安西先生・・・ラーメンが・・・食べたいです・・・!!

むぅ、本当に寒いっすね。

まあ、冬にしてはまだまだ序の口って感じではありますが。

それでも寒いもんは寒い。いよいよ本気出してきたな12月。

 

暖冬と思わせてこちらの油断を誘ったのが今年の冷気の狡猾なところですよね。

暖かさに安心して胡坐をかいていたら急に冷え込みで奇襲をかけてくる。

汚いな。さすが冬、きたない。

 

今日は今までの暖冬を覆すに余りあるほどに一気に冷え込んだ感じでした。

さらに外は風がごうごう。強風吹きすさぶ一日。

 

冷気と強風が合わさるとそれはもう凶悪な天然の冷風機の完成ですよ。

叩きつけてくる冷気によって強制的に体の体温もっていかれますからね。

体感温度は一気に減少。私が塩引き鮭だったら美味しく熟成乾燥してしまうところです。

 

こんな寒い日は温かい食べ物がほしくなりますね。

ラーメンとかいいよね。ラーメン。熱々のをはふはふと。

 

私はラーメンが大好きですからね。

3食ラーメンでいいくらいです。うそです。

でも、ラーメン好きなのは本当よ?

 

 

こっ・・・このラーメンの味は・・・っ!?

家の近くにも美味しいラーメン屋さんがあります。

徒歩ですぐに行けるくらいに近い距離です。

ラーメン好きにはありがたい配置ですね。食べたくなったら気軽に足を運べますよ。

 

こういう美味しいラーメン屋さんに当たるのは幸運だと思うのです。

美味しくないところもありますからね。

 

不味いわけではないが・・・うーん?

 

ていう感じなら私の中ではまだセーフ。

まだまだ正解の範疇ではないでしょうかね。

 

ぶふっ・・・!!なんじゃこりゃああああ!!!!

 

ってくらいのに当たった時に初めてハズレだと認識されます。

そんなんそうそうないだろう。

なんて思うかもしれませんがね。うん。その気持ちもわかる。

 

でも、あるんですよ。

世の中にはこれでそんなにお金取るの!?

みたいな味のラーメンが。

 

私は過去2回。

そんなラーメン屋さんに当たったことがあります。

 

 

ハズレラーメンその1

それは友達を遊んだ帰り道。

どっかでラーメンでも食べようか、なんて話をしてました。

 

そこで、目の前に、「○○○○ラーメン」の文字が書かれた看板を発見。

 

たまにはいつもと違うところで食べるのもいいんじゃね?

なんて流れになって、新しく見つけたラーメン屋さんに入ったわけですがね。

 

そこで出てきたラーメンがなかなか奇抜なものでした。

なにが奇抜ってね。スープですよ。スープ。

ちょっと思っていた方向と別方向に向かったスープだったんです。

 

ラーメンのスープは、こってり感が必要だと思っています。

濃厚なそれが麺に絡みつくのがいいわけじゃないですか。

 

ところが。

そこのラーメンスープと来たら、そのこってり感がゼロ。

というかね。もう、あれですよ。

 

旨味すらゼロ

 

というファンキーっぷり。

なんだこれは。オカシイな、ラーメン頼んだはずなのにな。

これはそばですか?それともうどんですか?

 

いや、うどんとかそばとかの汁は、こってりこそしてないけど旨味がある。

麺をすすった時に感じる豊かな風味というものもある。

このスープにはそれすら感じない。旨味も風味もない。

 

なんだこのスッカスカなスープはw

何なの?濃縮還元10000%か何かなの?(錯乱

たぶん、インスタントラーメンのスープの素のほうが美味しいぞw

 

美味しくなさ過ぎて大笑いしたいのをこらえつつ完食しましたよ。

不味いわ店内では騒げないわでなかなの拷問でした。二度とあそこは行かないw

 

 

ハズレラーメンその2

また別の日。

今度は深夜付近まで友達と遊んだ帰り道。

例によって、帰りはラーメンで〆ようという話になりました。

 

そこで見つけたのが「■■■■ラーメン」の看板。

 

今まで入ったことのないお店です。

またハズレかもしれません。しかし、意外な当たり店の可能性もあります。

常に新しい味を開拓し続けることに執着のある我々は躊躇わずその店に突撃しました。

 

そこで出てきたラーメン。

これが奇抜を通り越した一品でした。常軌を逸してました。

お店でこれ出していいのかってレベルでしたw

 

まず、ラーメンの入った目の前の器です。

なんと、プラスチック製です。

 

プラスチック製です。

 

大事なことなので2回いいました。

なにこれ。学校給食ですか?w

もうね。この時点でいやな予感しかしませんよ。

 

で、スープを一口飲んでみたわけですが。

これも驚きでした。ありえないくらいに驚きました。

 

生ぬるい。尋常じゃなく生ぬるい

オカシイな私はホット(?)を頼んだはずなのだがなw

なんでぬるいラーメンが??

 

いやいや、おかしいだろ。ラーメンて普通は熱々のが出てくるだろ。

ぬるいって。ぬるいってお前。冷麺ですらない。ぬるい麺て。

目の前でいったい何が起きてるんだ。理解できない。誰か助けてw

 

さらに、そのスープの味です。

 

コショウの味しかしねぇ。

旨味とかコクとかない。ひたすら純粋にコショウ味。

ピュアといえばピュアだけど、なにかが間違ってる気がしますw

 

そして、麺。

 

これが、ぷよっぷよの腰のまったく無い麺。

ラーメン屋で出てくるとは思えないレベルの麺。

 

茹ですぎたインスタントラーメンを想像してくれ。

あれだ。あの物体だ。あのやらかした物体。

どういうわけなのか、目の前にはあれが出てきたw

 

ぬるいわ、コショウの味しかしないわ、麺は謎の物体だわ。

このラーメンは、とんでもなくファイナリティなラーメンでした。

いろんな意味で終わってました。行き着いちゃってる気がしました。

 

二度とあそこの店にもいかないw

 

ていうか、あれ、もしかしてホントにカップラーメンか何かだったのかもしれないw

 

 

ルールを守って(懇願)楽しくラーメン!(切実)

ラーメンはやっぱり美味しいほうがいいよね。

こってりで熱々なラーメンがいいです。それが美味しいです。

 

ていうかさ。

カップラーメンのほうが美味しいと感じてしまうようなラーメン屋さんてどうなのよw

それで数百円取るって、そんな店マゾしか行かないよw

コメント