30日プランクチャレンジ<再録>

腰痛もすっかり良くなったのでプランク再開しています。

今度こそやり遂げるぞー。

 

現在、再開3日目であります。

ノルマ30秒のところだね。

 

前回挫折した日数からやろうかとも思ったけどね。

まあ、どうせならまた最初から手を付けようと。

きっちり「30日連続」という感じでやり遂げたいからねー。

 

やっぱり、ブランクがあるとそれまでやったことはリセットされちゃう気がします。

強くてニューゲームとかないからね。

ふりだしに戻る、が正しい認識だからね。

 

・・・プランクのブランク。フフフww

 

とにかく、やるからには1セット完璧に、って流れが気持ちいい。

納得の目標。文句なしのゴール地点。

それをやり終えたからこその達成感というものでしょう。

 

前のような失敗を繰り返さないようにせねばな。

 

 

ボディーがあめぇぜ!!

前回、腰をやってしまったのは滑りやすい格好で挑んだから。

・・・というのもあったのだけど。

正しいフォームの維持は必須項目だしね。

 

しかし、それよりも重要なことがありました。

 

それが腹筋です。お腹の筋肉です。

腹に力をこめなければいけなかったのです。

ここがフリーだと、がっつり腰にキてしまうそうなのです。

 

私はそこをあんまり意識してなかったように思います。

そら、腰も傷めるわ。

滑って自爆せずとも、腰をやるのは時間の問題だったわ。

 

浅はかな理解度だけで好き勝手にやるもんじゃないね。

細かな注意点にしっかりを眼を配っておくべきだったよね。

 

・・・もうやらかしちゃった後だけどねw

 

 

ボディーが御留守だぜ!!

基本的なプランクの姿勢だと、身体を支えるのは4か所です。

 

両肘。

両つま先。

 

この部分だけで身体を持ち上げて支えるわけですね。

そうすると、負荷がかかるのは身体の中央。

つまり腰の部分に最大負荷が集中すると。

 

紐の両端を持って持ち上げると中央がたわむ。

 

というあの状態。あれが身体にも起きる。

つまり「ノ」の字にひん曲がる。

もはや、キャメルクラッチで背骨責められるがごとし。

 

ヒザをついていれば太ももの筋肉が上体の重量を支えてくれるでしょうがね。

プランクで使うのはつま先だけです。

モロに腰に負荷がかかります。モロです。モロ。

 

これを背筋だけでなんとかしようとすると、私のように腰がクラッシュします。たぶん。

腹筋を意識して、しっかり力を入れないとぎっくり腰状態になります。たぶん。

 

腹筋、超重要。

 

 

プランクは腹筋力

プランクで重要なこと。

 

 

□正しいフォーム

背筋は真っ直ぐ直線に。「へ」の字にならないように。

尻を持ち上げすぎるとプランクの効果が半減。

後、おかしな体勢でやると腰がもっていかれる可能性。

 

□腹筋を使おう

身体を持ち上げるときは腹筋を意識する。

「ノ」の字に反り返らないように。

背筋だけでなんとかしようとすると腰が破壊される可能性。

 

□無理しない

それでもきつい時はヒザをついて負荷を軽減。

効果は落ちるけど怪我するより何倍もマシ。

無理やり続けようとすると腰がアルゼンチンバックブリーカーになる可能性。

 

 

私の経験から言うと、特に注意すべきは腹筋ですかね。

多少バランスをくずしても腹をしっかり固めておけば大参事は免れる。

・・・かもしれんw

 

まあ、プランクには腹筋が超大事ってことで。

 

コメント