ビオチン欠乏が原因ですか?

このところ、汗疱根絶を目指してフラックスシードオイルを飲んでいます。

 

亜麻仁油ッ!

 

出来てから右往左往するのではなく、根本から改善したいものよね。

そのためにはいいそうだからね。

毎日せっせとサプリメントを摂取しております。

 

効果のほどはあるのかないのか。

激しく実感できるような現象は起きてないんですがね。

なんかこう、劇的に目に見える効能とか目視したいよね。

 

このまま長期的に続けていけば追々はっきりはするでしょうかね。

それで、もう汗疱がでなくなったことを確認できれば完璧。

通例通りなら今年はあと1、2回発生するだろうからね。確認も容易いよね。

 

まあ、容易いと言えるほどに汗疱がぼこぼこできる身体ってのが問題なんだけど。

なんと呪われし身体なのかw

 

 

ビオチン足りてる?

さて、フラックスシードオイルと並んで汗疱に効果的であるとされているのが、

 

ビオチン

 

という成分らしいです。ビタミンB群の一種。

健康な身体ならば、腸内でじわじわと生成されている成分。

この体内生成が皮膚の健康を大きく左右するとかしないとか。

 

当然のことながら、腸内環境の悪化とかはNG。

ビオチンの量にも影響がでますからね。

んで、ビオチンが不足すると不具合が発生しちゃうのです。

 

汗疱とかね!!!

くそみたいな汗疱とかね!!!

ね!!!ほんとにもうね!!!

 

ビオチンが欠乏する原因には、アルコールやタバコがあるようです。

 

しかし、私はタバコやめたしな。

ついでに、お酒もそこまで飲まないしな。

それなのに今年は汗疱の当たり年みたいになってるよ。なんでだよ。

 

 

それはよくないのか?

いろいろネットを見て回ったら、食品にも気をつけないといけないことが判明。

体内に入るとビオチンの消費量があがってしまう食べ物があるようなのです。

その中で私が影響を受けているんじゃないと思われるのが、

 

トウガラシ

ニンニク

生の卵白

 

このあたりの食材が直撃していました。

 

トウガラシやニンニクはビオチンを消耗させる。

卵白はビオチンの救急を阻害する。

どちらもビオチンの欠乏を招く原因ということらしいのです。

 

トウガラシとニンニクなんてペペロンチーノ好きの私には欠かせない食材ですよ。

おそらく二日に一回は食べてますよ。使用分量増し増しで。そらもう大盛りで。

だって、いっぱい入れないと美味しくないんだもん。

 

あと生卵ね。

卵かけご飯なんて日々の常套手段の一つですよ。TKGは必須ですよ。

飯時には、その名の如く日常茶飯事ってくらいの食品であり、伝統の食し方ですよ。

 

この情報が正しいのだと考えると。

私は自分の手で体質を悪化させ続けていた、ということになるわけです。

で、今までのツケの代償が今年の汗疱炸裂に繋がったってことになるわけです。

 

うーん、だとしたら日々の食生活を見直さないとだめなのか。

 

 

やっぱ体質なのか?

んんん、でもどの程度に影響出てるのかとも思うよね。

だって、汗疱体質は子供のころからずっとですからね。

 

その頃にはペペロンチーノなんて食ってませんでしたからね。

生卵よりも目玉焼きの方が好きでしたからね。

 

そんなん関係なしに汗疱でまくってましたからね。

手だけじゃなくて足にもびっしりと。

そう考えると、「ホントに影響あるのか?」なんてことも思ってしまう。

 

でもまあ、もともとの汗疱体質に拍車をかけている、という可能性もあるのよね。

腸内に侵入したニンニクがビオチンを蝕んでいるのかもしれないからね。

生卵が生成されたビオチンの吸収を阻害してるのかもしれないからね。

 

全てが合わさって汗疱がマッハという可能性も否定しきれはしないのですよね。

 

 

ちょっとくらいならいいだろう

ビオチンにダメージを及ぼす食品の摂取はセーブしたほうがいいのかもしれんね。

胃の腑に収める頻度を調整したほうがいいのかもしれんね。

だが、食べるのをやめるという選択肢はないw

 

まあ、あれですよ。

ここはそれも含めてフラックスシードオイルに期待を込めてみたいわけですよ。

それでもだめならビオチンのサプリメント投入しますよ。

 

本当に謎が多いぜ汗疱。

 

コメント