目薬の重要さの8割は清涼感だと思っている

私は目薬をよく使います。

PC作業が多いからね。

疲れた目に目薬は気持ちいいからね。

 

目薬といっても、値段の高いものは別に必要ありません。

使った時にひんやりした感じがあるものなら大丈夫です。

というか、その感覚が欲しくて目薬使ってるようなもんです。

 

〇〇成分配合

〇〇が〇〇に効く

〇〇な眼の状態に

 

というフレーズで高価な目薬が売っていても揺らぎません。

あの偽りの清涼感があればいいんですw

 

安かろうが目薬には違いないのだし。

最低限の目薬要素は含まれていると思う。

まあ、実際に成分表見てもわけわかんないけどな。

 

塩酸テトラヒドロゾリン

 

とか言われててもね。

お、おう・・・?

くらいにしか理解できませんw

 

 

目薬というか清涼剤

いくつか違うメーカーの目薬を使ったことがあります。

中には、いっくら眼に流し込んでも清涼感が物足りないものがありました。

 

そういうのは成分重視なんでしょうね。

まあ、あのクールな刺激はオマケみたいなもんですからね。

必要か必要ないかで問われたら、

 

必要ない

 

と言われるんじゃないでしょうかw

 

ただ、私にとっては、かなりのウェイトを占める重要項目。

清涼感のない目薬など目薬に非ず。

目薬を選ぶ8割くらいの理由はそこですからねw

 

安っぽかろうが偽りであろうが、クール感は大切。やめらんねぇぜw

 

 

温い目薬

今日とか35℃くらいの猛暑日。

そんな日は、目薬も気温にさらされて温くなります。

 

冷蔵庫にでもいれておけば別だけどね。

さすがに外出するのに冷蔵庫持ち歩けないですw

 

 

温い目薬とか。もうね。

なんだろうね、あれ。

爽快感はかなり削減されますよね。

 

氷の加減間違えたアイスコーヒーみたいなもんです。

熱いコーヒーを冷やしきれずに氷が全滅状態。

 

温くはないけど常温よりちょっと冷たいか?

 

くらいの微妙な温度のアイスコーヒー。まずい。

これならホットで飲むわってくらいに美味しくないw

 

目薬の爽快感についてもそんな感じです。

冷たさも重要なポイントですよ。

ハンパに温いと残念な気持ちになります。

 

まあ、ホットで、とは思わんけどw

 

 

温くても裏切らない爽快感

ただ、いかに温くなろうとも変わらない点もありますよね。

 

あの清涼感です。

 

最初にぬるーい感覚が伝わりますが、それからスカッとしたクール感が来ます。

目薬のひんやり感は裏切らない。たとえ温くなろうとも健在です。

 

このクールなさし心地。暑い日にもぴったりじゃないですか。

涼を取るためだけに目薬使う人は居ないだろうけど。

というか、そんな大量に投与したら眼によくないというね。

 

いつの日か、どれだけ眼にいれても安心な

 

清涼感だけを楽しむ目薬

 

といった商品が開発されるであろうね。

うん、需要なさそうっすねw

コメント