薪っ!燃やさずにはいられないっ・・・!!!

えー、そんなわけでですね。

クリスマス、なんて日になってしまったわけですがね。

特に何事もなく今年もこれですよ。

 

もうなんだろうねクリスマスって。

どこからどこまでがクリスマスなのかね。

 

本当の姿はクリス鱒っていうお魚じゃないのかね。

赤身の引き締まった肉質は焼き魚に最適。

厚めの皮は香ばしくぱりぱりに焼きあがります。

 

まあ、なにがどうであれ、私の生活には何の変化もないのですがね。

周囲を淀んで曇った強度近視の生暖かい目で見つめ続けるだけです。

このときの生暖かさの温度が気になるくらいでしょうか。32度くらい?

 

そんな一人のクリスマスですが。

楽しみにしていることもあります。

 

 

薪が燃えるよ!!燃やすよ!!

去年のクリスマス。

私はニコニコ生放送を見ていました。

何を視聴していたかというと、

 

聖夜に薪を燃やし続けるだけ

 

というコアユーザー向けの放送です。

27時間に渡り、ひたすら薪の燃える映像を流し続けます。

画像はほぼ暖炉の中で燃え続ける薪。そして炎。

 

これがなかなか面白かったわけでしてね。

まあ、合間にいろいろやったりもします。

暖炉の薪の火でマシュマロ焼いてみたりとかね。

 

そんな映像をまったりと堪能していました。

薪燃えいいよ。薪燃え。

新たなる境地の開拓に成功した気分ですよ。

 

そういや、去年の今頃、無線LANの子機が壊れてしまったんだった。

注文した商品が届くまで、別の部屋にPC持ち込んで薪燃え見てたっけ。

いやあ、いろいろと思い出します。

 

そして。

 

今年もあったよ!薪を燃やすだけ放送!

27時間ぶっ続けでいくよー。

これは、観ずにはいられない。さすがに全部は無理だけどw

 

クリスマスは薪燃えで僕と握手!

いや、握手はしないがな。

 

 

火っていいよね、フヒヒ

薪燃えの魅力は何か。

なにが人をそこまでひきつけるのだろうか。

不思議です。こればかりは謎です。

 

暖炉の中の炎の揺らめき。

薪の燃える「パチ・・・パチ・・・」という音。

高火力で一気に燃え上がるところなんかもワクワクします。

 

観てるだけで暖かくなるような暖炉の映像の数々。

そういったものが統合されて人を引き付ける魅力となっているのかもね。

 

各種の木材で燃え方が違うのも見てて面白い。

カラフルな色をまき散らす魔法の松ぼっくりとかな!

 

 

後は、暖炉の火を利用した料理ですかね。

私の見ていた範囲では、パエリアとラーメンを作ってました。

 

パエリアは本当に美味しそうにできてました。

ラーメンのほうは深夜に作って食べるという飯テロっぷり。やべぇ。

 

パエリアは最初米の仕上がりが酷かったり。

ラーメンはでかすぎる土鍋が暖炉に収まらなかったり。

そんなハプニングも観てて面白かった。いや、面白展開あってこそかw

 

 

クリスマスは、やっぱり薪燃え!

薪燃え。

本当に素晴らしい企画です。

来年のクリスマスも、その次の年も、薪を燃やし続けてほしいですね。

 

さて、これから残り時間の最後まで、再び薪燃えの視聴しますかね。

今年も、巨大松ぼっくりの投下シーンみるぞー。

 

 

コメント返信

 >yuki様

 >メリークリスマス!

 

メリークリスマス。

しかし、特に私に変化はなく、普通に薪燃えで終わりそうです。

ふふふ。薪かわいいよ薪。

 

 >窓の外から神が見ておられますww

 

邪神だろ。

それどう考えても、冒涜的で背徳的な外宇宙から飛来した系の邪神だろw

コメント