ここ一年くらいの我が家の米状況

以前お米を大量にもらったことがあります。

去年のことです。

40キロくらいどどーんと。いやあ、大量です。

 

米!米!!

 

正直な話、

 

そんなにいらねーよ!

 

って思うくらいでした。

一人暮らしではそんな大量に消費しないからね。

そこまでの大量在庫はいらないからね。

 

そもそも私はそこまでお米ばかりを食べないからね。

麺類の方が多いくらいだからね。

一月に2キロあれば足りるくらいだからね。

 

まあ、それはなんとか食べきったんだけどさ。

食べきるまで相当な期間を費やしたよ。

過去最高のペースで米を食べまくったよ。

 

 

大は小を兼ねない時もある

日持ちはするとはいえ、半年くらい経過したお米は、

 

半年たったお米の味

 

がするよね。味というか風味。独特の臭気が出てくる。

「臭い!」ってわけではないんだけど、明らかに美味しくはなくなる。

そうなると、「早く食ってしまわねば・・・」っていう強迫観念にかられるのよね。

 

だから、大量在庫って実はそこそこ困る。

大量すぎるから保存場所もそうそう無いし。

 

家の冷蔵庫は小型でね。

残り5キロくらいにならないと保存もままならんのよ。

そしてそこまで減るころにはすっかり不味くなってるのよ。

 

いや、他の食材を冷蔵庫から完全に切り離せば入るかもしれんがね。

肉も魚も全部外に追放してさ。

米専用冷蔵庫と化せば30キロは入るかもしれんよ。

 

しかし、それだと米の美味さは保たれるけど、本末転倒というか。

なんのための冷蔵庫だよっていう謎現象が起きてしまう。

他の食材痛み放題腐らせ放題という意表を突きまくった展開に全米も大号泣。

 

タダでもらえるのはありがたいけどね。ものすごい感謝はしてるんだけどね。

でも、それとこれとはやっぱ別問題よねw

 

 

追加

大量にもらったお米。とりあえず無事に消費しきったんだけど。

その後で再び30キロのお米をもらっていたりしました。

第2波です。追加攻撃です。再びの大量在庫です。

 

「この間もらったお米食べきったよ!どうもありがとう!」

 

的なことを言ったら、嬉々として新しい袋を持ってこられました。

そういうつもりじゃなかったんだけどな。

催促したつもりは微塵もなかったんだよ。

 

30キロ袋とか特にw

 

しかし、それも相手の好意です。

くれるというのならばありがたく受領しておくのがいいのです。

いいのですが。

 

・・・そろそろ許してくださいw

 

 

終わりだぁぁ!

で。

 

そのお米もつい先日ようやく消費しきりました。

長かった。凄く長かった。物凄く長かった。とんでもない長期間だった。

私はようやく大量のお米在庫から解放されたんだ。

 

正直、序盤のようなハイペースで消費するのにも疲れ果ててましたよ。

なので、ちまちまちょっとずつ食べすすめておりました。

 

米が古くなる?ならいいよ、もうそれで。

早く食べないと不味くなるとか、そんなんもうしらんがな。

俺はもう米の大量消費の強要に疲れたよw

 

総計して一年半くらいでしょうか。

まったくもって米を購入しない生活。

時間経過で劣化した古いお米に付き合い続ける苦行。

 

しかし、全てから解き放たれて晴れて自由の身になれました。

なんという開放感だろうか。

さらば美味しくない米。最初は美味しかったけどw

 

 

新規

そうだ、せっかくだし、我慢していたアレを実行に移そう。

俺は・・・

 

新しい米を買うぞぉぉぉぉ!!!

 

以前は、まだ在庫があるからと我慢していた。

これを食べきるまではと思っていた。

古くなっていく大量の米の消費を強いられていた。

 

だがしかし。

もうそんな気兼ねをすることなく、新しいお米を我が家に導入できるんだ。

そして美味しいお米を食べれるんだ。

 

買うのは・・・もちろん2キロだ!

 

ああ、なんて手ごろな量。

2キロ袋可愛いよ2キロ袋。

 

やはり、お米の在庫は適量に限るw

 

コメント