乳酸菌を摂りましょう

腸内環境は体の免疫力に直結する、なんていいます。

乱れた腸内環境ではお肌も乱れてしまうということですね。

乱れ雪月花って感じです。

 

で、腸内環境といえばあれですよ。

 

乳酸菌。

 

腸内環境の話題で、こいつが出てこないわけがない。

腸内環境と言えば乳酸菌。乳酸期といえば腸内環境。

そのくらいに、この話題に関しては常連でしょう。

 

私も免疫力が欲しいので、このへんのことを気にしている今日この頃。

あらゆる方向から汗疱をどうにしかしたい。

ちょっと追い詰められすぎかもしれないwまあいいかwww

 

 

めんどくさいは何よりも優先される

私の中では、乳酸菌といえば「ビフィズス菌」というイメージでした。

なんやかんやで知名度高いからね。ビフィズス菌。

私も自然とその方向に誘導されていたわけですよ。

 

で、ビフィズス菌といってたどり着くのがヨーグルトです。

本当に安直です。まあ、私の思考回路何てそんなもんです。

それを、ちょっとの間続けていたんだけどもですね。

 

めんどくさくなってきたw

 

いちいちヨーグルトを小まめに補給するのが嫌になってきたのですw

もっとこう、3か月くらい保存可能ならいいのにね。

・・・それじゃあヨーグルトでパンパンの冷蔵庫が破裂してしまうかw

 

てなわけで、その後サプリメントに切り替えです。

今度はビフィズス菌ではなくてアシドフィルス菌です。

これも乳酸菌の一種。ビオチンの生成を助けてくれるそうです。

 

やはりサプリメントはいいよね。

簡単さにかけてはこれしかないって感じです。

 

 

もっとナチュラルに

さらに、乳酸菌について調べていたら、味噌にも含まれていることがわかりました。

それも結構な含有量だそうです。

あ、これなら、サプリメントとか必要ないんじゃないか?

 

そんなこんなで、今度は毎日味噌汁を一杯飲むように。

さよならアシドフィルス。

お前は優秀だったが一発変換できないのがいけなかったのだよw

 

これで毎日超自然に乳酸菌補給できるぜ。

味噌なら保存も効くし。

飯の時に味噌汁なんて超普通だし。

 

が、ここで落とし穴が発覚。

 

添加物入りの味噌では効果薄

 

なんていう新事実。

そういうタイプの味噌は菌の繁殖が抑えられてしまっているそうです。

含有量が薄い。入ってないってことはないだろうけどさ。

 

う、うちの味噌は・・・!

うちの味噌はどうなんだ!?

大丈夫なのか!?

 

と調べてみたところ。

 

添加物たっぷりでした。

 

だし入りの方が便利だし。

なんていう理由で使ってたのだけどね。

他のよりも少し安かったし。

 

つまり、今までの味噌汁生活は、塩分取ってただけで大した効果はなかった。

という可能性w

 

謀ったな!シャアーーー!!!!www

 

もういいよ。

この味噌はもう買わないよ。

 

まあ、もったいないから最後まで使い切るけどね!!www

 

コメント