インスタントラーメン雑炊

鍋の〆にはうどんに決まり。

これはほぼ確定事項。

雑炊という選択肢も無いことはないけど、やっぱりうどん。

 

ここ最近、毎回の鍋の〆もうどんです。

おかげで米の備蓄が全然減りません。節約と考えればいいか。

まあ、美味しいからいいよね。でも、お米も食べろよ。

 

ただ、たまに買い忘れていたりもします。うどん。

鍋の最後なのにうどんがない!ってこともたまに起こります。

由々しき事態です。非常によくない状況です。

 

まだ、3玉入りのやつが冷蔵庫にあったはず。

だから買ってこなくても大丈夫だよね。

なんて思ってたら、とっくにもう食べちゃってた状況です。

 

そんなことになったら、一体何で鍋を〆ればいいのでしょうか。

 

だから米を食えよw

 

 

使われないオプションパーツ

そんな時に活躍してくれるのが、我が家に常備されているインスタントラーメン。

完備万全準備万端用意周到持ってて良かったインスタントラーメン。

もしもの時や困った時の頼れる相棒強い味方だインスタントラーメン。

 

そう、うどんが無ければインスタントラーメンをぶち込めばいいじゃない。

 

という流れをよくやります。

ていうか、うどんではなく、あえてのインスタントラーメンという場合もあります。

特に、味噌ベースの鍋にしたとき。これによく合うんだ。とても美味しい。

 

で、そんなことを繰り返していると、アレが余ってくるわけですよ。

 

インスタントの粉末スープ

 

鍋の〆に食べるときは、粉末スープは入れませんからね。

こんなん入れたりしたら、塩分濃度急上昇で食べれたもんじゃなくなりますからね。

ゆえに、その場は使わずに温存するという流れになるのが常日頃。

 

後で何かに使えるだろう

 

なんていう、計画性皆無の発想により、未使用の粉末スープは蓄積の一途を辿るのでした。

もちろん、計画性なんて無いのだから、何に使うわけでもなく溜まるだけというね。

「後で何かに~」、なんて思ったときは、だいたい何にも使わないよね。そういうもんよね。

 

そんなわけで、溜まる一方の粉末スープ。

どうしようかね。これ。このままじゃさすがにいかんよね。

うーん。何に使おうか。

 

だからあれ程、鍋の〆は米にしておけ、とw

 

 

お米食べる!

とりあえず、最初に思いついたのは、

 

これで何かを煮る

 

ということでした。

うん、その程度のことしか思いつかないんだw

 

よし、これで雑炊を作ってみよう。

雑炊が発端になって起きた悲劇ならば、雑炊が解決してくれるに違いないのです。

あれ?原因は雑炊だっけ?まあいいか。

 

ということで。

 

鍋にお米をどーん!

粉末スープもざばー!

米にスープが馴染んできたら卵ばしゃー!

 

そして、煮込む。どんどん煮込む。ぐつぐつ煮込む。

お米から軽くとろみが出るまで情け容赦なく煮込む。

軽いけど容赦はないとはどういうことなんだ。そう思いつつも煮込む。

 

40分くらい煮込んで完成しました。

匂いはすごく美味しそうです。

ラーメンみたいな匂いがします。そらそうかw

 

 

で?味は?

さっそく食べてみました。

頂きます。

 

もぐもぐ。

 

お?おおおお!?

うおおおおおお・・・!!?

こいつはッ・・・!!!

 

 

すっげぇ不味いぞ!!!ww

 

 

お、おかしいな。

思ってた味と全然違うものが出来上がってしまったな。

ナニガイケナカッタンダロウ?

 

 

麺と一緒に食べる時には芳醇なはずのスープの風味。

それが、米と合わさったせいなのでしょうか。

とにかく、臭さだけが格段に際立ってしまいましたw

 

というか、米ですよ。米。

原因は煮込んだ米。

お米を煮込んだ時に発生するまろやかなとろみ。

 

あれが、ラーメンの粉末スープと絶望的にマッチしないのです。反発するのです。

お互いにベアナックルによる、ガチンコの死闘を始めるのです。

 

臭い。ひたすらに臭い。

なんでこんなに臭いのかわからないくらいに臭い。

ホントになんだこれ。なんで臭くなるのさw

 

この雑炊は失敗だ。食べられないよ。

 

 

・・・食ったけどさ。全部w

捨てるなんてもったいないこと貧乏性な私にはできないよ。

昔食べた殺人臭を放つ暗黒のお米に比べれば全然マシですよ。

 

暗黒米1 暗黒米2

 

ただ、まあ。

二度とやらないけどなw

 

反省会

ラーメンを食べ終わって、何か物足りないって場合。

そんなときは、残ったスープに白米入れて食べたりします。

この状況だと、なぜか美味しいのだよね。

 

今回は、その延長で

 

お米をスープで煮込んで味を染み込ませたら、もっと美味しくなるんじゃ?

 

という発想の下で行った所業でした。

散々な結果に終わったけども。

ついカッとなってやった。今では反省している。いや、まじでごめんなさいw

 

 

やっぱ、とろみだな。お米のとろみ。

普通ならば、あのとろみが美味しいのだけどね。まったりしてて。

しかし、ラーメンスープとの相性は最悪でした。臭さを全力で吸収してました。

 

あれを発生させた時点で全てが終わっていたんですよ。

この計画は、すでにそこで破綻していたんですよ。試食するまでもなく。

 

つまり!

ラーメンスープはラーメンのためのものだったんだよ!!

 

あたりまえか。

 

 

むむぅ、やるならば、もっと簡単でよかったのかもしれないですね。

生米からじゃなく、炊いてある白米を使うべきだったのかな。

それに、さっと火に通すくらいだったら案外美味しくいけたかもしれないね。

 

ホントに二度とやらないけどもさw

 

 

今回の結論。

 

ラーメンスープで生米を煮込んではいけない。

 

うん、貴重な体験をしたぜ。

できればしたくなかったぜ。ちくしょうめ。

 

 

さて、残りの粉末スープどうしようかな。

・・・あれ、もしかして。

これでうどん食べれば問題なく消費できたのでは。

コメント