なんと!こするだけです!(めんどくさい)

先日買ってきたキュウリがどうにもいただけない。

かなり残念な仕様なのです。遺憾な出来なのです。

予想をスピン回転で真下に突き抜ける程のがっかり具合なのです。

 

要するにマズイw

 

えぐし!

 

ここまで無残に悲惨で残酷な味のキューカンバーとは思わなんだよ。

なんだこのキュウリは。本当にキュウリなのか。

別の種類のウリ的なにかであるのやもしれんね。ウリですらないかもしれん。

 

なんということだ。

こんな初歩的なミスを犯してしまうとか。

 

いつも獲れ立て新鮮なキュウリをもらって食べてるものだからね。

キュウリはどれも無条件で美味しいものという認識ができていたよ。

美味しいキュウリはそれだけで凄いものだったのさ。

 

 

エグ・・・エグ・・・

さて、この残念なキュウリをどうやって食べきろうか。

しかも、買ったのがお徳用のやつだからまだまだいっぱいあるよ。

なんでこんなに詰まってんだよ。詰まってるの選んだの俺だよちくしょう。

 

今まで安定して美味しいキュウリを食べてきた反動でしょうかね。

少しでも品質が下がってしまうと、とてつもなく不味く感じてしまうのだろうね。

モロキューでバリバリいくにはちょっとキツイわけです。贅沢覚えやがってw

 

そこでちょいと調べてみました。

エグい味のするキュウリの美味しい食べ方。

何かあるはずです。ないわけがないわけです。

 

で。

 

やっぱりありましたよ。

鮮度の落ちたお肉を美味しく食べる的な方法が。

一手間加えるだけでこんなに違う的な方法が。

 

それがヘタのぶった切りです。

 

 

こすこす法

キュウリのエグみ成分。

これのせいで美味しくないのならば、それを排除すればいい。

さすればすっきりさっぱりあっさりキュウリのできあがり。

 

■キュウリの下処理

 

  • キュウリのヘタ部分をカット
  • キュウリの切り口を切り取ったヘタで擦る
  • マズイ成分が出てくるから洗い流す
  • マズ成分が出なくなるまで繰り返す

 

とまあこのような手順であるそうだ。

邪魔なものは絞り出す。実に理にかなった方法。

ていうか、絞り出せるものなんだな。

 

早速やってみました。

 

キュウリのヘタを包丁で切断。

右手にヘタ左手にキュウリ本体をセット。

切り口をしっかりと合わせて・・・

 

こしこしこしこしこしこしこし!!!

ぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐり!!!

うおおおおおおおおおおおおお!!!

 

とまあ摩耗で削り取れそうな勢いでごしごし開始。

 

 

白い謎のナニカ

キュウリの切り口を擦りまくること暫し。

すると、じわりじわりと白い泡が出てまいりました。

 

おお!?これか!?

この白いナニカが不味さの原因か!?

 

ふふふふははははは!

馬鹿め!まんまと姿を現しおったわ!!

貴様なぞ即刻洗い流してやるわぁぁぁぁ!!!

 

水道水ざばーーー。

 

これで美味しくなったのかな?

念のためさらにごしごしやってみたら、再び白い泡が。

ふむ、これを出なくなるまで繰り返せばいいんだな。

 

こしこしこし・・・ざーーー。

こしこしこし・・・ざーーー。

こしこしこしこしこしざあああああああ。

 

・・・・。

 

め、めんどくせえええええええええ!!!wwww

 

え、これ、この地道な作業を後何本分繰り返すの?

1、2、3・・・おいおい7本もあるじゃねぇか。

誰だよこんなに詰まってるの買ってきたの。俺だよちくしょう。

 

 

もみもみ法

もういいです。私はもういいです。

ええいいのです。

この方法はもういいのです。

 

めんどくさいからいやなのですwww

 

 

もっと楽に美味しくならんかと思い調べてみたら。

ああ、ありました。ありましたよ。

すごく簡単にできそうな方法が。

 

塩もみ

 

はい。名前だけで想像がつくほどシンプルそうな方法です。

塩をゴリゴリもみもみする方法です。

めんどくさがりの私にはもってこいの方法です。

 

1、塩を用意し、キュウリ全体に塗り付ける

2、そのままゴリゴリと擦って揉み込む

3、よく揉み込んだら水が出てくるまで放置

4、塩と出てきた水を流水でよく洗い流す

 

滲み出る水分とともに、エグみも流れ出すそうですよ。

豪快に一気に作業が完了するのがすごくいいね。チョーイイネ。

 

まあ、実際はこすこす法より先に見つけていたわけですがw

何ゆえにスルーしたかというと、

 

だってこれ絶対に塩味ついちゃうじゃん

 

モロキューしょっぱくなっちゃうよ。

あと、表面がしおしおへろへろになりそうじゃん。

パリッとした食感のモロキューが食えないじゃん。

 

モロキュージャンキーの思考w

 

 

最終的には美味しければいいや

塩もみキュウリ。

そこまで塩気が付くわけでなく、なかなかに美味でした。

エグさも相当緩和されるし。イーってならんよw

 

 

いっそのこと、このまま一本漬けにしてしまえ。

なんて思ってやってみたら、エグみがしっかり残っててハゲそうでした。

下処理したらめんどくさがらずに、ちゃんと水で洗いましょうw

 

これは残りのキュウリもこの方法安定か。

ナムルにでもして食べるかな。

 

次こそは美味しいキュウリを・・・。次こそは・・・。

 

でも今年はホントに割高なんだよなぁ。

少し安めの買ったらこのざまだし。

安いっていっても、例年くらいの値段なんだけどね。

 

しょうがない、我慢してそれなりのものを買うとするか。

まだまだモロキューしたりないしw

コメント