加熱すればいいってもんでもないんだね

カレーはいいですよね。

あのスパイシーさが癖になる食べ物です。病み付きです。

なんなんだろうね。このカレーのもつ依存性は。

 

魔性の食べ物カレー。

カレーのスパイスを最初にブレンドした人は永遠に評価されるべき。

 

カレーの利点は、その美味しさだけではないですよね。

一度に大量に作って保存して置けることも重要ですよね。

 

作成の手間は一度だけ。

余った分は冷蔵庫へGO。

 

あとは食べたい時に冷蔵庫から取り出してレンジにかけるだけ。

それだけで、美味しいカレーがいつでも食べられます。いつでもです。

気が向いたときにカレーを気軽にチョイスです。

 

んな、お前。

いつでもカレーってお前。

お前、カレーって!カレーって!!

 

そんなテンションになるほど素晴らしい環境ですよね。革新的。革命的。カレー革命。

冷蔵庫と電子レンジのコラボレーション。ウィズ・カレー。

かなり魅力的なコンビネーションですよね。美味しいは正義。

 

 

しかし、カレーを保存するときは注意も必要。

食中毒とかね。

 

 

細菌「かもすぞー」

カレーの中にはウェルシュ菌という食中毒性の細菌がいるそうですよ。

40度くらいの温い温度が大好きな細菌。適温になるとモリモリ増殖。

てことは、不用意に熱を加えるのは危険ですよね。

 

カレー加熱 →自然に冷ます→再加熱→冷ます

 

とかやってると、ウェルシュ菌もマッハです。

しかも、こいつ熱に強いらしく、加熱くらいじゃそう簡単にいなくならない。

消し炭になるまで加熱すればたぶん居なくなるけどな。そんなんするくらいなら捨てるわ。

 

この、加熱→緩く冷ますの連鎖を断ち切るためにも、保存方法に一工夫しましょう。

 

 

ジップロック先生おねがいします

カレー鍋のまま、まるごと冷蔵庫。

取り出して、そのまま火にかけてやれば簡単にカレーできます。カレーする。

食べたら、再び蓋をして冷蔵庫です。楽々ですね。

 

しかし、この保存方法はどうでしょうか。

相当に豪快な保存方法です。無意味な漢気を感じます。

 

残念ながら、これはアウトでしょう。いくら漢らしくても駄目です。ダメです。

 

加熱→冷却を繰り返してますからね。

カレーに優しくないことやってますからね。

 

これでは、ウェルシュ菌がヒャッハーしてしまいます。無法に暴れまくりますよ。

 

 

そこで。

 

小分けにして保存するというのはどうでしょうか。

 

このまま固まっていては菌に一網打尽にされる!散開だ!散れ!

そんな感じです。

 

100均の容器とか、ジップロックとか。

そういったものに、一食分だけ詰め込んで冷凍庫へポーンします。冷凍でカッチカチです。

 

後は、食べたい分だけ取り出して加熱してあげればよし。

冷める前に食ってしまえば問題なし。

 

これなら、ウェルシュ菌増殖コンボは発動しません。ざまぁ。ウェルシュ菌ざまぁ。

 

 

冷凍カレーセット

私は、ご飯も1食分ずつ冷凍保存しています。

これがカレーの冷凍保存とあわさるとですね。

 

いつでも食えるカレーセット

 

という犯罪レベルの組み合わせができてしまうんです。なんてこった。

大丈夫かこれ?捕まらないか?法に触れる限界ギリギリのことしてないか?

そんな心配してしまうくらいの至高の組み合わせですよね。

 

捕まりませんけど。カレー保存して捕まるとかどんな独裁国家よ。

 

 

美味しいカレーを安心して食べよう

カレーを保存する際には、

 

  • 加熱→冷却→再加熱をしない
  • 小分けにして冷凍保存
  • 食べる分だけ取り出して加熱

 

ということに気を付けましょう。

半端な加熱は菌を招くぜ!!

 

 

唐突に関係ない話ですが。

私の学生時代の英語の先生って外国の人だったんだけど。

その名前が、

 

ウォルシュ先生

 

だったんですよね。

なんかウェルシュと似てますよね。

 

あんな食中毒菌と似てるとか、風評被害もいいとこです。

ウェルシュ菌は即刻、ウォルシュ先生に賠償金を支払うべきw

 

コメント