人はもやし1キロを食べきれるのか

以前に、もやし鍋の記事を書きました。

 

もやし鍋

 

格安で美味いもやし鍋。

お金がない時も安心もやし鍋。

貧乏人の救世主もやし鍋。

 

内容的にはそんな感じでした。

そう、もやしは世界を救うんだ(狂信者

 

そのときに、

 

もやし鍋なら、もやし1キロくらいいけちゃうよね

 

なんてことを書いたのですが。

ほんと、普通のことのように書いたのですが。

コメントで、

 

「もやし1キロは一人じゃむりじゃね?」

 

といった感じのお言葉をいただきました。

なるほど。なるほどな。うん、なるほど。

やっぱり、そう思う人もいるよね。うん。

 

確かに、

 

「もやし鍋ならば、もやし1キロはいけそう」

 

とは書いたけど、

 

「もやし鍋で、もやし1キロ食べました」

 

とは、明確に書いてないものね。

実際に、あの時食べたのは200gの袋2つだけだったわけだし。

信用されないのも無理なきことでしょう。

 

わかりました。

ならば、実践してみせましょう。

 

 

もやし、下準備編

というわけで、もやし鍋の用意をしてきました。

今回メインを張るもやしも、しっかりと購入済みです。

 

1キロです。1キロのもやしですよ。ふふふ。

200gの小袋ではなく、1キロがっつり入った大袋のもやしです。

一度袋を開けたら退路は無いという覚悟を込めてこれです。

 

ていうか、1キロで100円しないんだぜ、もやし。

本当に、美味しさに対してのコスパが抜群だよな。

こんな優れた食品そんなにないぜ。

 

今回の鍋の出汁用のお肉は鶏ですよ。

味噌で煮込んで、美味しい鶏肉の脂と出汁をたっぷり吐き出してもらいましょう。

ニンニクもよく合うので追加。もう、唐辛子も入れちゃおうか。

 

食材がもやしと鶏だけではバラエティーに乏しいので、そのへんにあった白菜を少々追加。

あとは、冷蔵にあまってた、粗びきソーセージの残骸も追加。

どっちも、もやしをつつく時の箸休め的な感じです。分量的には50gもないでしょう。

 

もやしをつつく時の箸休め。

 

なんか、へんな表現w

 

 

もやし、本調理編

鍋の下準備ができたら、さっそく中にもやしを投入です。

 

1キロのもやしを鍋の中へシューーーーーーーーッ!!

超!エキサイティンッ!!!

 

・・・とはさすがにいきません。1キロも一気に鍋にはいりませんからねん。

鍋に収まる分量を、2回くらいに分けてシューしましょう。

ちょっとだけエキサイティンしましょう、

 

 

あとは煮込むだけ。

もやしは火にかけると、すぐにしんなりしますからね。

したがって、待ち時間も短めです。

 

安い、早い、美味い。

簡単お手軽煮込むだけ。

何もかも完璧ですね。さすがもやし。

 

途中、もやしの水分でスープが薄くなったりするので、味を調整したりしつつ待ちましょう。

ガンガン水が出ますからね。もやし汁が。

もう、本体が水分なのか、ってくらいですよ。もやし汁。

 

 

しんなり加減が、程よくなって来たら完成です。

このへんの「シャキシャキ」と「しんなり」の境界線はお好みで。

私はシャキシャキが残ってるほうが好きです。しんなりして味が染み込んだのも好きだけど。

 

じゃあ、いただきます。

 

 

もやし、食編

ごちそうさまでしたw

美味しかったです。

 

結論。

 

割と簡単に1キロのもやしは消えた

 

うん。自分で言ったことだもんね。

そら、普通にできるよね。

 

ていうか、予想以上に遥かに簡単に食べきったよ。

最後にうどんまで食ったよ。

さすがに食いすぎて腹がぱんっぱんになって後悔したけどw

 

でもまあ、もやし1キロだけなら余裕でしたよ。

なんといっても、もやしだからね。1キロっていっても、もやしだからね。

 

もやしの水分含有量は全体の、80%~90%らしいですからね。

 

もう、水ですよ、ほぼ水。これなら1キロなんて余裕ですよね。

実質、100g~200g程度の分量。

乾燥ワカメを想像するとわかりやすいかもね。あんなもんよ。

 

そら、うどんも入るわなw

 

 

そういや、昔「美味しんぼ」でもやってたっけ。

 

野菜はほぼ水分だけ

 

的な話をさ。

だから、かさばってる様に見えても、実際にはたいして食べれていない。

見せかけのボリューム。その名の通りの「水増し」ってやつよね。

 

もやしもそうなのだろう。

大量に食べてる様に見えて、じつは大したことないっていうね。

 

 

これが、ポテトチップス1キロとかだったら無理です。絶対に無理です。

BIGサイズ食べただけでお腹いっぱいになりますからね。

そもそも、1キロもポテチ食ったら、私の貧弱な内臓は油分で死にますわw

 

もやしのヘルシーさあってこその1キロなのよね。

 

 

1キロとはいったい・・・うごごごご

これで、1キロのもやしは実際に食えるということが実証されましたね。

 

しかし、よくよく思い返してみる。

この実験の意味を。1キロの意味を。

そして、前のもやし鍋の時に、私はなにを食べたのかを。

 

 

以前のもやし鍋の具材

もやし200g入り2袋  400g

豚コマ          150g

豆腐1丁         300g

うどん          200g

 

 

・・・。

 

あれ?

これ、実証の必要性なかったんじゃね?

 

・・・。

 

まあ、美味しかったからいいかw

 

 

コメント

  1. yuki より:

    うちも昨日、鍋でしたよ。

    スゴイ!実証したんですねw
    近くにいた娘に聞いてみました。
    「もやし鍋にしたら、もやし1キロ食べれる?」
    「食べれるやろーけど・・・飽きる」

    私ももやし好きですから
    もやし炒めにすると一人で2袋、
    400グラムはイケる口ですが、
    食欲旺盛な娘をもってしても
    やはり一人1キロは・・・飽きる!
    というのが我が家の結論のようですww