2月といえばキャベツ、いいね?

ていうかさ。

 

いつのまにか2月になってるじゃねぇか!!

 

くそっ!意表を突かれたぜ!!

まさか背後から気配を消して近づいてくるなんてな!!

あやうく後頭部をガツンとやられるところだったぜ!!

 

と、まあね。

 

さっきゴミ捨てにいったら、雪が凍ってバリンバリンだったのを見てふと思ったわけです。

あと、路面も氷ついていてツルッツルでしたよ。足首持っていかれて、危うく転びかけたよ。

凍結してバリバリの雪の上に転んだら大参事だったよ。アブナイアブナイ。

 

まあ、2月ですからね。

そのくらいの罠は仕掛けてきますよね。

本当に油断も隙もあったもんじゃないぜ。

 

 

12月はサンタ、1月は鏡餅、2月は・・・

2月で思い出すのは、以前に働いていた会社での出来事です。

 

そこはインターネットショップでしてね。

商品を送るときに、お客様宛に、購入のお礼を書いたカードを添えて一緒に送るのですよ。

PCで作って。お客様の名前入れて。それを印刷して。

 

で、そのカードには、季節に合ったイラストを印刷するのが通例になっていました。

月ごとに季節の風物詩的なイラストを載せるわけですよ。

1月なら鏡餅。4月なら桜。6月ならアジサイ。8月ならスイカ。そんな感じ。

 

で、そこで2月ですよ。

2月のイメージってなんですかね?どう思いますか。

あなたならば、どんなイラストを添えますかね。

 

そのへんのことで、少しワタワタしたのを思い出しましたよ。

 

 

2月・・・2月ってなんだ!?

こんな会話がありました。

 

 

「2月になりましたね。メッセージカードのイラストどうしますか?」

 

「2月か・・・んー、梅とか?」

 

「え?梅はまだ早くないですかね」

 

「ええー・・・じゃあ何?何がいい?」

 

「うーん、2月か。2月を連想させるものってなんですかね」

 

「雪とかどう?そうだ、雪ダルマにしよう」

 

「それは12月にやりましたよ」

 

「そうだっけ?ていうか、12月ってサンタじゃなかったっけ?」

 

「雪ダルマにサンタ帽子で・・・」

 

「おおう・・・」

 

 

なんてことを話していましたよ。

 

そのあとも、なかなかいい案がでなくてね。

そのうちに、

 

 

「キャ、キャベツか?キャベツとかか!?」

 

「キャベツ!?え?冬キャベツ!?なんでそんなコアなチョイスを!?」

 

「・・・もうさ、キャベツでよくね?」

 

「たぶんだめです」

 

 

とか、対象物がどんどんカオスな方向へ。

キャベツて。2月=キャベツて。すげぇ発想するもんだなーとか関心してましたよ。

というか、キャベツの描かれたメッセージカード貰っても、お客様が混乱すると思うんだw

 

商品を注文したら、キャベツカードが付いてきた、とかさ。

私なら、「え?なんでキャベツ?」って思うもん。

なにゆえにキャベツのイラストなのか、って疑問符でいっぱいになるもん。

 

キャベツっていう発想は、もうこれ以上にないほどに最高なのは間違いないのだがねw

 

 

キャベツではない2月を

結局ね、キャベツの代わりに選ばれたのは「かまくら」のイラストでした。

無難ですよね。やっぱり2月も雪のイメージですからね。

なんで最初から素直にこの発想にならなかったんですかねw

 

雪ネタはもう12月に使った

 

ということがネックになっていたのでしょうかね。

あの時、普通に髭のサンタクロースにしておけば、こんな無駄な時間はかったでしょう。

面白かったけどなwキャベツww

 

こういう季節の合間って、イメージが難しかったりするんですよね。

まあ、難しいにしても、ちょっと迷走しすぎた感はありますがね。

変な方向で決定しなくてよかったよ。うん。

 

もし、そのままキャベツが採用されていたら、お客様用のコメント欄に、

 

「メッセージカードに謎のキャベツが書かれていた」

「商品はよかったけど、キャベツの絵が意味不明でした」

「キwャwベwツwwww」

 

なんていうコメントが溢れるところでしたよ。

それはそれで見て見たかった気もするがなw

 

 

お客様への対応は慎重に、ってことですね。

クレーム来ると、対応にすげぇ時間かかるからね。

キャベツカードでそんなことにはならないとは思うけどさw

 

 

そういえば、なんか「にがつ」と「きゃべつ」って語感が似てね?

意外と近い存在なのかもしれないね。

もしかして、今は「2月」ではなく「キャベツ」なのかもしれないね。

 

はい、キャベツ2日の記事でしたw

コメント