乾燥した鏡餅の強度は異常

1月11日です。

全部1の日。見事な刻子。ドラだったりしたら満貫手いけますね。

そういや、最近麻雀やってないな。

 

そして、今日は鏡開きの日です。

室内オブジェの役割をはたしていた鏡餅が、その役割を終えるのが今日。

鏡餅とお別れをする日です。決別の日です。

 

ありがとう鏡餅。ありがとう。

そして、さらばだ。また来年生まれ変わったお前を飾ってやるからな。

だから安らかに眠るがいい・・・。

 

 

ただし!俺の腹の中でなぁぁ!ぐひひひ!!

 

親切で優しそうなキャラほど、裏切った時が面白いと思う私です。

ああ、そんなキャラ付けはいらないですか。そうですか。

じゃあ、とっととお餅の処理にかかりますかね。

 

お前はここで終わるのさ!鏡餅ぃぃぃぃぃぃ!!!ひゃはー!!

 

それは、もういいってのw

 

 

強靭!無敵!最強!!

さて、正月早々から今日に至るまでの間、ただひたすらに飾られていた鏡餅。

最初は潤っていたであろうその表面は、水分が消し飛んでひび割れだらけでしょう。

濃縮され、内部組織の連結が強固になった白色のボディは、相当な強度になっているはず。

 

こうなったお餅は、刃物を完全に受け付けない感じですよね。

究極完全体グレート鏡餅ってレベルに強靭ですからね。

カチカチとかではない。もう、カッッッッチカチなのです。餅で釘とか打つの余裕でしょう。

 

まあ、そもそも鏡開きでは刃物は使わないんですがね。

乾燥式超鏡餅装甲に遮断されるからね。折れた刃がこっちに飛んできたりすると危険だし。

いや、違う。そういう理由ではない。

 

刃物を使うのは縁起が悪いとされているからですね。

新年早々に切腹を連想させるものだからとかなんとか。そんな理由だそうです。

セプクはヤバイ!コワイ!!

 

だから、基本的に木槌で粉砕玉砕大喝采するのが解体の正当手順。

手で割ったりするのも手法の一つだそうです。素手でいけるならそのほうが楽よね。

烈風正拳突きなり爆熱ゴッドフィンガーなりレムリアインパクトなり好きな方法でどうぞ。

 

最終的に美味しく食べれればそれでよかろうなのだ。

 

 

素手だからセーフ

で、ふと思ったんだけど。

 

刃物×

手○

 

というこのルール。

素手で切り裂くという場合にはどっちが適応されるのだろうか。

 

そう、手刀による切断である。

 

こう、南斗な感じで、水鳥拳的な雰囲気のアレ。

塩沢兼人さん的な美声で、シャアアオゥ!!とかいう感じで切り裂くアレ。

あの手刀にこのルールは適応されるのでしょうか。

 

人体すら即座に細切れにするアレなら、硬化した鏡餅ごときの切断は容易いでしょう。

さらに、南斗水鳥拳は、南斗聖拳の中でも群を抜いて華麗にして優美ですからね。

それだけの美しさをもっているのならば、正月の〆の見世物としてもばっちりなはずです。

 

決して刃物ではない。だって素手だもの。手で直だから。直割りだから。手はセーフだから。

修行で手刀を極めただけだもんね。ちょっと素手でいろいろ細切れにできるだけだもんね。

刃物ではなく、切れ味が鋭いだけの普通の素手ですからね。普通ってなんだっけ。

 

素手なら鏡餅の解体はセーフ。根底には絶対的ルールとしてこれがあります。

これがある以上、どれだけ切れ味が凶悪でも、暗殺拳でも、手刀ならセーフとは言えないか。

これを否定したら、手で割るという根本が覆るぞ。世界は狂乱に包まれて世紀末がくるぞ。

 

はたして、事の正否やいかに。

ぜひとも、このルールを制定した人に聞いてみたいものです。

 

それ以前に、現実でやれるもんならやってみろってことですがねw

 

 

そもそも鏡開かない選択

最近では、ラミネート的なパックで売ってるの殆どですがね。

ぱっつんぱっつんの容器に入った鏡餅。

それを、そのままの状態で設置してる人も多いとは思います。

 

あれはなんといっても、容器入りですからね。

鏡開きの今日まで放置しても、水分は余裕で持ちますよ。

パックから出せば、しっとり感は全力全開です。

 

乾燥もしてない。

カビも生えてない。

もう、そのまま焼いて食べちゃいなよ。

 

それくらい手軽で簡単で安全確実。

パッケージ版鏡餅侮りがたし。

ただし、風情は微塵も感じないがなw

 

鏡開き=パックの開封。

 

そんな時代なのかもしれないね。

お餅を砕かない。静かに、ただ静かにパックを開けるだけ。

旧時代の慣例行事は、とっくに終わりを迎えているのかもしれません。

 

それはそれでいいと思うけど。でも、

 

木槌でドーン!

 

に比べると、圧倒的に爽快さが足りないよなーww

 

 

んん?でもやっぱりサイズがデカいものだったりすると、餅の粉砕は必要か。

そうなると、やはり手刀問題が浮上してきますね。

しっとりしたお餅は、さぞかしシャオ!の通りもいいでしょう。

 

誰か南斗水鳥拳習得してくれないかな。

来年はぜひ、それで事の正否を確かめてほしいものです。

 

私は、素手だからセーフ、にBETしておくぜ!w

 

 

 

コメント