだけど。

大体的に名前が出るのは、方治とか宗ちゃんとかでさ。

他のメンバーはちょっと映るだけという。

 

ああ、張くんも剣心にボコボコにされて目立ってたよw

 

あとは・・・んーと、うん、ああ宇水は分かるぞ。

 

それと、あれは原作で弥彦にやられたガリガリのコウモリの人。

お、安慈和尚もいるぞ。あのニヤニヤしてるのは・・・夷腕坊、か?

 

いや、夷腕坊って。

中身の外印さんは一作目で倒れてんですけど。

中身のないタイプなのかw

 

ああ、うんその辺が限界です。

あとは、わかんねぇw

不二とかどれよwwお前、普通サイズじゃわかんねぇんだよww

 

そもそも画面に映るの本当に一瞬だったしな。

でも、エンドロールみると、ちゃんと全員の名前が載ってたりしました。

オカマの鎌使いの鎌足ちゃんとかもしっかりと居た。どこに居たんだろうなw

 

まあ、時間も決まっているからね。

そんなに掘り下げて紹介もできないよね。

仕方ないね。

 

それでも、コスチュームとかのこだわりは感じたよ。

原作を少しでも再現しようとするスタッフの熱意を感じたよ。

 

力の入れ所を分かってる演出家愛してるw

 

 

お頭ェ・・・

基本的によかったんだけどさ。

ひとつ残念だったのが蒼紫様です。

隠密御庭番衆のお頭です。

 

原作通りならば、武田の配下だった蒼紫様。

しかし、実際にはなぜか外印、番神、刃衛。という謎キャスト。

御庭番衆何ていなかった。そんな扱いでした。

 

それでも、京都大火編では登場してしまいます。

唐突に脈絡なく、

 

「抜刀斎はどこだ」

 

なんて言って現れます。

本当に唐突です。

なんだお前急にって感じです。

 

原作では死んでいった仲間たちの無念を汲んで・・・みたいな重さをもった人だったけど。

急に出てきて「抜刀斎!」「抜刀斎!」ってさ。

パッと出でそんなこと言われても、因縁も重さも何もあったもんじゃないわけですよ。

 

ひたすら抜刀斎連呼してるのを見てるとさ。あれですね。

原作でのあのイケメンが、縁編に出てきた鯨波のように見えて来るねw

 

この唐突すぎるお頭の扱いが残念と言えば残念。

急造的な出し方するくらいなら前作から使ってほしかった。

 

こんなアームストロング砲撃ち出しそうなお頭なんて嫌だよw

 

 

もうちょっとだけ続くんじゃ

京都編は前後編に分かれているため、これだけでは完結していません。

ていうか、いいところでバッサリと終わっています。

謎の男が出てきたところで続きます。

 

まあ、謎もなにも、どう考えても比古師匠なんですけどね。

エンドロールでも「謎の男」ってなってましたけど、比古師匠以外ありえないですからねw

 

2作目も大変に楽しめました。

志々雄様を観るためだけに手を出してもいいかもしれない。

そのくらいカッコよかったです。

 

さて、次は最後の三作目だ。

お酒とおつまみ用意してゆっくりと観ようかね。

今度こそ十本刀を見分けてやるぜw

コメント