指には手加減しておいてやろう

先日左手に発生した汗疱。

 

痒い!

 

もしかしたら、症状が進行せずに、初期症状のままで収まるかもしれない。

そのまま痒さも収まるかもしれない。

ていうか、もう根本から完治してしまうかもしれない。むしろしろ。してください。

 

などという思いとは真逆の方向へと突き進み、例によって症状は進行しましたよ。

じわじわと侵食は進み、現在では左の手のひら全体に広がっています。

現実!これが現実!!まったく、夢も希望もありゃしないね。

 

そして、当然のごとく、右手側にも水泡がぷつぷつと出始めました。

汗疱は左右に同時発症するもんだからね。なぜかシンクロするからね。

だもんで、今回も両手仲良く汗疱の餌食ですよ。ふぁっきん。

 

 

攻撃的フェイント

一度発症すると、痒い痒い非常に痒い汗疱ですが。

所かまわず四六時中痒さが発生するわけでもないのですよね。

収まっているときもあるわけです。今も痒さは微レベル。まったく痒くないときもある。

 

いつもこんな状態ならば別に汗疱出来ても構わんのだけどね。

見た目がキモイだけで実害がないなら別にどうということも無いからね。

いや、キモイのも大問題ではあるんですけどもねw

 

しかし、なにかの原因で一度痒さを催すとやばい。

加速的に痒くなる。掻き毟らざるを得ないレベルになる。

 

収まってたと思った?残念!フェイントでしたー!m9(^Д^)プギャー

 

ってなもんですよ。煽りスキル全開ですよ。

そして、掻くほどにさらに痒みが増していくという恐怖の螺旋。

掻き毟る→皮膚が傷つく→治りが遅くなる。というおまけ付き。

 

こうまで痒くなると、水泡つぶしたくなるもんですがね。

でも、それをやってもなんの解決にもならないのは、今までの経験で実証されているからね。

水泡が痒さの原因じゃないからね。もっと内側だからね。でもつぶしたくなるんだよねw

 

この痒さ発生のトリガーはなんなんだろうね。

やっぱ、汗なのかー?

汗でアレルギーがなんやかんやなのかー?

 

そのあたりがはっきりすれば、多少はマシになると思うんですがね。

 

 

指は許された

そういえば、今回の汗疱は手のひらを中心に発生してるんですよね。

いつもは、指から痒くなっていくんですがね。

人差し指とか、中指の側面とか。そんな箇所に水泡が発生してさ。

 

しかし、なにゆえか、今回の標的は手のひら。

指にも水泡がわいてるけど、これはごく少量。

中心部分は、あくまで手のひら。痒さもそこに集中しています。

 

面白いのは、右手のほうも指ではなくて手のひらってところですね。

そういう部分までシンクロするんだな。

本当に、どんな仕組みなのだろうか。謎は深まるばかりなり。

 

 

しかし、急に手のひらを中心に発生するとは。

いつもは指なのにね。

これは一体、何を指し示しているのであろうか。

 

ツボを押すとき、関連した部分に異常があると激痛が走る、なんていいますよね。

もしかして、汗疱も身体内部と連動しているんですかね。

胃腸が弱ると人差し指を中心にして汗疱が出る、とかさ。そんな関連性。

 

もしもそうだとすると、私の内部はいつもと違う部分がおかしくなっているということに。

 

なんだ。どこだ。胃か。肝臓か。心臓か。心臓はヤバそうだな。

いや、もしかして。まさか髪の毛か。とうとうハゲるのか。それは嫌だ。

ていうか、そもそも以前はどこが悪かったんだw

 

まあ、全てがあくまで仮定想定の話ですがね。

 

でも、示し合わせたように、両手とも手のひらってのがね。

なんか関連性がありそうじゃないの。

なかなか面白い現象だよね。人体の不思議って感じでさ。

 

・・・いや、やっぱ全然面白くないわw

痒いのは不快でしかないわ。

もう理屈とかどうでもいいからさっさと治れw

 

コメント