米鍋

身体の芯から温まりたいときには、やはり熱々の食べ物が基本。

暖かい飲み物でもいいけど、保温効果は固形物のほうが上な気がします。

じわじわ長時間にわたって温かくしてくれる感じ。

 

消化するために、胃や腸に血が集まるからね。

なにか食べると、それだけでも内臓が活発に動きだすからね。

ナチュラルに血流もアップして、身体も温まろうというものです。

 

さらに、温かい食べ物と合わさって、その効果は割増し。

ダブルで身体の内側から暖めるというスペシャルテクニック。

寒い日にはぜひとも熱々の食べ物を。

 

まあ、いちいち言わんでも、寒かったら暖かいものを普通に食べるよねw

 

 

 

お米食べろ!

私も寒いのは嫌いなので、暖を取るのもかねて、ここ最近は鍋物が続いています。

熱々の鍋。これは確実に身体を暖めてくれますからね。

 

しかし、鍋物だけではいかんですよね。

白菜やネギも美味しいけどね。もやしや、しらたきも美味しいけどね。

それでだけでは、日本の食卓にあるべきアレが足りていませんよね。

 

米です。米。お米。

日本食文化の中核を成すといっても過言ではない食材。

鍋をつつくだけでは、こいつの存在が圧倒的に不足してますよね。

 

私の場合、鍋の〆は大体うどんです。

これは揺るがない決定事項。大体も何も100%うどんといっても過言ではない。

それくらいに〆はうどん率が高いです。お米の出番は無し。

 

 

これではいかんよな。

鍋に侵食されて、我が家のお米文化が廃れてしまう。荒廃の一途を辿ってしまう。

 

ならば、身体が温まるお米レシピを作ってみましょう。

 

 

やっぱり煮るだけ・・・しかし!

お米で、身体をあっためるレシピといったらやはりアレですよね。

「おかゆ」。お米を水でひたすらに煮込むだけのなあれです。

実にシンプルなレシピ。しかし、シンプルだからこその魅力があります。

 

煮込むってことはこれも鍋か?

鍋物の亜種か?

いや、きっとこれは「お米鍋」だ。そうに違いない。

 

 

おかゆの美味さは、なんといっても、あの「とろみ」ですよね。

おかゆの特徴にして最大の魅力。

あのまったりとした食感が、ほんとにほんとに大好きなのです。

 

普通に炊いたお米を、もりもりわしわしと飲み込むのもいいんですがね。

熱々のおかゆを、ふーふーしながらゆっくりと食べるのも、また格別だと思うのです。

 

 

こいつは温まるぜー。凄く温まるぜー。

やはり、秘訣はとろみか。とろみが身体を温めてくれるのか。

 

いいよねとろみ。

もういっそ、おやゆのとろみに塗れたいですよ。

本気でそんなことしたら、確実に大火傷するけどなw

 

 

シンプルなものだからこそシンプルに食べる

私が好きなのは、水だけで作ったおかゆ。本当に別段なんの工夫もしません。

ちょっとした拘りとして、生米から直接おかゆを作るくらいです。

 

基本、たっぷりの水と一緒に煮るだけ。

これだけのことなのに、なぜか美味しくなるんだよねぇ。

 

逆に、「中華粥」なんかは、そんなに好きではないのです。

おかゆを作るのに、出汁とかはいらない派です。

もっとシンプルに、お米の味を楽しむだけなのが好き。

 

ただのおかゆに荒塩をふって食べるのが至高ですよね。

塩と米。これだけで十分なご馳走。

なぜだ。なぜこんなに美味しく感じてしまうのだ。

 

 

やっぱり、日本人は米の味が好きな種族なのでしょうか。

それとも、おかゆの持つ美味さのポテンシャルがゲージを振り切っているのでしょうか。

 

うーん、深いぜ・・・おかゆ。

 

コメント