粗砕きコショウ(出来立て)

ホールタイプのコショウとのバトル。

そろそろ美味しく食べたいところです。

 

いや、このままでも美味しくないわけではないんだけどね。

塊が大きすぎるせいで、上手く交わらないだけで。

コショウ自体の味はとてもいい感じなわけですよ。

 

ぱぱっと簡単に使って味をプラス出来るのがテーブルコショウのいいところ。

ホールだと美味さを引き出すために時間を必要としすぎてしまうからね。

コショウはもっと手軽に使いたい。

 

というか。

今まで再三やってきたあれです。

アレに対して最大の効果を発揮させたいのです。

 

私は、これをインスタントラーメンに入れて美味しく食べたいんだ!!w

 

だから、超煮込むとか。

じっくり浸透させるとか。

 

基本そんな使い方のホールコショウ。

手早く食べることに特化したインスタントラーメンとは相性はよくないのね。

 

 

挟んで押しつぶすよ

前回は、砕くまでやりました。

丸のままじゃ無理って解ったからね。

だから包丁の腹を使って一個一個潰してみたんだけど。

 

それでも、若干粉砕が甘かったみたいでね。

ラーメンとの相性はイマイチな結果でした。

あと、メンドクサイw

 

もっと一気に。もっとひとまとめに。

必要量を豪快にクラッシュできないものか。

出来るだけ細かく。少なくとも市販の粗挽きコショウくらいには。

 

そこで目をつけたのが「ペンチ」です。

 

これは使えそうです。

纏めてクラッシュも楽そうです。

思いっきり破壊の限りを尽くせそうです。

 

果たして、ペンチで美味しい粗挽きコショウは作れるのでしょうか。

 

 

纏めて押しつぶすよ

ペンチで粉砕するにしても、直にいくのはなにかとあれです。

衛生面とか。

あと始末のめんくささとか。

 

そこで、ホールのコショウをいくつかラップにくるんで、それを圧殺することにしました。

 

ああ、これは楽だわ。

潰そうとしても粒が逃げないし。

音もうるさくないし。

 

ただ、やはりホールの硬度はすごかった。

いや、つぶせないとかじゃなくて。

 

コショウごとラップも粉砕されました。

 

あまりの硬度にラップ程度の膜では耐えきれなかったようです。

2、3回ぶちぶちやってたら簡単に穴が空きました。

3重くらいに巻いてはいたんだけどね。そんなもん気休め程度だったようです。

 

これはいかんな、もっとなにか工夫をしないと。

 

 

守りを頑丈にして押しつぶすよ

再チャレンジ。

今度は、何重にも折りたたんだ紙を使用。

コショウを包んでからペンチさんに頑張ってもらいました。

 

うん、これは順調。

紙が破れることもなくメキメキ潰せます。

閉じ込められたコショウたちに、どこにも逃げ場ありません。

 

ふははは!一匹たりとも逃がさんぞ!w

 

後は念入りに破壊していくだけですね。

かかる圧力も包丁で押しつぶしていた時の比ではないでしょう。

これはいい感じに仕上がりそうです。良質の粗挽きになりそうです。

 

さて、それじゃあ用意するか。

ラーメンをな!w

 

 

押しつぶされたものがこちらです

早速出来上がったコショウをラーメンの上に散らしてみました。

 

おお、見た目はかなり粗挽きコショウ!!

・・・っぽいw

 

適度に細かく粉砕されて、スープ内随所に散りばめられたコショウ。

これは、今までで一番の出来です。

素晴らしいマッチングです。とうとうここまでたどり着いたぜw

 

うまぁい。

 

砕きたての新鮮な風味が活きてるね。

これがホールの真の実力のほんの一片だというのか。

ちゃんとミルを使った挽きたてコショウならば、いったいどれだけ美味しくなるのだろう。

 

「挽き立て」っていい言葉だよね。

こいつぁちょっと、本気でペッパーミルが欲しいかもしれない。

 

すぐ状況に流される俺w

 

 

結論

ホールコショウでも、きちんと砕いてやればラーメンに合う。

でも、ひたすら下準備がメンドクサイw

 

ただ、粉砕したてのコショウは美味しいぞ。

風味がフレッシュだぞ。その点は本当に素晴らしいぞ。

 

 

Amazonで見てみたら、1000円くらいで高評価のペッパーミルが買えるようです。

大人しくそういった物を買う方が手間もかからないし。より美味しく食べられるだろうし。

挽き立ての風味と美味しさを、最大限に味わうつもりならば必須。たぶん。

 

美味しく頂くつもりならば、私のような手抜きはしないほうがいいぞw

 

ああ、でも試験的に「瓶底」で潰したのは良い出来になったな。

まな板の上でゴリゴリグリグリやったからか、すり鉢で潰したようになってね。

ペンチよりもお勧め。でもめんどいからね。大人しくミルを買いましょうw

 

私も今回のことですげぇ欲しくなったけど。

さて、どうするかな・・・。

 

コメント