内臓に異常は無いぞう

このところ一日一食ペースの食事でした。

疲れた内臓を労わろう的な目的でね。

なるべく消化器系に負担をかけないようにかけないように。

 

なんやかんやでその効果はあったみたいでね。

腸内活動とかさ。活発になった感じですよ。

とくに、お通じはすごい勢いで改善されたもよう。

 

元気になったんならそれでよし。

メンテナンスは終了です。

そろそろ本格的に活動していただくとしましょう。

 

ということで、普段通り一日二食に戻してみたわけですよ。

うん、二食。

どんな環境であれ朝だけは絶対に食わないからなw

 

とにかく、活性化した内臓活動に期待して、食べ物を送り込んでみましょう。

 

今までの三倍くらいの速度で処理してくれるやもしれない。

消化さえ栄養吸収さえ置き去りにするかもしれない。

そんな速さで体内を一気に通過するかもしれない。

 

それはだめじゃないかなw

 

 

減らないのか

でもね。あれですよ。

急に食事回数もとに戻そうとしても、なかなかスムーズにはいかんようですよ。

 

一食食べるとそれで満足してしまうのか。

なかなかお腹空かないのよな。

 

「まあ、まだ食べないでいいかな」

 

なんて感じてしまうのよね。

 

内臓活動活性化したならもっと求めろよ。

食を貪欲に追い求めろよ。

激しい食欲で俺を突き動かしてみろよ。

 

やっぱ、急には無理か。

体内に満ちる食欲遠慮アトモスフィア。

実際奥ゆかしい。

 

でも、それでは意味がないわけです。

なんのための体内調整か、ってなもんですからね。

なので、ここは少し無理して食べてみることに。

 

いいかい、内臓君?よく聞くんだよ?

これが普通なんだよ。一日一食が変なんだよ。

ちゃんと学習するんだよ。

 

そんな感じで食べてました。

 

 

減るのか

人間、環境の違いには徐々に慣れていくものでね。

それが一日一食慣れでもあったわけだけど。

逆に、食事量を増やしてみても同じことが起きるようです。

 

すぐ慣れたw

 

そして前よりも、空腹を感じるようになったよ。

ご飯時になると、普通にナニか食べたくなります。

これは内臓が元気になった証拠ではあるまいか。

 

こ、これが空腹感か!!!

 

うん、お腹がすくのはいいことだ。

お腹が空いたと感じることは正常だ。

これが求めていた効果だよ。

 

一時は空腹に訴えかける作戦は頓挫したかに思えましたがね。

なんのことはない。一日一食に慣れてしまっていたのが原因だったようですよ。

食事回数を増やせば、身体はちゃんと環境に対応するようになるのね。

 

いやあ、人体は面白いですな。

 

 

リセットされたのか

こうしてみると、今回の試みは成功だった、のかな?

たまたまの可能性は否めないけども。

まあ、なんでもいいや。結果的に改善したのだから良しとしとこう。

 

そういや、いままで食べなかった反動での一気食い、なんてことにはならんかったな。

普通にお腹が空いて。普通に食べるだけ。

いや、破綻していないからこそ正常に戻ったってことなのか。

 

 

結局は食に対する欲求自体が低いのかもしれんね。

・・・やっぱ近いうちに栄養不足で死にそうだなw

 

ここは揚げたてジューシーな鶏のカラアゲでも食べて食欲増進といきましょうかね。

カレー味だったりすると尚いいよね。

で、冷たいビールとかもいっちゃうかな。

 

だから、そういう偏った食生活が内臓に負担をかけるんだってばw

 

コメント