除草剤のち雨のち物理除草

このところ、ひたすらに雨でした。

ずっと雨雨雨飴雨甘ぇ雨。

飽きることなく延々雨でした。

 

だじゃばじゃばじゃじゃじゃじゃどじゃばしゃーー!

 

ってなもんですよ。ラッシュです。雨のラッシュ。

お、ようやく雨やんだか?

と思ったらまた降りまくるという繰り返し。

 

大地潤いすぎでしょ。

潤いすぎて、水が靴の中に侵食してくるレベルでした。

ぴちぴちちゃぷちゃぷどころでありません。

 

ばっしゃ!ばっしゃ!ざっぷ!!ざっぷ!!

 

くらいの水量でした。

これは日本沈没計画の一端なのではなかろうか。

 

 

まあ水に流せよ

雨のおかけで、気温もぐっと下がって過ごしやすい日が続いたのだけどさ。

私の待ち望んでいる夏はそういうのじゃないんだよなー。

暑さ。もっと暑さプリーズ。

 

暑くて寝苦しい夜

 

くらいの言葉使える程度には暑くならないと夏って気がしません。

 

まあ、それはともかくとして。

この大雨ラッシュは2日ほど続いたのですがね。

私はその前日に、除草剤を撒いていたのです。

 

この時期、玄関前には雑草が生い茂るからね。

そして、これを放っておくと大変なことになります。

何が大変かというと、

 

お向かいさんが除草してしまう

 

という事態に発展してしまうのです。

そりゃあもう、こっちに一切なにも言わずに綺麗に引っこ抜いていくのです。

引っこ抜きまくられてしまうのです。

 

雑草を抜かれるのが嫌なんじゃないんだよ。

それはむしろ有難いと思っているよ。

 

文句の一つも言わずに草むしりしてくれるのが申し訳なさすぎるんだよ。

 

だから、そうなる前に手をうたねばなりません。

そこで除草剤。雑草が育ち切る前に消す。

ダレにも迷惑がかからない。私も心労でハゲないw

 

だというのに。

この雨で全て流れてしまったかもしれません。

 

少しの雨なら程よく拡散してくれそうですけどね。

なんといっても、ざっぷざっぷなるくらいの雨でしたからね。

地面から毒抜きされた挙句に、流れていった可能性を否定できませんよ。

 

くそう、これは手作業で引っこ抜けという天からの啓示なのかw

 

 

遅い!遅いぞ!!!

それでも、少しは効果がでていたのか、若干雑草は枯れてきていたんですがね。

しかし、殆ど流されてしまったと考えると、効果あんまり期待しないほうがいいかな。

いや、でももうちょっと様子を見るべきかな。案外枯れきるやもしれんし。

 

どっちにしろ、雑草のサイズも結構育ってきてるから、そんなに猶予もないでしょう。

早く手をうたねばなりません。

 

と、思っていたのが雨がようやく降りやんだ翌日のこと。

 

やっぱこれ枯れるの遅いよな?遅い感じがするよな?

よし、あと2日くらい様子を見て、その後に決めよう。

去年やった時は、たしかそのくらいの日数で効き出したしね。

 

 

なんて考えておりましたよ。

 

で。

ちょっと用事があって出かけたんですよ。

で、帰ってきたんですよ。

 

玄関先が綺麗になっていました。

 

・・・うん、除草剤が効いたのかな。

枯れた雑草が跡形も残らないくらいに効いたのかな。

いやあ、まるで手作業で草むしりしたかのような綺麗さだわ。

 

・・・。

 

しまったぁぁぁぁぁぁぁ!!!www

やられたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!www

 

えぇぇぇ、そりゃあないよ。

仕事速すぎるよお向かいさん。

去年は、今よりもっと茂ってたけど静観してたじゃないですか。

 

あああ、きっと、

 

「あいつは草むしりもしないやつ」

 

って思われたに違いないよ。

違うんです。違うんですよ。

私なりに毎年除草は考えているんですw

 

 

草生える

私の住処はアパートです。

私が来る前にはずっと空いていたようです。

おそらくですが、その時からすでに、お向かいさんは除草をしていたんでしょうね。

 

だって、放っておくと本当に凄いことになるからね。

ひざ丈よりも高く生い茂るやつとかあるからね。それがみっしり生えてくるからね。

そのまま広範囲に一気に侵食が開始されるからね。

 

だから、住人のいるいない関係なしに、黙々と草を殲滅するんじゃないでしょうか。

うーん、なんという仕事人。

 

でも。

でもさ。

あえて、一言だけ言わせていただくとさ。

 

もうちょっと私のことも信用してくださいw

 

やるからw

ちゃんとやるから、除草w

 

コメント