時々痛くなる場所

私は弱点が多い生物です。

人間元々完璧なものではないですけどもね。

その中でも、特に弱点が多いんじゃないですかね。

 

視力が悪かったり。

寒さに弱かったり。

日光に当たると灰になったり。

 

そんな感じで、各種弱点を取り揃えています。

充実のラインナップです。

これを居酒屋で喩えると、常連の客が、

 

「アレある?」

 

なんて聞いてきたら、

 

「あるよ」

 

ってマッハで答えられるくらいに、品ぞろえは豊富です。

隙の無い仕上がり。

どこからでもかかって来いってなもんですよ。

 

問題なのは、この充実の品ぞろえが、ことごとくマイナスに働くってことでしょうか。

かかって来いどころか、総がかりで満遍なく侵食されてますからね。

私が核プラントだったらとっくにメルトダウン起こしてますよ。

 

そして、最近弱点の一つが活性化してきています。

 

 

二―クラッシャー(クラッシュされる側

ヒザが痛いのです。

凄く痛いのですよ、ヒザがね。

ちょっとしたことでズキズキズキズキ長引きます。

 

弱点(物理)の一つがこのヒザなのです。

時折痛くなるんですよ。右のヒザ。

定期的に痛みを主張してくるんですよ。

 

いったい何に対して不満があるというのでしょうか。

 

私はその昔、右ヒザを強打したことがありましてね。

それ以来、ちょくちょくこんなことが起きるようになっています。

「ヒザに矢を受けてしまってな」みたいな気分です。

 

癖になってしまうものなんだろうな。

そういや、今年は右ヒザだけしもやけになってしまったっけな。

ヒザの血流自体がもう最悪の状態なんだろうかね。

 

大打撃後の体内で、何かしら再生の及ばない部分があるんだろうね。

 

そんなヒザ痛が、ここ2、3日続いておるのです。

うう、痛い。

 

 

うず・・・うず・・・

雨が降ると古傷がうずく。

 

なんてことをよく聞きます。

ということは、私のこれは今が梅雨時だからかなのか。

雨にうずく古傷ってことなのか。

 

ここの所の天候安定してないからなー。

気圧的な影響で古傷にダイレクトアタックを食らっているのかもしれません。

憶測ですがね。もしかしたらなんの関係もないかもしれないけどね。

 

ただ、一度痛いと感じてしまうと、もうずっと痛いよね。

痛いと思うことがストレスとなって余計に痛いのかもしれないね。

痛いとさらに痛く感じる痛みスパイラルですね。

 

あーもー。もー。

めんどくさいよ。痛いのがめんどくさいよ。

歩くだけで痛い。ジッとしててもふとした瞬間に痛い。

 

このいちいち痛いのなんとかならんのかな。

 

なんで人間は四肢のパーツ交換ができないんだろうか。

ヒザだけ交換出来たらすげぇ楽になるだろうにね。

 

四肢の交換できる生物何ていねぇよw

 

 

コメント