ああ・・・足が!足が!!

膝が痛い。やたらと痛い。

歩くだけで痛いという状態です。

 

とくに右の膝がずきんずきん。

私の右膝はとても貧弱です。

痛くなるのが癖になってる部分です。

 

癖ならしょうがない。んなわけはない。

さすがに、なんの原因も無しに痛くはならないです。

というか、左も若干痛い。両膝鈍痛。

 

 

こ、これはなんだ。なにが起きたのだ。

時限式トラップでしょうか。誰かが膝にしかけたのでしょうか。

 

もしかして、最近のランニングのせいですか?

身の程をわきまえない強度の負荷を足にかけたからですか?

自業自得の結果がこれですか。インガオホー!

 

 

慣れてきた(慣れたとは言っていない)

運動するときの大前提というか超基本ってあると思います。

 

無理をしない

 

これですよね。これにつきます。

これに始まってこれに回帰するくらいの基本条項でしょう。

自分の身体に見合った強度の運動が好ましいのは確定的に明らかですよね。

 

無理をしたときの分かり易い警告に筋肉痛がありますよね。

必要以上の酷使をすると身体からの苦情がくるわけです。

不当な扱いを受けた筋肉からの異議申し立てです。異議あり!

 

そんなときは、回復するまで大人しくしてるのが常識的対応。

酷使した筋肉を休ませてやるのが出来る大人の対応です。

 

しかし、慣れてくると筋肉痛も無くなるんですよね。

ただ、これって「動かすことに慣れた」だけって感じがします。

筋肉痛にならなくても、負荷はしっかりかかっています。

 

慣れてきた(慣れたとは言っていない)ということですよね。

 

巧妙な罠です。

私もまんまと罠にはめられた感じです。

 

 

無理をした結果がこれだよ!!

走りに行くたびに軽くなってくる筋肉痛。

そんな状況にちょっと浮かれていたかもしれません。

 

筋肉痛もしなくなったし、これからはガンガン走るぜ!

 

とか、調子に乗っていました。

最近は、2日にいっぺん走るくらいのペースでやってました。

 

その結果がこの膝だよ!!!

 

曲げるたびにズキズキします。笑えますね。

 

筋肉痛がないからどんどん走っても大丈夫。

そんなわけがなかった。認識不足甚だしい。

鈍った身体がそんな簡単に強化されるわけはない。

 

良い気になって走ってる間にも、ダメージはしっかり蓄積されていたようです。

 

 

考えるな・・・感じるんだ

筋肉痛の方もさ、

 

あれだけ警告してやったのに・・・。

それでも走るとかなんなの?バカなの?死ぬの?

もうしらねぇよ!!勝手に無理すればいいじゃん!!

 

って感じに愛想を尽かすんじゃないでしょうかね。

痛いのは人体の防衛システムですからね。最終安全装置ですからね。

 

筋肉痛がないから慣れた!もう大丈夫!超走るぜ!

 

とか思わずに、身体の具合を慎重に確認することが大事ですよね。

頭で考えた結論ではなく、身体の状況を感じましょう。

膝が重い感じがするとか。腰がジンジンするとか。それは残ったダメージの可能性。

 

私はそれを「また血流が悪化してるのか」と勘違いして、走りにいったよ。

身体動かせば、血の巡り良くなって改善するだろうとかね。素人の浅はかな知恵。

そこに道の悪さも重なったのだろうと推測。ダメージはさらに加速した。そんな感じ。

 

怪我すると活動が一気に制限されちゃうからね。気を付けましょう。

 

 

ルールを守って楽しくランニング!!!

これだけは本当にルールを守ろう。絶対に無理はしない。

特に、ランニングはじめて間もない人。

調子にのってると絶対に故障します。しましたw

 

膝痛めると結構やばいですよ。

歩幅が小さくなるよ。ちょこちょこ歩かないと痛い。

 

膝に矢を受けてしまった人の気持ちがちょっとわかったw

 

 

それにしても、なかなか軌道に乗らないですね。早朝ランニング。

いつになったらすんなり走れるようになるのかw

コメント