お米はよく噛んで食べましょう。飲み物ではありません。

お米のお話。
前のつづきです。

とんでもない悪臭を放つ米をどうにか消費しないといけないところから。

 

そこにお米があるから食べるんだ

いくら不味かろうか、お米を捨てることだけはできない。良心的に。
大丈夫だ、お米農家の人。
私はこれを食う。食いきってみせるぞ。

 

尚、この事をお米をくれた知人に話したところ、「自分の所は普通のお米だった」という意見が帰ってきた。
うん、私も30キロの米袋のほうは普通のお米だったよ。
10キロ袋は殺人兵器だったけどな。

どうやら、ピンポイントでハズレが我が家に来たようだ。
故意ではないと祈りたいww

 

混沌米 ランク9武器・自然属性

いざ、お米を減らすにしても、戦法を慎重に考えないといけない。
お茶漬けはだめだ。絶対にだめだ。
あれだけはもう、この恐怖のお米では二度とやらないw

あれはちょっと、正気の沙汰じゃないレベル。
お湯に溶け込んだ悪臭が、すべての物を死へ誘うレベル。
もしも殺人現場にあのお茶漬けが落ちてたら、凶器はこれだ!!って言われるレベル。

 

さて、この凶器を消費するためには、お米を炊かねばなりません。
うん、二度目なら完全にわかる。
完全にアウトですわ、これ。

香りたつ湯気がもうすでにはっきりと臭いww
痛んでるように見えないのに。
ほんとになんなんだ、このお米はwww

そして、その日から、いかに調理して臭さごまかすかのキッチンバトルが始まったわけであります。

 

ディフェンスに定評のあるお米(臭気)

おにぎり。
アウト。海苔を巻こうがタラコを入れようが鮭でねじ込もうがアウト。
すげぇ、隙がねぇ。何をしても無駄だ。完璧なディフェンス。圧倒的に攻撃的なディフェンス。

ふりかけ。お話にならないレベル。

生卵。まだ貫通してくる。
バイオ生物と戦ってる気分になってきた。

納豆。
アウト。納豆の臭気でごまかせると思ったけど、後追いしてくる独得の臭さにやられる。逃げられないw
臭さの変わらないただ一つの米。

初日いけたはずのカレーもだめ。
一度臭さに気が付いてしまうと、なにしてもだめな模様。

結論。

 

 

白米のままじゃ食えたもんじゃねぇ!!!!ww

 

 

どうするよ?
チャーハンにでもしてみるか?
でも、これからずっとチャーハンてどうよ。悪くはないけど、なんか変化がほしいよ。

 

で。

 

これが勝利の鍵だーーーーー!!

最終的に行き着いたのが、炊き込みご飯。
多めの醤油とカツオ出汁で、ぐつぐつ炊き込む。
悪魔の飯粒に聖なる和風風味を練り込むのです。これでもかというくらいに吸わせるのです。具材のうま味もついでに食らうといいのです。

これが正解だった。普通に食べれる程度の物体になったよ!www

なんとか噛まずに飲み込むしかない、という臭さは抑制できた。
あくまで、抑制であって、封印ではない。慎重に味わうとやっぱり臭いw

まあ、白米状態の狂気の産物よりはずっとまし。

あとは、ニンニク多めに入れて、きつめに焦がした醤油のチャーハンでもまずますの成果。

 

2か月とちょっとそんな食生活して、ようやく10キロ袋を消費しきりました。
魔の呪縛から解放されたんだーーー!!

本当に何度あの世に誘われるかと思ったことか。

みんなもくっさいお米に出会ったときは炊き込みご飯がいいぞw
しかし、醤油ってすごい。日本が生み出した最高レベルの調味料。加熱することで、あんなに風味が引き立つんだなー。
ありがとう醤油!!そして、ありがとう!!

 

 

 


 

後で知ったんだけど、臭さの原因は「ぬか」だった模様。
なんでも精米が甘かったりすると、米の表面にぬかがべったりと残ってしまうんだと。
それが腐敗して悪臭を発する兵器へと変貌。殺人米の完成というわけだね。
おお、こわいこわい。

 

ちなみに、お米屋さんにもっていって、精米し直してもらうと、すっきりとぬかが落ちて臭いも消え去るそうだ。
私は「そういう米なんだ」と思ってしまったのが敗因だなw疑えよww
そのせいで、真正面から殴りあってしまったよw

 

教訓。
臭いお米にであったら不審に思いましょう。

コメント