ランニングは綺麗な道を走りたいよね

日々の早朝ランニングです。

走るのはいいんだけどもね。

いつもいつもなんとかならないかと思ってることがあります。

 

道が悪すぎる。

 

でっこぼこです。ハンパねーです。

凹凸、段差のオンパレード。

 

もう、車道走っちゃおうかなー。

とか、アホなことを思うくらいに道が悪いのです。

 

 

道「段差の破壊力を思い知るがいい」

たかが段差くらいどうってことないだろう。

 

そう思っていた時期が私にもありました。

 

ウォーキング時代は気にならなかったんですけどね。

足への衝撃も割とソフトですからね。

ちょっと歩きにくいかな、程度のものでした。

 

が、しかし。

走るとなるとこれが別物。

 

高い位置から低い位置へ移行するときの衝撃が凄い。

ガツン!って感じに響いてきます。

衝撃というか、これもうね。

 

アスファルトからの攻撃

 

というレベルですよ。

膝の耐久力がガンガン削られます。

恐るべき破壊力。

 

 

悪路の最低なポイント

衝撃以外にも注意しないといけないことがあります。

 

  • 凹凸に合わせた歩幅調整
  • 段差に躓かないように路面への注意
  • いろいろやるせいでの足首への負担

 

歩幅調整。これがまず必須です。

注意していないと、つま先が路面に引っかかります。

下手したらコケます。足首捻ります。粉砕されます。

 

アスファルト上で躓くのは大変危険です。

歩いてるときに躓くだけでも相当な衝撃きますからね。

走ってる勢いでコケようものならダメージは計り知れないですよ。

 

そして、段差に気をつけつつ歩幅調整してると、足首に余計な負荷がかかるんですよね。

急に歩幅を小さくしたときの衝撃はかなり大きいです。

踏ん張り具合の力加減が2割増しくらいになります。ぐりっ!!ってきます。重い。

 

なので、走るならば、平坦なコースをおすすめしますね。

自分もそうしろって話ですがねw

 

 

真っ直ぐ平坦なランニングコース

走るならクネクネしてない真っ直ぐなコースがいいですよね。

あとは平坦な道であることも重要です。

 

とはいえ、うちの周辺はぼっこぼこの道ばっかりでねw

 

平坦な道もないことはないです。

しかし、10メートルいって直角カーブ。また10メートル走ってカーブ。

うちの周辺はそんな感じの道が多いです。

 

そんな連続だとちょっと走り難くてね。

段差とどっちがいいのか、って話になってきますね。

私は、段差があっても直線コースがいい、ってルートを選んだわけですが。

 

 

一応ね。あるんですよ。

真っ直ぐで平坦な道。

 

20分くらい行った場所に。

 

遠い。遠いよ!

往復40分かけて走りに行くってお前。

そんなんなら普通にウォーキングするよ。

 

20分くらいでサクッと運動したいからランニングしてるのにw

それじゃあ、本末転倒ですね。転んだ勢いでスイカ割れそうなくらいです。

 

 

コース選びが意外と重要

これからランニングしようと思っている人には、平坦なコースをおすすめします。

 

私のはきっと悪い例。

凸凹コースはダメージも大きいですからね。

本来受けなくてもいいダメージですからねw

 

無駄に酷使した足は回復にも無駄に時間がかかります。

無駄&無駄ですね。WRYYYYYY!!

 

なので、まずはコース選び。

そして、フォームチェック。

アイテムとして季節に適したジャージ、ランニングシューズ。

 

そんな順番で準備するのがいいと思われます。

故障の心配なく安心して走りたいですからね。

 

私もそろそろ新しいコースを開拓したほうがいいかな。

 

・・・やっぱり車道かwww

コメント