くっつくだけのフライパン

最近とても調子の宜しくないフライパン。

 

何を焼いても炒めても酷い状態になってしまいます。

満足な調理とは程遠い状態になっています。

買ったばかりの時の使いやすさとは無縁の状態になっています。

 

基本的にくっつく

致命的なまでにくっつく

もう、ガリガリになるまでくっつきまくる

 

どうやってもくっついてしまうの不可避です。

 

丁寧に焼いてみても。

満遍なく油を馴染ませてみても。

せわしなくかき混ぜてみても。

 

なにをやっても無駄。

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァッ!!!

WRYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!

 

とかそんな感じです。

そこに一切の慈悲は無く、一欠の手加減もないのです。

 

フライパン「食材、これ即ち、我に張り付くものなり」

 

とか、そんな悟りを開いてやがります。

 

 

こんなフライパンもう飽き飽き

フッ素加工とか、テフロン加工とか。

今使っているのは、確かそんな加工がなされていたと思う。

 

油無しでもくっつかない!(ドヤァ・・・

 

というタイプのフライパンですね。

 

購入したての時は、ホントに凄かったよ。

その謳い文句の通りの性能でしたよ。

ひたすらに何も寄せ付けなかったよ。

 

それが今や、見る影もないですからね。

油引いてもくっつきますからね。

 

私の好きな焼きそばも満足に作れないですよ。

もう、麺の一本一本が隙あらばくっついてやろうとしてきますよ。

ていうか、どんな抵抗をしてもくっつきますよ。

 

これは縄文土器の模様ですか?

 

ってくらいに、フライパンにみっちりとくっつきまくりますよ。

吸着力の変わらないただ一つのフライパン。

 

満足な調理ができないのはかなりのストレス。

肉も魚ももれなく張り付きますからね。

これはもうどうにもならんよね。

 

 

つまりハゲ

なんでも、「○○加工」とかいうタイプのフライパンって寿命があるらしいですね。

使っていくうちにコーティングがハゲていく。

家のフライパンもハゲまくってるんだろうな。もうツルッツルなんだろうな。

 

一度コーティングが剥げてしまうと、ガラクタ同然の物体に成り下がってしまうらしいね。

なんといっても食材をその表面にがっちり吸着してしまうからね。使い物にならんよね。

その吸着力ゴキブリホイホイのごとし。それくらいの吸着性能。溶接かよ。

 

そこまで重症になったフライパンに再起は期待できない。

高いフライパンとかなら、再コーティングという道もあるそうだけどね。

私の持ってるのは、400円だか500円だかで買った安物だから、やっぱ無理。

 

買ってから3年くらいかな?

そのくらいが普通に使っていた時の寿命なのかもですね。

丁寧に使えばもっと長持ちするやもしれんけど。

 

これはもう買い代えるしか道はないだろうね。

というか、新しいの買うよ。買うことに決定だよ。

 

食材を入れるたびに食いついてくるフライパンはもういやだw

コメント