「おはようございます」の優れた性能

早朝ウォーキング中に、久々に猫と遭遇。

一週間ぶりくらいの再会でしょうか。

 

週一回の猫成分補給。

なんて贅沢なウォーキングコースなんだろう。

猫好きにはたまらんねw

 

ぬこ様

今日のぬこ様も、いつもの塀の上でまったりしておられました。

定位置でのくつろぎスタイル。

お日様あったかいもんね。そりゃあ、まったりしちゃうよね。

 

くそう、かわいいなー。

アパートでさえなければ我が家にも猫をお招きするのになー。

いや、こうしてたまに猫成分補給できるだけでもありがたいですがね。

 

「おはよう、ぬこ様」

「にゃー」

「ひさしぶりっすね、元気にしてたっすか?」

「にゃーん(あくび)」

 

うん。

相変わらず、こっちのあいさつに律儀に返事を返してくれるw

朝から気持ちのいい挨拶できるっていいよね。

 

 

おはよウナギ

早朝でもウォーキングしてると、結構人とすれ違います。

私と同じくジャージ姿で運動してる方がたくさん。

早朝から身体動かすと、その日一日スッキリと開始できるからね。

寝ぼけた頭を覚醒させるのに丁度いいよね。

 

ウォーキングしてる人は、オジサンとオバサマが多いね。

若い男子は歩かないで走ってる。さすがの体力。

そして、若い女子はいないww

 

 

で、すれ違うときに無言かというとそうでもなく。

気さくにあいさつしてきてくれる人が多いんですよね。

「おはようございまーす」って感じで。

 

こっちから「おはよう」しても、「おはよう」返してくれるし。

こんなちょっとした挨拶でも、しっかり返ってくると、朝からなかなか気持ちいいものです。

 

 

そして、私は思った。

こう、思った。

 

「おはよう」のコミュニケーション性能たけぇ!!!

 

とw

 

とりあえず、「おはよう」しておくと言葉のキャッチボールが一巡完成する。

この人は「きちんとあいさつ出来る人なんだ」という好印象も与えられる。

こっちに敵意は無いですよ、という安心感を持たせることも可能なはず。

 

おはようございます。

 

簡単なあいさつ言葉というだけではないポテンシャルの高さ。

高性能で汎用性あふれるいい言葉だww

 

 

朝には「おはようございます」しよう!

早朝ウォーキング中は積極的にあいさつするのがよさそうですね。

 

  • 相手に不信感を持たれない
  • すれ違う人に顔を覚えてもらって仲良くなれる
  • あいさつ返してもらうと気持ちいい
  • ぬこ様が返事を返してくれるかもしれない可能性

 

などなどのメリットもあるし。

ただ、大声で五月蠅くし過ぎると

 

「朝からなんだこいつ」

 

とか思われて引かれると思うので注意。

元気なのはいいけど、早朝からハイテンションすぎるのも問題よなw

 

程ほどの声量で、さらっと「おはよう」する。

そのくらいで丁度いいんじゃないでしょうか。

コメント