2月「改心した」

今日は朝からいい天気でした。

天気予報では雪マークだったんだけどね。

しかし、これはうれしいハズレです。

 

お日様がなんの障害も無しに煌々と大地を照らす程の晴天。

何て素晴らしいんだろうか。やはり晴れの日は気分がいいもんです。

 

気温も冬にしては温暖。

吐く息は相変わらずに白くはありますが、凍えるほどの寒さはないです。

寒さに肩をすくめつつ出歩く、なんてことにはならない。

 

なんか、あれですね。

私の知ってる2月じゃないw

いや、去年もこんなもんだったっけ?いやいや。

 

 

水道が・・・凍・・・凍・・・凍ーーーー・・・らない!!

去年は確か、水道がガンガン凍結しまくってましたよ。

朝起きて、蛇口を捻っても水が出てこない日がたくさんありましたよ。

朝に洗濯できないという、一日の行動バランスを崩壊させられる毎日でしたよ。

 

水道管とか、凍結しまくって、2月中に1、2回は破裂してましたもの。

そりゃあもう、景気よくポンポンいってましたもの。

 

そんな極寒なイメージの2月。

しかし、今の状況はどうだろうか。

まったくもって、そんな気配はないじゃあないか。

 

これは・・・デレか!?

2月もとうとうデレ期に突入したのか!?

 

なんにせよ、凍結しないってのはいいことですわ。

普段、何気なく使い倒してる水は、使えなくなると、どれだけ不便か痛感しますからね。

しかし、この調子ならば、今年はそんな心配いらなそうです。

 

ああ、これが暖冬か。なるほどな。これは納得の暖冬だわ。

今以上に、今年が暖冬であることを確かな実感と共に認識した瞬間は無かったわ。

一時期、アホみたいな雪に襲われたりしたからなw

 

雪やこんこん

 

あれに比べれば、この程度の寒さなんぞなんてことないですよね。

赤子の手を捻ろうとしたら、逆に捻り返された挙句に捩じり折られる程度のもんですよ。

そのまま、腕を根元から千切り取られてしまう程度の致命傷で済んでますよ。赤子やべぇ。

 

うん、まあ。

基本的に寒いのが嫌いなのは変わらんからね。

寒いことは寒いんだw

 

 

雪が・・・雪・・・雪ーーーーー・・・雨ッ!!!

しかし、一日中晴れるかと思われた晴天っぷりも、午後をすぎたあたりから崩れてきました。

JOJOに空の色が暗く暗くなってきやがったのです。ドドドドドドド。

さらに、稲光までチカチカしてやがるじゃあないですか。稲妻色の波紋疾走。

 

こ、これはやばいんじゃないか。

今年の恒例のやつじゃないのか。

温暖と油断させておいて、急に降ってくるパターンじゃないのか。

 

だまして悪いが・・・雪だッ・・・!!

 

とかいう展開じゃないのか。

だって、ほら。あんなに雷がゴロゴロピッシャーンしてるじゃないか。

また、背後からバールのようなもので襲われるが如き雪と寒さがくるのか!?

 

やはり、天気予報は絶対なのでしょうか。

予報ではなく、天気予言なのでしょうか。

決定された未来は絶対に不変なのでしょうか。

 

なんて、警戒してたら、とうとう降ってきましたよ。

一片の情け容赦も無しに、天からの一方的な絨毯爆撃が開始されましたよ。

ただし、降ってきたのは・・・水滴でした。こ、こいつは・・・。

 

・・・あ、雨じゃねぇか!!

 

そう、雪ではなくて、雨。降ってきたのは雨。

く、くそ、ビビらせやがって。いや、ビビってねぇけど。別にビビってねぇけど。

ビビってはいねぇんだけども、もしもの話でビビらせやがって(?

 

 

消雪!もっと消雪!!

まあ、なんだっていいです。雪じゃなければOKです。

 

この雨は、道路に残った雪を溶解させてくれるでしょうからね。

場所によっては、私の身長くらい積みあがった雪が、未だに残って威張り散らしてます。

この際、残ったすべての雪を跡形もなく消滅させてほしいものです。いいぞ。もっとやれ。

 

でも、雪が溶けて無くなったらすぐに止んでねw

 

この辺、ちょっとでも強い雨が続くと、足首まで水没するような地形なのよね。

水が溜まりやすい場所が、あちこちそっちこっちそこかしこに点在してやがるのさ。

ざぶーんざぶーんって感じです。

 

まあ、例えそうなったとしても、雪が積もるよりは遥かにマシではありますがね。

雨さえ止めば水は早急に引いてくれるし。

話せば分かってくれる人道的な心の持ち主って感じですw

 

それに引き換え、ほんとに雪ってやつはさ。

空気の読めない粘着気質のストーカーのごとき陰湿さでしつこく居残り続けるからね。

雪かきされてるのを、自分がかまってもらってると勘違いしてる変態だからね。

 

本当に雪が嫌いな俺w

 

 

コメント