人魚かと思った?残念!猟奇なおっさんでした!!

ニコニコ動画でのパニック映画特集、3日目は「マーメイド」でした。

 

人魚?人魚系のモンスターパニック映画ですか?

ほほう、それはまた珍しい。

これはちょっと期待して観てみようかな。

 

なんせ、前日のワニ映画は予想以上に面白く観れたからね。

 

ワニ!

 

これは今回も期待してしまうね。

また、Z級と見せかけた良質B級映画なのかもしれない。

初日のボルテックス?そんな映画は知りません。

 

 

人魚は意外と狂暴です

人魚でモンスターっていったら、高橋留美子先生の「人魚の森」を思い出すね。

 

あれ面白かったな。

雰囲気ドロドロしてて。

 

人魚の見た目も醜悪で。獰猛で。

 

まさしく、あれが正しい人魚だよね。基本的に妖怪だからね。

人魚に甘いロマンティックを求めるなんて間違ってるぜ。

人魚は凶悪で人間を襲うもの、いいね?

 

「マーメイド」にも、そんな人魚が出てくるんだろうか。

モンスター映画に名乗りをあげるくらいなのだから、こっちの期待も膨らむというもの。

これは楽しみですよ奥さん。

 

 

猟奇ホラー・・・って、モンスターはどうした

さて、どんなモンスター人魚が出るのかワクワクしながら視聴し始めたわけですが。

 

物語は、女性が凶器で首を貫かれて殺されるシーンから開始されました。

人魚がやったわけではありません。

なんか、長靴履いたおっさんです。なんだこのおっさん。

 

え?なんなの?この、急で凄惨な殺害シーンは。

モ、モンスター映画?あれ?これ、猟奇ホラーだっけ?

ジェイソンなの?ジェイソンは実は人魚だったの?長靴を履いたジェイソンなの?(錯乱

 

尺稼ぎとしか思えない、くっそ長い導入シーンが終わってからようやく物語が展開。

孤島に行ってなんやかんやという、まあ、コレ系の王道パターンではあるんだけど。

 

映画の内容は、ほぼ、おっさんとの鬼ごっこ、っていうね。

 

人魚そっちのけ。むしろそんなものはいなかったのかもしれない。

おっさん(マーメイド)なのかもしれない。シリアルキラーネーム的な。

 

無意味なエロシーンと、おっさんの猟奇シーン。

 

これ完全にただの猟奇ホラー映画じゃんw

いやいや、モンスターは?人魚は?

私の思っていたものはどこへいってしまったのでしょうか。

 

 

マーメイドの扱い

タイトルになっているはずの「マーメイド」。

結局マーメイドなんて単語は出てこなかったように記憶してます。

 

スキュラだとか、セイレーンだとか。

 

そんな風にはいっていましたがね。

タイトル詐欺じゃねーか。タイトル詐欺だろこれ。

「マーメイド」じゃなくて「猟奇おっさんの人間ハンティング教室」だろ。

 

結局ね、このマーメイド(笑)の歌声に魅了の力があって、それでおっさんはとち狂ってたわけでした。

もう、タイトル「セイレーン」でよかったじゃんと思うw

 

もちろん、おっさんが殺害するだけの映画ではありません。

マーメイド(笑)とはいえ、タイトルにもなってますらからね。

最後のほうは、人間たちに襲い掛かります。

 

しかし、人魚さんは一体だけ。

そして、そのサイズも特段でかいわけでもなく。

 

結果的に、モンスター映画にあるまじき、すっごい地味な戦闘シーンに。

おっさんに追い掛け回されているときのほうが、遥かに緊張感が高かったくらいです。

 

なんだこの映画w

 

 

モンスターパニック映画(おっさん)

絶景のロケ地。

美しい風景の映像。

 

最初はそんな見た目から、これは面白そう。

なんて思いましたが。

 

まちがいねぇ!!

こいつは、Z級だぜ!!

 

なんか、終わり方もすごい投げっぱなしな感じがあったし。

は?ってなるようなエンディングでした。

俺たちの戦いはこれからだ、的なものを演出したかったのだろうか。

 

全体的にすごい残念な出来。残念だけどおしい。

なんだろうね。何かがたりない。

いや、人魚周りの演出が圧倒的に足りないのは確定的に明らかなんだけどw

 

うーん、もう一工夫あればなあ。

「人魚の森」のイメージで期待しすぎたかな。

なんか、いろいろとおしい感じの受ける映画でした。

 

正直、人魚よりも、おっさんのほうが恐ろしかったw

コメント