買い忘れたああああああああ!!!

また冷え込みがキツくなってきましたね。

これはもう暖房無しではいられない気温です。

暖房も無しで素っ裸でいたら、室内でも凍えてしまいますからね。

 

素っ裸である必要性はないがなw

 

しかし、こんな寒い日はストーブでぬくぬくするのが絶対正義ですよね。

家は安心と信頼の石油ストーブ。質実剛健、頑丈長持ち、電気がなくても暖かい。

停電なんぞ怖くねぇ。どんと来い。そんな安心感が抜群です。

 

最近は灯油も安いしねぇ。

1リットル60円くらいですよ。一時期は90円超えてたりしてましたからね。

本当に安くなってくれて大助かりですわ。

 

灯油さえ補給しつづければ、いつでもどこでも暖かさを得られますからね。

一回の給油で一日フル稼働できますからね。寝るまで安泰ですからね。

 

うん、灯油さえあれば、なんだけどさ。

 

 

買い置きさえあれば大丈夫。あればな。

電気というコンセントから常に供給され続けるエネルギー源。

ファンヒーターや、電気ストーブの利点は、そのお手軽さですよね。

常にワンタッチ。電気さえ供給され続けるのならば、相当に快適な機器です。

 

一方、石油ストーブは、燃料補給を手動で行う必要があります。

万が一、電気が止まっても、そんなん関係なしに暖を取れる代償としての手間ですね。

最近の燃料費は、お値段的にも財布に優しくなってきているし。

 

それゆえに、一度買い置きを切らすようなことがあると大変なことになります。

灯油切れのストーブはただの置物と化しますからね。

そのままでは、ちょっと扱いにくい鈍器くらいにしかなりません。

 

うん。

 

灯油の買い置き切らしちゃった。

 

大変なことになったw

 

 

補給!補給部隊に応援要請を!

気が付いたのは今朝。

 

「あ、ストーブの灯油がもうないじゃん。補給しなきゃ」

 

と、いつも通りに、玄関に置いてある灯油の入ったポリタンクへ。

いっこくも早く、醤油ちゅるちゅるによる灯油補給を行わなければいけません。

しかし、醤油ちゅるちゅるって名称どうなのよ。ドクター中松氏はやっぱどっか紙一重w

 

家には灯油用のポリタンクが3つあります。

が、すでにそのうちの2つは空っぽ。

そして、なぜか、まだ残っていると思い込んでいたもう一つの中身は。

 

ちゃぽんちゃぽん。

 

と、まあ、景気の悪い不吉な音がするじゃあないですか。20ccくらいですかね。

ポリタンクを指だけで持ち上げて、そのまま景気よく振り回せる程度の僅かな残量しかねぇ。

 

あ、やべ。これはやべぇ。どうしてこうなった。

 

小まめな確認を怠るからこうなるんだよね。はい。

昨日はニコ生で深夜まで「ウルトラマンメビウス」観てたから、そうとう無駄遣いしたし。

 

とりあえず、冬の寒さに対する最大の抵抗手段が奪われた瞬間でした。

 

 

待ち時間をどう凌ぐか

朝の時間は6時30分くらい。

灯油の配達を頼もうにも、こんな時間に来てくれるはずもなし。

ていうか、営業は何時からだっけ?私はどれくらい凍えていればいいんだっけ?

 

さすがに、この時期の早朝に暖房も無しでPC弄り回すだけの耐久力は私にありません。

やらねばならないPC作業が山積みでも無理です。義務感より暖をとるのが先。

寒いのはダメなんだよ寒いのは。なんで寒い時期なんてあるんだよって思うくらいです。

 

これが夏の暑さだったら平気なのに。

いや、まて。本気で今を夏だと思い込めば暖かくなるんじゃね?

今は夏今は夏今はすんごい真夏でお日様ガンガンな超高気温。はいダメでした。寒いです。

 

なんて、妄想をする余裕も僅かだけ。

暖をとれないとなると、途端に寒さを意識しちゃいますからね。

この先凍えるだけの時間が待っているからと思うと死ぬほど鬱になります。死なないけど。

 

とにかく。

灯油の配達を依頼するにしても。それを待つにしても。

それまでの間、この寒さを何とかして凌がないといけません。

 

どうする!?どうする俺!?

 

 

やっぱりアレか

空気は冷え冷え。寒さは深々。凍えがじわじわ。そんな冷気まみれの状況。

室内であるにも関わらず、自分の吐き出す息は真っ白ですよ。

ゴジラの放射熱線ごっこができるレベルで真っ白です。あんぎゃおおんんんんぅんん!

 

このままジッとしているだけでは命が危険で危ないです。死なないけど。

断じて、絶対に、この程度では確実に死にはしないですが危ないです。死なないけど。

なにか、身体を暖める手段を講じねばなりません。一刻も早く。

 

よし。スクワットしよう。

 

やっぱ、こんな状況で暖まるには身体を動かすのが一番だよね。

困った時はスクワット。これできっと救われるはずです。必ず。必ず。

この間も突発的なこの発想で失敗した気がするけど、そんなことはもう忘れたぜ。

 

ということで。

寒さに対抗するために、スクワット開始しました。

 

 

そしていつもどおり

いやあ、やっぱり身体を動かすと暖まりますよ。

心臓がどくどくいって、血が身体を駆け巡りますからね。

血流活性化で体温がマッハですよ。

 

寒い日はスクワットに限るぜ!!

 

まあ、20分もしないうちに力尽きたけどなーw

当たり前だよなー。

数時間もの間スクワットし続けるとか無理無理w

 

結局、我が家に灯油が配達されるまでの間、布団に潜り込んでじっとしていましたとさ。

やらなきゃいけないPC作業がある?

しったこっちゃねぇよ、んなもんw

 

 

そして、灯油が無事に届いて、ストーブに再点火した時の暖かさよ。

なんという快適さであろうか。なんという心地よさであろうか。

 

そうか。

私はこの至上の感覚を味わうために、無意識のうちに灯油の買い置きをゼロにしていたのか。

さすが俺だぜ。やるじゃねぇか。くそ野郎が、余計なことばっかりしやがってw

 

 

しかし、こう寒いとなると、魔性のアイテム「こたつ」が欲しくなりますね。

でも、あれは一度潜ったら、二度と外に出られなくなる呪いの暖房器具ですからね。

今はまだ思いとどまって置こうかと思います。

 

 

ていうか、さっさと冬が終わってしまえばすべて解決なんだよーw

コメント